台風が多いこの季節に気をつけたい!気象病って?

全国各地で台風が猛威を振るっています。今年も台風シーズンが到来しました。台風が多い季節や季節の変わり目など「気象」によって体調が優れない、体調を崩しやすいという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。もしかしたらそれは「気象病」のせいなのかもしれません。「気象病」とはいったいどんな病気なのでしょうか。

1.気象病とは?



出典:jp.pinterest.com


「気象病」は、天気や気候によって引き起こされる体調不良のことを指し、最近徐々に認知度が高くなってきている病気です。


「気圧」や「気温の変化」などが原因で「頭痛・だるさ・眠気・めまい・消化不良・むくみ・肩こり・ぜんそく」等様々な症状が引き起こされます。

「天気が悪い時や季節の変わり目には必ず体調を崩す」、「ぜんそくや肩こり・腰痛などが悪化する」という人は「気象病」を発症している可能性があります。


気象病は周囲に認知されにくい病気なので、誰にも理解してもらえないことを悩み、そのままうつ病にかかってしまう人もいます。

「気象病」を予防するための方法や、かかってしまった時の対処法を知り、気象病に負けない身体作りをしていきましょう。


2.気象病の予防法



出典:jp.pinterest.com


気象病は気圧や気温差による「脳の錯乱」が原因です。

脳が錯乱することで、自律神経のバランスがとりにくくなり、血管が膨張して血圧が下がりすぎてしまうこともあります。

「ストレスを感じている時」や「睡眠不足・疲労が溜まっている時」に特に気圧・気温差の影響を受けやすくなりますので、日頃からストレスを溜めこまず、自律神経の乱れを防ぐ生活習慣を取り入れていきましょう。


具体的には「適度な運動をする・睡眠をたっぷりとる・日光を浴びる・栄養バランスの整った食事をとる」といった規則正しい生活が気象病予防につながります。

日頃の生活習慣を改め、気圧・気温差の影響を受けにくい身体を作っていきましょう。


3.気圧の変化がわかるアプリや酔い止め薬を利用するのもGOOD♪



出典:jp.pinterest.com


気圧の変化で体調不良が引き起こされるという人は気圧の変化がわかるアプリやインターネットサイトを利用するのもおすすめです。

事前に気圧の変化がわかれば、頭痛・関節痛・胃痛などを先に予防することもできます。


車酔いの酔い止め薬が大活躍しますので、予防薬として常備しておくのもおすすめですよ!

「季節の変わり目は必ず体調が悪くなる」という人はぜひ活用してみてくださいね。



台風シーズンは1年の中で最も気象病にかかる人は増える時期です。

ここ最近の台風時も患者数は5割増しになったと言われています。

気象病の専門外来もありますので、対処法・予防法での対応が難しいと感じたら、病院へ行き専門の先生から適切な処置を受けるようにしてください。

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking