股関節が硬いと痩せにくい?ヨガポーズで股関節を柔らかくしよう♪

皆さんの股関節は柔らかいですか?股関節の硬さをあまり気にしていない人や「股関節が柔らかくても、開脚とかできるだけでしょ?」と思っている方もいるのではないでしょうか。実は、股関節を柔らかくすることにはメリットがたくさんあります!今回は、股関節を柔らかくするメリットと3つのヨガポーズをご紹介いたします!1回おこなっただけでは効果は期待できませんが、習慣的におこなっていくうちにだんだんと股関節が柔らかくなり、ポーズがやりやすくなるでしょう。ぜひ一緒に試してみてくださいね☆

ヨガポーズで股関節の硬さチェック



まずはヨガの代表的な座位のポーズである、合せきのポーズで股関節まわりの柔軟性をチェックしてみましょう。


【やり方】


足の裏を合わせて床に座ります。両方の骨盤に平等に体重を乗せて、かかとはなるべく体に近づけて背筋を伸ばします。 


【ポイント】


合せきのポーズで、ひざの高さが床からこぶし1つ分以内なら、柔らかい股関節と言えます。 

それ以上の方は固めの可能性があります。


また、左右でひざの高さに違いがある場合は、どちらかの股関節が硬かったり、股関節に歪みがある可能性が高いです。 


ヨガポーズで股関節を柔らかくするメリット3つ♪



股関節の硬さは、普段の生活では気にならない人もいると思います。

ですが、股関節を柔らかくするメリットはたくさんあります。


その中でも主なメリットを3つご紹介します!


怪我の防止


股関節の硬さは、怪我の大きな原因にもなってしまうもの。


年齢と共に股関節まわりも硬くなってしまいます。

お年寄りが怪我をしやすいのも、股関節まわりが硬くなり、可動域が狭まることも原因の1つです。


股関節まわりを柔らかくすると、全身の可動域が広がり、怪我の防止にもつながるのです。


血行促進


特に長時間のデスクワークなどは、股関節を硬くする原因になるものです。

長い間座っている姿勢は鼠径部(そけいぶ)を圧迫してしまい、血行が滞ってしまうのです。

血行不良は、むくみや冷えの原因でもあり、体の疲労や怪我の回復なども遅くしてしまいます。


柔らかい体は循環も良く、栄養素も身体の隅々まで行き渡ります。

柔らかい身体のほうが、疲れにくいと言えるのです。


痩せやすい体に♪


股関節まわりの筋肉が柔らかくなると、股関節の可動域が広がって体が動きやすくなります。


体が動きやすいと全身の可動域が増え、代謝も上がり、痩せやすい体につながるのです。


股関節が硬いとリンパや血液の循環も悪く、下半身太りやむくみや冷え性の原因になってしまいます。


特に下半身が痩せにくかったり、冷えやすかったりする方は、股関節の硬さが原因かも知れません。

まずは股関節の柔軟性アップを目指してみましょう!


股関節を柔らかくするヨガポーズ3つ



ヨガのポーズには、関節の柔軟性を高めてくれるポーズがたくさんあります。


1度行っただけでは効果は期待できませんが、習慣的に行ううちにポーズがやりやすくなるでしょう。


股関節を柔らかくする3つのヨガポーズをご紹介します!


股関節を柔らかくするヨガポーズ①花輪のポーズ



股関節を開いて、まわりの筋肉をストレッチしながら鍛えてくれる花輪のポーズ。


股関節を外にしっかりと開いて伸ばし、下半身の血行を促進してくれます。


花輪のポーズは、安産のポーズとも呼ばれておりらマタニティヨガでも定番のポーズです。

股関節や骨盤の矯正に効果的と言われています。


【やり方】



①足を肩幅程度に開き、足先は45度、外に向けます。

手は胸の前で合掌します。



②息を吸い、吐きながらひざを深く曲げてしゃがみます。

ひじとひざを押し合って背筋を伸ばしましょう。 

そのままゆっくり3〜5回呼吸します。


【ポイント


ひじとひざをしっかりと押し合うのがポイントです!


股関節を柔らかくするヨガポーズ②三日月のポーズ



足を前後に大きく開いて、股関節まわりの深いストレッチ効果がある三日月のポーズ。


鼠径部を伸ばして、デスクワークなどで滞りがちな股関節まわりの循環を改善してくれます。


足のむくみや冷え性の改善にも効果がみられます。


【やり方】



①四つん這いになります。



②右足を前に大きく一歩踏み込み、後ろの足のひざとつま先は床に下ろします。



③ゆっくり息を吸いながら手を合わせて上に伸ばし、上半身を反らせます。


そのままゆっくり3〜5回呼吸します。

終わったら反対側も同じようにやりましょう。


【ポイント


手を上に伸ばすのがキツい場合は、ひざの上に手を置いて同じように行いましょう。 


股関節を柔らかくするヨガポーズ③半分の鳩のポーズ



股関節まわりのストレッチ効果が高い半分のハトのポーズ。


半分の鳩のポーズはお尻まわりや、股関節まわり、太ももを伸ばして、骨盤矯正や腰痛改善に効果的なポーズです。


股関節の柔軟性を高めて、血行を促進し、代謝をアップしてくれます。


【やり方】



①四つん這いになります。 



②片足ずつまっすぐ後ろに伸ばして、プランクポーズになります。 



③ゆっくり息を吸い、吐きながら右足を手と手の間に踏み込みます。 



④左手の方に右足を歩かせ、ひざを横に倒し、後ろの足はひざとつま先を床におろします。

息を吸いながら胸を上げます。 



⑤ゆっくり吐きながら上半身を前に倒し、おでこは床または腕の上に置いて全身をリラックスさせます。 


そのままゆっくり5〜8回呼吸します。 

終わったら反対側も同じようにおこないましょう。 


【ポイント


ポーズの後は、下になっていた足が痺れることもあります。 

終わった後はよく足をシェイクして、血液を流してあげましょう。 



突然は柔らかくなりません。

身体の柔軟性は、積み重ねで高まるものです。

継続して、おこないましょう!


3つのヨガポーズ、ぜひ試してみてくださいね♪


※この記事は、編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。

個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : 愛太郎(まなたろう) さん
ダンサー兼ヨガインストラクター。 12年ほどの海外生活後、帰国。 全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター資格200時間取得。 特技はダイエット。https://yogataro.com

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly