既に危険!?熱中症にならないための一工夫

今年も猛暑だろうと言われていますが、7月に入り、その片鱗が見え始めて来ています。注意したいのが熱中症。毎年多くの方が救急車で運ばれたというニュースを耳にすることがあるかと思いますが、中には亡くなってしまう方も少なくありません。今回は、熱中症とはどんなものなのか、それを防ぐために出来るちょっとした工夫をご紹介していきます。

1.室内でも熱中症!その理由は?



出典:m3q.jp


熱中症の原因は、高い気温と湿度。

もちろんじめじめした夏、炎天下にいると熱中症の可能性は高まりますが、今の時期、室内の熱中症も多いのです。

室内にいると気付きにくいですが、部屋の温度が30度を超えている、なんてことはありませんか?


また、室内だと油断しがちなのが湿度。

気付かぬうちに汗をかきにくい、または汗をかいているのに水分補給をしていない状況に陥りがちなのです。


2.熱中症の主な症状は?



出典:www.hakuraidou.com


熱中症にいくら注意しろと言われても、どのような症状が熱中症か分からないという方も多いのではないでしょうか。


熱中症は様々な症状がありますが、軽度のもので「めまい」「顔のほてり」「筋肉のけいれん」「体がだるい」など。進行すると「汗のかきかたがおかしい」「まっすぐ歩けない」「呼びかけても返事をしない、返答がおかしい」などといった重度の症状が見られます。


ちょっとおかしいな、と感じたらすぐに水分補給をし、涼しい場所でゆっくり休むようにしましょう。


3.室内でできる熱中症予防の一工夫



出典:www.tenki.jp


室内での、熱中症を予防するための一工夫を以下に4つご紹介していきます。

ぜひチェックしてみましょう。


①直射日光を避ける


出典:folk-media.com


窓から強い陽射しが差し込むと、室内の温度が上昇してしまいます。

すだれを窓に設置する、窓の近くに観葉植物などを置くなど、直射日光を防ぐ工夫をしましょう。


②こまめに水分補給


出典:www.ohguchi-dental.jp


夏は室内でも気付かぬうちに汗をかいているもの。

こまめに水分補給をすることが大切です。

水道水や麦茶などでも構いませんので、手元にいつでも水分補給をできる状態にしておくのがベスト。


③室温・湿度計を設置


出典:www.notodesign.jp


いつでも部屋の気温や湿度を確認できるように、室温・湿度計を室内に設置しましょう。

100均などでも購入できます。

室温が30度を超えるようなら、扇風機やエアコンで温度・湿度を調節して。


④寝る前のアルコールはNG


出典:careerpark.jp


お酒を飲んでそのまま寝てしまう…なんて、最高ですよね。

ですが、夏はなるべく控えるようにしましょう。

ただでさえ水分補給が困難な睡眠時間です。


アルコールの利尿作用のせいで、夜間トイレに行って水分補給しないでいると、熱帯夜の日などは寝ている間に熱中症になる可能性も。



いかがでしたか?

毎年熱中症で多くの方がつらい思いをしています。

気付かぬうちに発症してしまう熱中症。

室内での熱中症を防ぐため、ぜひとも今回ご紹介した工夫をしてみてはいかがでしょうか。

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking