”オフィスカジュアル”の定義は業界によって違う?秋冬のジャケットコーデのOKラインをアンケートで確認しました♡

従来は、会社勤めといえばスーツが主流でしたが、近頃はクールビズやウォームビズなどの影響で、服装にある程度の自由が与えられた“オフィスカジュアル”での出勤が主流になってきましたよね。 スーツとは違い、自宅で簡単にお手入れができる点やプライベートでの服装との兼用が可能な点など、魅力の多いオフィスカジュアル。ですが一方で「毎日の服選びに悩む」「どこまでがオフィスカジュアルなのかわからない」などといった声も目立ちます。 あなたも出勤時の服装に悩んだことがあるのではないでしょうか?特に、防寒のためアイテム数が増える秋冬は服装に困る機会も増えますよね。 そこで、今回の記事では、働く女性にアンケートを実施し、秋冬のジャケットを使ったオフィスカジュアルコーデのOKラインを調査しました!

オフィスカジュアルにルールってあるの?



オフィスカジュアルの定義を調べてみると、“スーツを少しカジュアルに着崩したビジネスファッション”とありましたが、その定義は非常にあいまいです。
そんなオフィスカジュアルですが、ルールは存在するのでしょうか?


アンケートで自身の勤め先でのオフィスカジュアルに関するルールを尋ねたところ、以下のような意見が寄せられました。


・GパンやスウェットなどはNG。ルールではないが、女性はスカートを履くべきだといった暗黙のルールがある(20代後半/建設業事務)


・上下とも落ち着いた色味で、パンツスタイルが望ましい(20代後半/教育関係)


・スカートはひざ丈であること(30代前半/食品関係事務)


アンケート結果の一部をご紹介しましたが、基本的には
・GパンはNG
・ラフすぎない服装がよい
・派手過ぎない服装がよい
・露出の少ない服装がよい

といった回答が多く見られました。


他にも、職業柄アクティブな動きを求められる職種ではパンツスタイルが好まれ、事務など座り仕事が中心の職業であれば、女性らしくスカートが好まれるといった意見も多かったです。
一口にオフィスカジュアルといっても、職業によって多少のばらつきがあるようですね。


オフィスカジュアルのルールに関してのアンケート結果を一部ご紹介しましたが、ここからは「このコーディネートはオフィスカジュアルコーデとしてアリかナシか?」という、さらに踏み込んだアンケート結果をご紹介します。
オフィスカジュアル迷子になっている女性は必見ですよ!


オフィスカジュアルのジャケットコーデ【パンツスタイル編】


まずは、動きやすさが魅力のパンツスタイルのオフィスカジュアルコーデを見ていきましょう!


迷ったらこれ!95パーセント以上の方がOKのオフィスカジュアルコーデ



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・96%
いいえ・・・2%
個人差あり・・・2%


シンプルな白のブラウスと、黒に近いネイビーのパンツ、パンツと同色のジャケットを合わせたシンプルなコーデです。
派手さはなく、清潔感もあるこのコーデは96%の女性が“はい”と答えました。“いいえ”と答えた2%の方はスカートタイプのコーデが好ましいという方々でした。


職場のドレスコードが厳しい方や、勤務歴が浅く社内の服装のルールがわからない人は、このコーディネートのようにシンプルさを意識して出社するのが無難ですね。



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・96%
いいえ・・・2%
個人差あり・・・2%


白のブラウスに優しい色味のライトグレーのパンツとジャケットを合わせたコーデです。
男性のスーツでは明るい色はNGとされる場合もあるようですが、女性のオフィスカジュアルではどのような認識なのでしょうか?


先ほどのコーデと同様、シンプルなコーディネートかつベーシックカラーでまとめられたコーディネートというだけあって、アンケート結果は96%の方が“はい”と答えました。


ネイビーと比べると、明るい印象になるコーデですね!

ベーシックなカラーではありつつも女性らしい明るい色味の服を着たい方は、このようなコーディネートがおすすめです!



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・96%
いいえ・・・2%
個人差あり・・・2%


色味はベーシックカラーでまとめていますが、パンツが大胆なチェック柄です。

ベーシックカラー以外を使用したコーデよりもOK率が高かったので、色味が抑えられているコーディネートがオフィスカジュアルにはふさわしいようですね。


派手な服装はダメだけどちょっとおしゃれがしたい!という方は、色味を抑えてシンプルな柄物を入れると毎日の出勤が楽しくなるかもしれませんね!


上品だけどワンポイント♡80パーセント以上が◎のオフィスカジュアル



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・89%
いいえ・・・2%
個人差あり・・・9%


派手ではありませんが、先ほどの2つのコーデに色味がプラスされたこちらのコーデ。

“はい”と答えた方が、少し減りましたね。ベーシックカラー以外がNGな職場であったり、細かいですが、袖口のフリルがNGな職場もあるかもしれません。



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・83%
いいえ・・・5%
個人差あり・・・12%


こちらも先ほどと同様に、色味はベーシックカラーで統一されたコーデです。
ただ、トップスがブラウスではなくVネックのカットソー、ジャケットもロング丈で少しファッショナブル感があります。


こういった形のジャケットですと、ビジネス感が少し薄れるのでプライベートでも着られそうですよね。

職場での服装もある程度は自由で、プライベートでの洋服とお仕事用、アイテムを使いまわしたい人はこのようなコーディネートを目指すといいかもしれません。


大柄や明るめカラーは社風で異なるので注意



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・79%
いいえ・・・2%
個人差あり・・・14%


白を基調としたアーガイル柄のセーターに、ネイビーのパンツとジャケットを合わせたコーデです。

初めての柄物ですね。ワンポイントですし色も優しいので、派手な印象はありませんが、先ほどより“はい”と答えた方が減りました。


主に派手なデザインやラフなもの、色物はダメという職場ルールがある方々が“いいえ”と答えられました。



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・74%
いいえ・・・9%
個人差あり・・・17%


優しい色合いではありますが、グリーンやイエローなどの多色使い、さらに柄物も取り入れたこちらのコーデ。プライベートでも着ている人がいそうな、カジュアル感の強いコーディネートです。


“はい”と答える人のパーセンテージが少し低くなりましたね。色味はベーシックカラーが好ましい人、また、落ち着いた服装が求められる人は、“いいえ”と答えられていました。


ベーシックカラー+ワンカラー程度であれば落ち着いた印象を与えますが、多色使いになってくると優しい色味でも落ち着いた印象からは少し遠ざかってしまうのかもしれません。


パンツスタイルオフィスカジュアルのOKラインとは?



アンケート結果をもとに、7つのパンツスタイルのオフィスカジュアルコーデの是非をご紹介しました!

オフィスカジュアルと言っても様々なスタイルがありますね。


パンツスタイルのオフィスカジュアルの一般的なOKラインは
・露出度が高くないこと
・派手な色味でないこと
・ジーンズ素材でないこと

などが挙げられました。


さらに、厳しい職場であれば
・色味が白・黒・グレーなどのベーシックカラーでまとめられていること
・柄が入っていないもの

などのポイントも押さえておきたいところ。


また、事務職など座り仕事の職場では、女性らしさを求められるため、パンツスタイル自体がNGといった声もありましたので、ご自身の職場に合わせてコーディネートをすると良いですね!


オフィスカジュアルのジャケットコーデ【スカートスタイル編】


ここまではパンツスタイルのオフィスカジュアルコーデを見てきましたが、女性ならたまにはスカートも履きたいですよね!
また、アンケート結果でも、職場で女性らしさを求めたスカートスタイルが求められるといった声も挙がっていました。


そこでここからはスカートスタイルのオフィスカジュアルコーデと、それに関してのアンケート結果もご紹介していきたいと思います。


スカートスタイルOKなら安心♡80パーセント以上がOKのオフィスカジュアル



はい・・・83%
いいえ・・・5%
個人差あり・・・12%


ベーシックカラーに落ち着いたアースカラーを合わせた、上品なコーディネートです。

“はい“と答えた方が8割を超える結果となりました。

”いいえ“と答えられた方の中には、教育関係や医療関係の方が多く、業務に動きやすさを求められるため、スカートタイプ自体があまりふさわしくないとのことでした。


基本的には落ち着いた印象なので、オフィスカジュアルとしてふさわしい服装だと言えるでしょう。



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?

はい・・・83%
いいえ・・・7%
個人差あり・・・10%


色味を抑えたシンプルなコーデというだけあって“はい”と答えた方は83%でした。
パンツスタイル・スカートスタイル問わず多くの職場で認められるオフィスカジュアルは、やはり落ち着いたカラーでまとめたコーデです。
服装であまり目立ちたくない人は、ベーシックカラーやアースカラーのアイテムを使うことをおすすめします。



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・83%
いいえ・・・10%
個人差あり・・・7%


トップスは色物、スカートはチェックという、プライベートでも着ることができそうなコーデです。


8割の方が“はい”と答えました。

色味は強めですが、生地感にハリがあるため、色味に厳しい職場でない限りはオフィスカジュアルとして認められるコーデであることがわかりました。


色味に対しての指定がない職場でしたら、生地の素材に注意していれば、お仕事中のおしゃれも楽しめそうですね!


強めの色味のスカートは職場を選ぶかも。70パーセント以上がOKのコーデ



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?

はい・・・72%
いいえ・・・14%
個人差あり・・・14%


白のブラウスに、華やかなショッキングピンクのスカートを合わせ、黒のジャケットを羽織ったこのコーデ。コントラストが効いていて、おしゃれですが、これまで例に挙げた中では一番色味が強いですよね。


およそ3割の方が“いいえ”または“個人差あり”と答える結果になりました。
意外にも7割を超える方が“はい”と答えているので、オフィスカジュアルは露出度が高くなく、素材感がカジュアルすぎないものであればそれなりに自由度が高いと言えますね。


色使いだけでなく素材も重要!約6割がOKのスカートコーデ



あなたの職場でこのコーデで出勤はOKですか?
はい・・・62%
いいえ・・・19%
個人差あり・・・19%


色味はベーシックカラーでまとめられていますが、スカートやジャケットの生地感がややカジュアルなコーディネートです。


このコーデでの出勤は、約4割の女性が“いいえ”もしく“個人差があり”と答える結果になりました。
“はい”以外と答えた方の中には、カジュアルなコーデがNGであるといった意見が多く上げられました。


やはり、きちんと感が求められるオフィスカジュアルでは、生地感が重要であるということですね。


スカートスタイルオフィスカジュアルのOKラインとは?



パンツスタイルに「Gパンはダメ」などの素材のルールがあるように、スカートスタイルにも、ゆるっとしたハリ感のない生地はあまり好ましくないなどのルールや暗黙の了解が存在する職場が多いようですね。


素材感以外にも、露出度の上がるひざ丈以上の短いスカートや、職場によっては強い色味がNGなところもあるようなので注意が必要ですね。



様々なオフィスカジュアルコーデを見てきましたが、いかがでしたか?
どこまでをオフィスカジュアルと呼ぶかは、各職場でばらつきがありましたね。職場では同調も必要ですから、職場の雰囲気に合わせて、どの程度カジュアルダウンするのかの見極めが大事になるのではないでしょうか。


職場の雰囲気がまだつかめていない場合は、ベーシックカラーを使ったシンプルなコーディネートで出勤すると、職場で浮いてしまうことは少なく済みそうで安心ですね。
職場での雰囲気を壊さない程度を守りつつ、自分らしくいられる服装で日々の仕事に打ち込みましょう♡

関連記事

Writer : K.Miyu さん
美容好きな25歳の女子です!美容好きと、過去に自身が肌荒れに悩んだ経験を活かして、以前、美容ブログを執筆していました。 他にも、ネイル検定やメイク検定、日本メイクアップ知識検定、色彩検定など、美容に関連する資格も取得しています。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly