熱中症対策が美肌ケアにも有効的ってホント!?

グングンと気温が上がってきましたね。この季節になると、注意しなくてはならないのが熱中症。水分補給で熱中症対策をするのは当然ですが、意外と正しい対策をできている人が少ないのが現実です。実はこの熱中症対策、なんと美肌効果も発揮してくれるというのです! そこで今回は、正しい熱中症対策の方法をご紹介しながら、美肌ケアの秘密についても探っていきましょう。

熱中症って、どんなもの?



出典:weheartit.com


暑くなると倒れる人が続出するほど多くなる熱中症。

どのようなメカニズムで発症するのでしょうか?


まず人間は汗をかくと体温がダウンし、汗が出なくなると体温がアップします。

人体は内部で熱を作りだし、熱を外に逃がすことで体温調整バランスを上手くとっていますが、運動や気温上昇によって体温調整バランスが乱れて体温が上昇してしまいます。


すると今度は、体内の熱を放出しやすくなるのですが、体温上昇によって一時的に血液が不足する、血圧が下がるといった症状が出ることがあるのです。

さらに、脳に十分な酸素を送ることができなくなり、めまいや立ちくらみ、意識障害がおこって「熱失神」と呼ばれるものになるのです。


そして、暑くなればなるほど発汗が激しくなり、人体からは水分が失われてしまいます。

水分が失われることによって脱水症状がおこり、だるい、頭痛がする、吐き気がするといった熱中症特有の症状が表れます。


重度になれば死に至ることも有り得る熱中症は、決して甘く見てはいけないのです。


正しい熱中症対策方法



出典:weheartit.com


熱中症対策には、たっぷり水分補給をすれば良いと思われがちですが、実はこれは決して正しい対策法ではないのです。

また、スポーツドリンク、最近では塩分の入った熱中症対策タブレットなどもありますが、実は全く必要がないのです。

なぜなのか、ご説明していきましょう。


人体に必要な1日の水分量は、2リットル~2.5リットルと言われています。

通常、この量の水分を摂取すれば熱中症対策になると思ってしまいますが、飲み物からの摂取では量が多過ぎてしまうのです。

なぜなら、人間は食事によっても水分を補給しているわけです。

その食事からの水分摂取量は、およそ1リットルほどと言われています。

ですから、飲料による水分補給は、1リットル~1.2リットルで充分なんですよ。


また、汗をかいたら塩分も必要だからといって、あえてスポーツドリンクで水分補給をする必要はなく、塩分チャージタブレットなども摂取の必要は全くないのです。


水分もそうですが、塩分も通常の食事から十分に摂取できているので、スポーツドリンクやタブレットに頼って塩分まで補給してしまうと、高血圧、むくみ、血管にダメージを与えてしまい、体にとってはデメリットでしかないのです。


熱中症対策に効果的な食物



出典:01.gatag.net


熱中症のメカニズム、過剰な水分と塩分摂取が不要と分かったところで、どんな食べ物が熱中症対策に効果的なのかご紹介していきましょう。


・夏野菜を食べよう!

旬の夏野菜には水分がタップリと含まれています。

トマト・ピーマン・ナス・キュウリなどは、水分豊富な代表的夏の旬野菜!

旬だからこそ、美味しくいただけて熱中症対策にもなるので、積極的に摂取していきましょう!


・ナトリウム・カリウムが豊富な食品を摂取しよう!

汗をかくと、ナトリウムとともに血圧上昇を抑制するカリウムが不足しがちになってしまいます。

できるだけカリウムとナトリウムがたっぷり含まれた食物を摂取していきましょう。


にんにく、アボカド、しそ、ほうれん草などの野菜類の他、魚、海藻類はカリウム豊富で効果的です。

ナトリウムの摂取なら、味噌、ひじき、ワカメなどがオススメです。


カリウムとナトリウムの美肌効果!



出典:weheartit.com


熱中症対策に有効なカリウムとナトリウムは、美肌効果も高めてくれる嬉しい成分です。

2つの成分は、細胞の保水に役立ってくれるのです。

また、旬の夏野菜にはビタミンもタップリ含まれているので、インナービューティーには効果的!


汗をかくと細胞から水分が抜けてしまうので、夏になるとお肌が乾燥するというのは、女性なら経験のある方が多いかと思います。

細胞の保水に働きかけるカリウムとナトリウムは夏に摂取すれば、お肌の潤いもアップするという仕組みです♪



夏だからこそ、熱中症対策をしながら、乾燥に負けない潤いに満ちた美肌を目指していきましょう!

Writer : アスカ さん
色々なコスメを試すのが趣味です。 エイジングケアに力を入れています。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking