自分に合った日焼け止めの選び方

春になり、そろそろ日焼け止め選びも慎重になる季節です。普段どのように日焼け止めを選んでいますか?適当に選ぶのではなく、きちんと違いを理解して選ぶとより一層効果的に紫外線を防ぐことができ、綺麗なお肌へ近くことができます。


出典:hpcth.com

 



紫外線を防ぐ成分の違いを知る



1.紫外線吸収剤とは?




紫外線吸収剤とは、その成分じたいが紫外線を吸収してくれるので、

肌へ紫外線が浸透することを防いでくれる役割があります。

この成分を配合している日焼け止めの特徴は、白っぽくならずサラサラしているものが多いことです。


白浮きしたりせず、さっと手早く紫外線対策をしたい方に向いています。

ただし紫外線吸収剤は紫外線を吸収する際に化学反応が起きるので、肌への負担が大きいとも言われています。





2.紫外線散乱剤とは?




紫外線散乱剤とは、最近話題のミネラルファンデーションなどにも含まれている

酸化チタンや酸化亜鉛などの無機粉体からできています。

これらの成分が紫外線を反射することにより、紫外線のお肌への浸透を防ぎます。


こちらは紫外線吸収剤に比べてお肌に優しい点が特徴ですが、伸びが悪かったり、

白浮きしやすかったり、短時間での塗り直しが必要だったりします。




用途に合わせた日焼け止め選び方は?



1.日常使い


 


毎日の通勤時や近所へ買い物に行く際には、紫外線散乱剤の方がお肌への負担が少ないので向いています。

SPF値は低めのものを選んでください。SPF10〜20、PA+〜++がおすすめです。





2.屋外での軽いスポーツやレジャー


 


汗をあまりかかない時や、水に入ることが無い場合はSPF20〜40、PA+〜++が目安です。

汗をかいてしまうと日焼け止めが落ちやすいので、こまめに塗り直すようにしてください。




3.屋外での激しいスポーツやマリンスポーツ


 

これらの場合は汗や水で日焼け止めが落ちやすいです。更に水の中は紫外線が更に強くなるのでSPF40〜50、PA+++を目安に選んでください。水の中に入るときは必ずウォータープルーフタイプを使いましょう。

これらの強力な日焼け止めはお肌への負担が大きいので一日の終わりには丁寧に日焼け止めを落とすようにしてください。




これからの季節、日焼け止めの成分の違いや用途の違いを理解し、お肌への負担をなるべく少なくできるように紫外線対策をしましょう。




Writer : myreco 編集部
myreco公式アカウントです。 コスメ・ネイル・ヘアスタイルなど女子が気になる美容情報や、ライフスタイル・スポットなどの記事も発信していきます♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking