年の差恋愛を実らせるための3つのコツって!?

あなたは何歳から何歳までの男性が恋愛対象になりますか? 社会人になると、学生のときよりもだんだん年の差が気にならなくなっていきますよね。 5歳差ぐらいまでならよく聞きますが、まれに20歳差などの超年の差カップルもいらっしゃいます。 では、そのような“年の差恋愛”を実らせるにはどうすればいいのでしょうか。 きっかけ作りに最適な方法を3つご紹介いたします!

歳の差

 

■ ■1:お互いの趣味を尊重する


出会いがどのような形であろうと、彼に惹かれたからには、何か共通の話題、もしくは気になった話題があるはず。
それがお互いの趣味ならば、一緒に楽しむことが出来、また距離も縮まりやすいですよね。
音楽が好き、運動が好き、映画が好き…2人が共通して興味があることは何なのか、探してみましょう。


もし共通の趣味が見つからなければ、相手の趣味に挑戦してみるのもオススメです!


今まで自分が経験したことのないような事であれば、とても新鮮に楽しく体験が出来るのではないでしょうか。
また、彼にもあなたの趣味を一緒に体験してもらうのも良いですね。


お互いがお互いの趣味を知り、どのような人間なのかを分かり合って行くことで、年の差なんて関係なく、お互いの人間性を見ることが出来るものです。



■ ■2:ジェネレーションギャップを逆手に


年の差恋愛で一番気がかりなのが“ジェネレーションギャップ”ではないでしょうか。


5歳差などは大したことないと思いますが、たった5年の差でもジェネレーションギャップはあるものです。
言葉やファッション、青春時代に流行った音楽など、すべて自分とは違うので、自分にとって当たり前なことが相手にとっては当たり前じゃなかった…ということが永遠と続くのです。


しかし、それを逆手に取り、相手を知るチャンスに変えてみましょう。
お互い、自分と違う時代を生きてきたのですから、話す内容は尽きないですよね。


中学生の時はこういう服装が流行った、こんなアイドルが好きだった、自分が高校生の時は相手はいくつなんだろう…と、ちょっと年齢が違うだけで、いろいろな話が出来るのです。


恋を実らせるには相手を知るのが一番ですよ!



■ ■3:同年代にはない魅力


恋をするには、相手に対して自分はどれだけ魅力があるかをアピールしなければいけませんよね。
また、それをどのようにアピールしていくかが最大のポイントになるかと思います。


もし彼が年上であなたが年下の場合だと、年下ならではの明るさ・体力・容姿など、黙っていてもプラスイメージになるものが多いですよね。


しかし、彼が年下であなたが年上の場合はそうはいきません。


もちろん、肌の手入れをしっかりすればキレイな状態を保つことが出来るでしょう。

ただ、あなたが年上の場合、アピールするポイントがこれだけでは、少し物足りなくなってしまいます。
知識や経験、経済力など、相手から尊敬されるようなプラスイメージをアピールしましょう。


ちなみに、彼が年上でも年下でも共通しているのは、“男は甘えられたい”ということ。
あなたが年上の場合、年下の彼に甘えるのは照れくさくて出来ないと思うかもしれませんが、普段しっかりしているあなたが2人でいるときにだけたまに甘えてくる…なんていうのは、男にとっては胸キュンもの。


だからと言って甘えてばかりだと男性側が疲れてしまいます。
甘えていい時と甘えさせる時、これをしっかり見極めることも大切ですよ。



いかがでしたか?
“年の差恋愛”と言っても何も特別なことはありません。
彼に惹かれ、恋をするのは年の差なんて関係ないのです。
あなたの魅力を精一杯活かし、共通の話題を見つけ楽しく過ごすことで、恋愛の第一歩が開けるかもしれませんよ。
ぜひこの3つのことを参考にし、最高のパートナーと幸せになってくださいね!
 

(きえお/ライター)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・怒りたくないのに喧嘩しちゃう?彼と仲良くできる3つのコツ

・結婚しても幸せ!10年後も変わらず愛し合えるカップルになる方法3つ

・長く続くカップルが大事にしている3つのルール

・話題のポケモンGOで彼氏もゲットできる!?

・やっぱり相手にして貰えないよね…年下男子の恋愛対象になる方法

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking