さらさらツヤツヤ♡触りたくなるストレートヘアを保つには?

天使の輪ができるようなストレートヘアは、男性のみならず女性も思わず振り返ってしまいますよね。 家ではバッチリストレートだったのに、外出するとうねりやハネが出てくることありませんか? 日々のお手入れでキレイに伸ばしたストレートヘア、キレイにキープする方法伝授します♡

美しいストレートヘアは日々の努力の賜物



さらさらツヤツヤのストレートヘアは、ショートでもロングでも日々のお手入れが大事。

キューティクルを整えて「艶」を出してこそ、初めてストレートの美しさが際立ちます。

ブローは上から下へ。キューティクルの壁を意識してブローしてあげて。


傷んだ髪をなんとかしたい!毎日のヘアケア見直しませんか?|



朝は寝癖をスプレーなどで軽く直した後に丁寧に髪をブラッシング。

その後にストレート用のスタイリング剤を使います。

直接ヘアアイロンを使うと痛みの原因になりますので必ずスタイリング剤を利用して♪

スタイリング剤は傷みが気になる毛先を中心に根本を避けてまんべんなく使います。


スタイリング剤の後にヘアアイロン 時間は短く!



ヘアアイロンを当て続けた髪はパサパサになりがち。

経験ありませんか?

それは長時間アイロンを当て続けたから。

200度以上のアイロンを使った方がキープ力が高い!と思われがちですが、温度調節ができるヘアアイロンなら160~170度が髪の傷みを考えると安全な温度です。

クセ強い方は180度を目安に使ってみて下さいね。


効率良くストレートにするには



少な目かな?と感じる毛束をブロッキングしてストレートにしていきます。

アイロンの方向は必ず下方向へ。

横方向へアイロンするとうねりが出てしまいますので要注意!

全体が終わったら最後に馴染ませる為に上から下までサッとアイロンを滑らせます。

時間に余裕がある時は毛先を丁寧に仕上げると、仕上がりに違いが出ますよ。

お急ぎの時は毛先をカールさせると動きも出て軽やかな印象に♪


キープの為の最後のひと手間が決め手!



髪が外出先でうねるのは、外気の湿度を吸収するからです。

湿度が入らないように、オイルでキューティクルの表面に膜を作ってあげましょう。


スプレータイプもボトルタイプもありますが、オイルをほんの1滴手の平に広げて、根本を避けてうねりや出やすい部分を中心になじませて。

トップの切れ毛などにもオイルをワックス変わりに使うと落ち着く場合も。



最後のひと手間で断然ストレートヘアの持ちが変わります。

ツヤも出るので是非お試しください♡

関連記事

Writer : LEON さん
海とワインを愛する主婦 趣味はドライブ 悩みはシミそばかすなどの肌トラブルやアレルギー
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly