どの色が好き?お洒落カラーでアートするチークネイルデザイン♡

爪にチークをさしたように見えることからその名前がついた、チークネイル。このデザインは、アートに使う色によって仕上がりのテイストが大きく変化します。この記事では、おしゃれカラーでアートするチークネイルデザインをご紹介します。上品なものから個性的なものまで色々なデザインを取り上げていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

ブラウン系カラーのチークネイルでシックに


Dolce.Nail

Dolce.Nail

 
チークネイルというと、ピンク系カラーを使った可愛い雰囲気のデザインをイメージされる方が多いのではないでしょうか。定番のデザインも素敵なのですが、チークネイルはアートに使う色を変えることで、カッコいい雰囲気に変化させたり、個性的なデザインを作ったりすることができます。

例えば、ブラウン系カラーを使ったチークネイルはいかがでしょうか。シックでありつつもお洒落度の高い、素敵なデザインを楽しめますよ♪晩夏~秋口にかけては、クリアベースにブラウン系カラーのチークアートを施すと、上手に引き算された、重くなりすぎないネイルに仕上げられるでしょう。

チークネイルは単色でアートするのが一般的ですが、トーンの違うブラウンを2~3種類組み合わせて、べっ甲柄風に仕上げるアートも素敵です。
 
JunoQuartz×grace

JunoQuartz×grace

 

グレーカラーのチークネイルでお洒落度高く!


IRISÉE

IRISÉE

 
チークネイルはグレーカラーでアートすることで、大人っぽくお洒落度の高いデザインに仕上げられます。

例えば、クリアベースのネイルに、透明感のあるクリアグレーでチークアートを施すデザインはいかがでしょうか。広い範囲にクリアグレーを使ってシックに仕上げたり、狭い範囲にグレーを使って上品かつシンプルに仕上げたりというように、チークアートを施す面積も工夫してみてくださいね!

アートの上に金箔を重ねて華やかさをプラスしたり、スタッズやラメを重ねてカジュアルテイストなチークネイルに仕上げたりというように、アートに使うパーツも工夫してみてください。
 
perruche

perruche

 

オフィスには上品カラーのチークネイルがおすすめ


Laughin’Nail

Laughin’Nail

 
オフィスシーンにぜひおすすめしたいのが、上品なスキンカラーを使ったチークネイルです。爪の中央にスキンカラーを使う定番のデザインに仕上げてもいいですし、爪の周りにスキンカラーを使い、中央にホワイトやパステルカラーといったベースカラーよりも薄い色を使う、逆チークデザインに仕上げてもいいでしょう。

夏~秋にかけては冷房の影響で指先が冷えて、血色が悪くなってしまう方が少なくありません。そういった場合はやや赤みがかったスキンカラーのチークアートを施すことで、爪の色を健康的に見せられますよ。



Itnail編集部


関連する記事(提供元itnail)


Writer : itnail 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly