レトロ可愛い前髪代表♪フィンガーウェーブの作り方♡

最近、レトロスタイルが密かに人気を集め、女性達の永遠の憧れである往年の女優達が好んで取り入れた髪型が、リバイバルしています! 髪の表面になでつけたようなうねりを作る、ヘアスタイルの総称「フィンガーウェーブ」。 1920年代の登場以来、何度も女性たちの中で流行してきたこのレトロなヘアスタイルを取り入れて、スタイリングをワンランクアップさせちゃいましょう♪ 結婚式やお着物のヘアスタイルとしてもおすすめです!

フィンガーウェーブって何?



グレードギャッツビーのモデルとなった1920年代や、マリリンモンローが人気全盛期であった1940年代。

そして今のアイコンといえばスカーレット・ヨハンソンや、テイラー・スウィフトが取り入れているフィンガーウェーブ。


ショートヘアからロングヘアまで、どの髪の長さでアレンジしても可愛くなるこのアレンジ方法は、パーティーシーンからカジュアル使いまで対応の幅が広いんです!

クラシックで上品・フェミニンなのに古臭くならない不滅のヘアスタイルです。


主な作り方はコテで作る方法と、直接コームで型を付けていく方法との2つ。


コテで作るフィンガーウェーブ



1,太めのヘアアイロンでしっかりと巻いていきます。


2,全体を巻き終わったら、冷めるまで触らずに待ちます。


3,コームを使ってとかしていきます。数本のウェーブをひとまとまりにするようにとかしましょう。


4,ウェーブ部分をコームで押さえながらヘアスプレーをかけます。


5,ウェーブ部分にダッカール(太めのピンでも代用可)を挟み形をキープします。


6,ピンの上から再度キープスプレーをかけ、形をキープして完成!


コテで作る際は巻いた髪の毛をほぐさずに冷まして、ウェーブをきっちり定着させるのがポイント。

スプレーした後もしばらくはピンで留めておき、しっかりと形付けましょう。


コテがなくても!?ピンで作るフィンガーウェーブ



コテを使わなくてもフィンガーウェーブは作れます。

使うものはヘアムースとヘアクリップ。


アレンジする部分にたっぷりとムースをつけたら、コームを使って頭皮に押し当てながらウェーブを作っていきます。

ヘアクリップで、一波ずつしっかりと境目を止めていきます。

全てアレンジし終えたらキープスプレーをたっぷりと吹きかけ、しばらく放置。


コテでつくるより難しく練習が必要ですが、より立体的なフィンガーウェーブが作れたり、好きな幅で作る事が出来ます。


ドレススタイルはもちろん和服にも合うフィンガーウェーブ



西洋のイメージがあるフィンガーウェーブですが、実は和服にもとっても合うアレンジなんです!

「大正ロマン」を彷彿とさせるこの髪型は、大正後期から昭和に「耳隠し」として流行した髪型。

昔の方々も西洋のトレンドを取り入れて楽しんでいたんですね♪

この時代の女性は、ヘアアクセとしてヘッドドレスをラフに使っていたり、とても素敵ですよね。


渦巻き状の髪の流れがとてもレトロモダンでロマンチックな印象に♡

より和服が際立つヘアスタイルですね!

和装の結婚式でも人気があるヘアスタイルです。


ヘアアクセとの相性も抜群♪



顔周りのアレンジに大活躍なのでドレスとも相性◎!

華やかさと上品さと純粋さ、これらを表現出来ちゃうウェディングにももってこいなヘアスタイルなんです♪


また、ディズニープリンセスでおなじみの白雪姫もこのフィンガーウェーブを意識した髪型のようですね!

結婚式を白雪姫風にしたいと思われている花嫁さんには、是非お勧めしたいスタイルです♡


 

いかがでしたか?

結婚式やちょっとしたパーティ・和服を着る際など周りとちょっと差をつけられるフィンガーウェーブ。

来年の初詣のヘアアレンジにもオススメ♡

レトロスタイルに合わせてカジュアルダウンしてあげるのも、とっても素敵ですよね!

フィンガーウェーブでレトロガールを気取っちゃいましょう♪

Writer : choco34 さん
ファッションと美容が大好きなアパレル勤務OLです♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking