夏の宿敵!ワキ汗に悩まないための対策

もうすぐ夏!ファッションを思い切り楽しみたいけど、ワキの汗ジミが気になって・・・ 汗っかきのひとにとってはとてもツライ季節ですね。 ワキ汗や汗ジミはどうしても清潔感が薄れてしまい、嫌なイメージが付いてしまいます。 ワキの汗や臭いで悩んだ時に知っておきたい基本の知識をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

なぜ汗をかくの?



出典:nicoly.jp


汗には体温を調節するという大切な役割があり、特にワキは体内にたまった熱を放出して体温を下げるという重要な役目を持っている場所なため、発汗しやすい場所になっています。


また、ワキの汗は他の場所から出る汗に比べ、においが気になる方が多いと思います。

これは、ワキにアポクリン腺という独特な汗腺があるからです。

アポクリン腺から発汗される汗は、色が白っぽく粘り気があり、時間が経つと独特のにおいが発生します。


ワキ汗をかきやすくなる原因



出典:matome.naver.jp


・食生活

食生活が偏っているとワキ汗の原因につながります。

脂っこいものが多い、お肉中心の食事、インスタントやファストフードをよく食べる、激辛など刺激の強い食事が多い、お酒やコーヒーの量が多い、冷たいものをよく食べる、以上のような食事は血行不良や冷えにつながり、汗が濃くなり臭いの原因にもなります。


・運動不足

本来、ひとの身体は気温の変化や運動による体温調節のために発汗します。

ところがその必要がない状態、いわゆる運動不足や温度変化の少ない室内で過ごす状態が長く続くと、全身の汗腺が休眠状態に陥ってしまいます。

そして、ちょっとした温度の変化にワキの下の汗腺が活発になり、ほかの場所から汗が出なくなっている分、ワキに集中し目立ってしまうのです。


・ストレス、緊張

ワキに汗をかくことには、精神的な要因も大きく関わっているため、緊張した時に汗をかくというのは誰にでもあることです。

ストレスなどの精神的な負担は、副腎皮質ホルモンやアドレナリンの放出を促し、汗や皮脂の分泌が盛んになります。

なので、ストレスをため込みやすいひとや緊張しやすいひとは、汗の量が増え臭いも強くなってしまうことがあるのです。


・冷え

女性に多いワキ汗の原因がこの冷えです。

血行が悪く身体が過度に冷えると、自動的に身体の防衛本能が働き、身体を温めるために熱を発生させます。

そうすると手足が冷えているのにワキや背中から大量に汗が出るという状態が起こります。

オフィスでの冷房対策やストレッチで血行を良くするなど、なるべく身体を温めることを心がけましょう。


ワキ汗対策(ツボ押し)



出典:benpi-ch.net


今すぐワキ汗を止めたい!という時に対応できるのが、ツボ押しです。


出典:taruho.info


・大包(だいほう)

第6肋骨と第7肋骨の間にあり、ちょうどワキの下に位置しています。

手をグーにした状態でワキの下の肋骨を押すだけ。

ぐいぐい押さえつけるようにするのがポイントです。


・屋翳(おくえい)


乳首の3~5cmほど上(指2~3本分)を1~3分ほど押さえる。

分かりにくい場合は広めに手で押せばOKです。


ワキ汗対策(グッズ)



・あせワキパッド


お気に入りの服に汗の染みがついてしまう前に対策しましょう。

服に貼るタイプと、直接肌に貼るタイプがあります。


・インナー


出典:www.rakuten.ne.jp


汗とりパッド付きのキャミソールが販売されています。

パッドがピッタリと密着するように身体に合うサイズを選ぶのがコツです。



べたべたと不快になるし、服の汗ジミは気になるし・・・憂鬱な気持ちにさせる汗ですが、身体にとっては重要な役割を果たしているのです。

必要以上に汗をかく、というひとはまずその原因となっている習慣を改善し、それでも気になるときは、ツボ押しやワキ汗対策グッズを利用して夏を乗り切りましょう!

Writer : choco さん
美容と料理が大好きなママです。 いくつになってもキレイでいれるよう日々努力中です!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking