暗髪でも重たすぎない印象に♪透明感のあるダークトーンヘア8選

最近のヘアカラーは、明るいハイトーンよりもダークトーンが人気です♡その人気の理由は、髪も傷みにくく、ケアもしやすく、プリンも目立たないと良いことづくしだからなんです!でも、初めてダークカラーに挑戦するには「暗髪って重く見えそう」「暗く見えそう…」と躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。そこで今回はダークトーンでも透明感があり、残暑にぴったりのカラーをご紹介いたします。さらにトーンを暗くするだけではなく、カットでヘアスタイルを軽く見せたりとポイントもありますよ。ぜひ、次のヘアカラーやスタイルの参考に最後まで読んでみてくださいね!

地毛を生かしたマッシュショートのダークトーン



カラーをしなくても可愛い黒髪マッシュショート。


地毛が黒髪でもあえて、透明感のある暗髪に仕上げるのもいいですね。

断然ショートが可愛いのは大ぶりのアクセサリーが映えたり、首が長く見えて小顔効果もあることです。


黒髪はきちんと感が出る上に、可愛いよりもきれいなイメージを与えることができるので、モードなスタイルやリラクシーなスタイルが好きな女子にはぴったりですよ。


伸ばしかけの重めスタイルでも似合うダークトーン



「伸ばしかけのボブでも、暗髪ってできるのかな?」という方にもおすすめしたいのが、やや重ためのヘアスタイルの暗色ヘア。


揃えて伸ばしているので全体にレイヤーは入っていませんが、耳にかけることで全体が一気に軽く見えます。


首回りもタイトなスタイリングにして、まるでショートのようなヘアスタイルに見せることで、伸ばしかけでも暗髪ボブが叶います。


シースルーボブで動きのあるダークトーンヘア



しばらく明るめのヘアカラーをしていた人も、一気にイメチェンできるのが暗髪カラーの良いところ。


「重くならない?」という心配も、ショートボブならステップが踏めるほど軽やかな印象になれます。


マッシュボブで頭の形に沿ってふんわり丸みを持たせてカットし、前髪はあえて作らず長めに残して、サイドに流すようなスタイルにすると、より大人っぽく仕上がります。


暗髪ボブでも子どもっぽくならず、今の季節にぴったりのアンニュイな動きが出せておすすめ。


ダークトーンが似合う♡丸みのあるシースルーボブ



流行に敏感な女性の間で人気のシースルーボブも顔回りや毛先をシースルーにすることで、ふわっと軽やかで、透け感が可愛らしい雰囲気になります。


暗髪でも重たく見えないのが、シースルースタイルの強み。

サイドの毛量を薄くカットしていて、女性らしい丸みを帯びたシルエットがポイントです。


キメすぎない毛先のラフさが、今っぽいアンニュイな雰囲気をプラスしてくれますよ!


ミディアムヘアはウェットなスタイリングでダークトーンも軽快に



ダークトーンでもライン感を残しつつ顔回りを軽快にカットし、バックスタイルをやや重めに髪を残すと、全体が軽やかで絶妙のバランスになります。


カットだけで抜け感が出せるので、暗髪でもツヤと透明感のあるスタイリングで、女性のヘルシーさをアピールできますよ!


ウェットな質感にセットすると、よりセクシーでスタイリッシュに。
しっかり乾かしてエアリー感を出すと可愛さやフェミニンっぽさが出るので、スタイリングやメイクで毎日違う自分を楽しめますよ♡


残暑が厳しい今の季節だと、ミディアムヘアは首回りが暑くて髪を結びがちですが、シースルーにすると全体的に動きを出せるので束ねなくても可愛いですね。


重くなりがちなダークトーンもゆるふわでフェミニンに



暗髪のストレートだとどこか野暮ったく見えてしまいがちですが、シースルーバングで抜け感を出し、ふんわりパーマをかけたようなナチュラル巻きにすれば、清楚な可愛さをまとった女子が完成!


洋服やメイクと同じように髪にも抜け感があると、おしゃれに見えるから不思議ですよね。


顔まわりをふんわりカーブするようにヘアアイロンをあてることで、柔らかさもプラスされてフェミニンな印象に仕上がります♡


透明感のあるダークトーンロングでイノセントな可愛さを



フワッと空気をまとったようなエアリーな質感のロングヘア。


顔まわりをすっきりとアゴのラインで揃えて、ボブっぽく見えるのが印象的です。

ポイントをレイヤーでうまくまとめていて全体が重すぎず、モダンテイストも相まって、自然体の暗髪が叶います。


暗髪でも、夏〜秋にかけて人気のオレンジメイクがぴったりマッチして、ヘルシーな色気をアピールできますね!


グレージュカラーのダークトーンで一気にモード感アップ



一見真っ黒かと思いきやダークグレージュカラーで、あえて暗髪にしたスタイル。


暗めのグレージュでも、レイヤースタイルで動きを出しているので軽やかな印象ですよね!


さらにパーマで動きを出して、スタイリングでウェットかつ束っぽい質感に仕上げているので、大人の色気もアピールできます。


暗めのトーンのヘアスタイルなら、パキッとした強めのリップもバッチリ受け止めて、レディな気品をプラスしてくれますね。



暗髪スタイル特集は、いかがでしたでしょうか。

ワンランク上のおしゃれな暗髪を目指したい方は、レイヤーや抜け感を意識して軽やかなヘアスタイルでまとめるとすっきりします。


清楚で上品な女性らしさが欲しいなという方、職場やバイト先で明るいカラーはできないという方も、透明感のある暗髪にトライしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Writer : yui さん
現フリーライター/女性誌編集者→コスメ、ネイル、ヘアスタイル、ライフスタイル担当→フリーとして独立→3人の子育て中!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly