PR

お肌の乾燥が気になる?スキンケアはクレンジングから見直さなきゃ!

お肌の乾燥が気になる季節になってくると、ちょっとしたことで肌トラブルを起こしてしまいますよね。肌の調子がいつもと違うなと思い始めたら早めにこれまでのスキンケア方法を見直してみてはどうでしょう?! どんなスキンケア商品をどのように使っているのかはとても大切です。特にお肌の乾燥が気になるという場合は、クレンジングを見直してみましょう!そこで、潤いを残しながらもキレイにメイクを落とすことのできるクレンジグ方法をご紹介していきます。

潤いを残すクレンジグ方法① クレンジングバーム

 

 

メイク落としにクレンジングバームを使用しているという人はそんなにいないかもしれませんね。

クレンジングバームは、容器に入っている状態では固形で固まっていますが、手にとると肌の温かさでトロッとした液体に変化します。

 

クレンジングクリームと比較するとクレンジングバームの方が、油分が多いので洗浄力が強いです。

他のクレンジング剤との大きな違いは、汚れに対する吸着力が強いという点と、界面活性剤が含まれているクレンジング剤のように、お肌の皮脂まで洗い流してしまわないという点です。

 

一般的なオイルタイプのクレンジング剤とクリームタイプのクレンジング剤を合わせたクレンジング剤と言えば一番イメージしやすいかもしれません。

クレンジング力は強いですが、お肌の潤いを失うことはないので、お肌の乾燥が気になる季節でも安心して使用することができます。

 

オススメのクレンジングバームはこれ!

 

D.U.O ザクレンジングバーム

 

〈商品〉

D.U.Oザクレンジングバーム /3,600円(税抜)

 

クレンジングバームと言えばD.U.Oザクレンジングバーム

@コスメのその他クレンジング部門、マッサージ料部門のどちらでも第一位を獲得しています。売り上げ個数500万個突破、顧客満足度も99%と大人気!

 

こちらの商品、クレンジング、洗顔、トリートメント、角質ケア、マッサージケアの5つがこれ1つで補えるという優れもの。

独自技術のナノマトリクス構造が隅々までしっかり落とすため、ダブル洗顔は不要です。

 

また、31種類のエイジングケア成分も配合されており、クレンジング使用後のつっぱり感もありません。

ソフトスクラブ効果で角質ケアもでき、エステ帰りのようなもちもち肌になれるそう。

 

今なら1ヶ月分を半額の1800円(税抜)で購入することができます。

お肌に合わない場合は20日間全額返金保証付きなので、気軽に体験できますね♪

 

 

潤いを残すクレンジグ方法② クレンジングミルク

 

 

クレンジングミルクは、敏感肌の人が安心して使用することのできるお肌の負担の少ないクレンジング剤です。

ミルクという性質上、油性成分をスッキリキレイに落とすのには不向きなので、しっかりとメイクをするという人にとっては物足りないかもしれません。

 

しかし、使い心地は水分が多いためさっぱりとして良いです。

 

クレンジングミルクの使用方法は、まず、顔に乗せる前に、清潔な手にクレンジングミルクを取り温めます。

その後、頬やおでこ、あごと順番にクレンジグミルクを乗せて広げていった後、弱い力で円を描くように指を滑らせて肌に馴染ませていきます。十分に馴染んだら、ぬるま湯でそっと洗い流して終了です。

 

ミルク以外のクレンジング剤との違いは、一度、手に乗せて温めることくらいです。

優しい洗い心地なので、薄めのメイクの人にオススメのクレンジング方法です。

 

その他のクレンジング方法について

 

 

クレンジングに使用するクレンジング剤がお肌に合うかどうかで、お肌の状態に違いが生まれてしまうことも多いものです。

お肌の乾燥が気になる時には、クレンジングミルクやクレンジングバームがオススメですが、それ以外のクレンジング方法についてもご紹介していきます。  

 

クレンジングオイル

 

 

クレンジングオイルは、ドラッグストアなどで比較的安く販売していて利用しやすいクレンジング剤です。しっかりとしたメイクをする人にとっては、メイクをきっちり落とすことができるのにリーズナブルと人気があります。

 

クレンジングオイルの成分の中には、界面活性剤が多く含まれているので、お肌への刺激が強く、お肌の弱い人や乾燥しがちな季節には肌トラブルの原因となることも少なくありません。

目元や口元などのポイントメイクのクレンジングに使用するのに適しているクレンジング剤です。

 

クレンジングクリーム

 

 

肌に優しいのがクレンジングクリームです。

1年を通して乾燥肌に悩んでいるという人や、薄めのメイクの人には肌への刺激が少ないので、肌トラブルを起こすこともほとんどありません。

 

そのため安心して使用することができます。 油分だけじゃなく水分も含んでいるので使い心地も良いです。ちょっとした刺激ですぐに肌トラブルを起こしてしまう肌質の人にオススメのクレンジング方法です。

 

クレンジングジェル

 

 

クレンジングジェルは、大きく2つの種類に分けられます。

 

1つは、水溶性の成分が多いもので、洗浄力は強くありませんが、お肌への負担は少なくクレンジングをするだけでお肌がしっとり潤すというもの。

 

2つめは、油分を多めに配合している乳化タイプのものです。洗浄力が強いので洗いあがりはさっぱりとします。

 

クレンジングジェルには界面活性剤が多く含まれている商品が多いので、使用の時にはお肌に負担がかかっていないかなど注意することが大切です。  

 

クレンジングローション


 

クレンジングローションは、コットンに含まれているタイプのものなど手軽にメイクを落とすことができる商品が多く、人気のあるクレンジング剤です。しかし、アルコールや保湿剤がたくさん含まれているので、お肌に刺激が加わることも少なくありません。

 

特に、コットンタイプのものは、拭いてメイクを落とすので思った以上にお肌に刺激を加えてしまいます。知らない間にお肌を傷つけることもあります。

もともとお肌が丈夫という人でも肌トラブルを起こすことが多いクレンジング方法です。

 

 

 

クレンジングは、メイクを行う女性にとっては毎日欠かすことのできないスキンケアのひとつです。 スキンケアには、クレンジングの他にも洗顔や保湿などのケアがありますが、その中でも最初の汚れを落とすクレンジングは、キレイな素肌を維持していくためにはとても重要だと思います。

 

どんなに良い化粧品を使用してもクレンジングをきちんと行っていないと効果も半減してしまいます。自分のお肌とメイクのタイプにピッタリなクレンジングを行うようにしましょう。

また、季節や年齢、その時の体調によってお肌の状態が変化することが多いので、「ちょっとお肌の状態が良くないな」という場合は、クレンジングを見直してみると改善することが多いです。

 

美肌を手に入れるには、ほんの些細なことの積み重ねなのでしっかりと取り組むことが大切です。

関連記事

Writer : まぁぴょん さん
今話題の美容情報など新しいことが大好きです!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly