艶&色っぽウェットヘアは“ほどよく”がトレンド!ギトギトにならない濡れ髪の作り方

2019年も引き続いてウェットヘアが流行っていますね♪濡れ髪の人気の秘密は、艶感や色っぽさがプラスされること。でも、一歩間違えれば髪の毛を洗ってない人みたいにギトギトになってしまったり、時間が経つと普通の髪型に戻ってしまったり・・・と失敗談もちらほら…。そこで、今回はそんな扱いにくいウェットヘアを誰でも簡単に作れる方法をご紹介していきます!ほどよいウェットヘアで素敵なあなたに変身です♡

2019春もウェットヘアが引き続き人気!



ウェットヘアは、2019春も引き続き人気が続きそうです。
その人気の秘密は、濡れたような質感で「艶感」や「色っぽさ」が出せるから。


でも、慣れないうちは「スタイリング剤をつけすぎてギトギトになってしまった!」「髪の毛の巻が取れてしまった!」なんて失敗を経験した方も多いみたいです。


そこで、まずは動画でウェットヘアの簡単な作り方をチェックしてみましょう!
 


①スタイリング剤を手のひら全体に伸ばす
②毛先を中心につけていく(細い毛束にしてつけていくとGOOD)
③前髪は、スタイリング剤を指先でつけてからクシでとかす(シースルーバングに♪)


たった3SETPで、トレンドの濡れ髪が仕上がります♪


この手順だけでも十分ですが、さらに失敗しないためのポイントを詳しくご紹介していきます。
 

ウェットヘアを作る時に失敗しないポイント!



あなたの髪の毛にあった適量のスタイリング剤をチェックする


 ベトベトヘアの1番の要因は大量のスタイリング剤をつけてしまうこと。絶対につけすぎるのは避けてください。


最初はスタイリング剤のタイプや髪の毛の長さによっても適量がわからないと思うので、少なめからつけ始め、自分の髪にぴったりあう量を決めていきましょう!


髪の毛のトップにはスタイリング剤を極力つけない


スタイリング剤をトップの方までしっかりつけてしまうと、ギトギトでベタッとしたボリュームのないヘアスタイルになってしまいます。


なので、先ほどもご紹介したように毛先中心にスタイリング剤をつけて、中間は軽く揉み込むように、トップはアホ毛を整える程度に手のひらで軽くなでるだけにしておきましょう。


以上のことに気をつければ、初めてウェットヘアに挑戦したい型でも簡単に艶&色っぽウェットヘアにできます♡


続いては、どんなスタイリング剤を使ったら仕上がりが綺麗になるのかを見ていきましょう!


ウェットヘアを作るおすすめスタイリング剤は?


まずは、ベビーオイル・ヘアバターを使ったスタイリング剤の比較動画をご覧ください♪



<1つ目の商品>
サンコールキートス ヘアモイストバター 85g /1,780円(税抜)


ヘアバターはふわっとしたウェットヘアに仕上がります。
髪の毛の下から上から揉み込むようにつけましょう。


<2つ目の商品>
ジョンソンベビー ジョンゾン ベビーオイル 125ml /オープン価格


ヘアバターよりも、艶感があるウェットヘアに仕上がります。


根元から立ち上げるようにつけると、かっこいい印象になりますね!


しかし、スタイリング剤のつけすぎは厳禁です!
 

おすすめスタイリング剤①:ザ・プロダクト ヘアワックス



<商品>

ザ・プロダクト ヘアワックス 42g /1,980円(税抜)


愛用する美容師さんも多いザ・プロダクトのヘアワックス。


このワックス、実は100%自然由の原料を使っていて髪以外にも顔や唇・全身の保湿に使えるんです!


ヘアワックスを付けた髪が顔に当たって肌荒れしないか心配、という方にはとてもおすすめです。


おすすめスタイリング剤②:大島椿 椿油100%



<商品>

大島椿 椿油100% 60ml /1,500円(税抜)


トリートメントなどのヘアケアにも重宝される椿油ですが、ウェットヘアに用いることもできます。

結構しっとりしがちなので、根元につける場合はおすすめできません。


おすすめスタイリング剤③:ジョンソンベビー  ジョンソンベビーオイル



<商品>

ジョンソベビー  ジョンソン ベビーオイル 125ml /オー /オープン価格


先ほど動画でも紹介したボディケアで知られるベビーオイルですが、その用途は多種多様でウェットヘアのスタイリング剤としても使えます。


価格もお手頃で、体も髪の毛も、これ1本でケアできる便利な商品です。


おすすめスタイリング剤④:ザ・ダイソー ヘアワックス



<商品>

ザ・ダイソー ヘアワックス /100円(税抜)


ダイソーでもヘアワックスが購入できます。

マットやハードなど定番の種類が揃っていますが、おすすめはウェットタイプ


自然に見えるのにキープ力も高く、100円とは思えない商品です。

少しテクスチャーが重いので先程紹介したベビーオイルを少し混ぜる使い方もおすすめ。


使い切りサイズなのも嬉しいですね。


レングス別の2019春におすすめウェットヘアスタイル


ロングヘア × ウェットヘア



細かい毛束にして、スタイリング剤を揉み込んだウェットスタイルは、ナチュラルながらもちょこっと色っぽさのある雰囲気に仕上がります。


スタイリング剤をつけた後は、髪の毛を軽くほぐすことがポイントです!



初めての方は、セミウェットヘアが挑戦しやすいと思います。

ハイライトの髪の毛は、ブリーチして痛んでいることが多いので、艶感を演出する目的でもいいでしょう。


スタイリング剤は極少量を手のひらで薄く伸ばしてから、毛先から中間まで揉み込むようにつけてあげてください!


ミディアムヘア × ウェットヘア



最近流行りのウルフヘアとウェットヘアの組み合わせは、クールな印象を与えてくれますね♪


中間の髪の毛は内側に、毛先は外ハネにすることでシルエットが浮き出て、小顔にも見せてくれそうです。



灰色を濃くしたイルミナカラーの髪の毛に、セミウェットのヘアスタイルは今っぽさ全開です!


ストレートヘアもかっこいいですが、毛先を細かく巻いてあげたほうがこなれ感が増します。


ショートヘア × ウェットヘア



ヘアカラーが比較的暗めな方は、ウェットヘアにすると艶感はがさらに増します。

ボブヘアと濡れ髪も相性が良く、こなれ感がUP♡


内側にワンカール、外巻きにワンカールを混ぜると、毛先に動きが出ますよ!



ショートヘアのほうが、ウルフヘアが人気ですね♪

もちろんウェットヘアとの相性は抜群です。


へアイロンで、毛先を外ハネにして動きを出しましょう。

また、うざバングで、さらに色っぽさをプラスしてあげましょう♡


+α 前髪もほどよいウェットヘアでおしゃれに



前髪もウェット感を出すことで、髪の毛の間にスキマができてこなれ感を演出してくれます♪


動画でもご紹介したように、指先で挟むようにスタイリング剤をつけてからクシでとかしましょう。



先ほどより、前髪のスキマがあるスタイルも、色っぽさがまして素敵ですね♡

指先で、くしゃくしゃっと軽くほぐしてあげると動きが出ますよ!


やりすぎると、ただのボサボサに見えてしまうので要注意です。



いかがでしたか?もうギトギトな汚いウェットヘアとおさらばです!


最初は難しくても、練習すればあっという間に素敵な濡れ髪をセットできますよ!

ほどよい濡れ感で艶&色っぽウェットヘアを作ってみてください♪


おすすめしたスタイリング剤もドラッグストア等でもすぐ購入できるので、帰りがけに寄ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

Writer : 化猫 さん
美容に興味のある1児のママです!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly