デパコスVSプチプラ 人気カラーパレットが約1700円で手にはいる!?

デパコスの憧れといえば「TOM FORD」♡お値段ははりますが、高級感のあるパッケージとモードな雰囲気の高発色アイテムのラインナップで大人女子をトリコにさせています。 なかでも人気の「アイカラー クォード#4A (ハネムーン)」は雑誌にも頻繁に登場する人気カラー。そんな人気カラーのそっくりパレットがプチプラの「RIMMEL」で発見!さっそく徹底比較してみましょう。

デパコスの憧れ「TOM FORD」VSプチプラの「RIMMEL」



デパコスの中でも高価格帯で、憧れブランドであるTOM FORDの人気パレット「アイカラー クォード#4A (ハネムーン)」。

一度はどこかで見かけたことがあるのではないでしょうか。


今回はそっくりカラーと噂のプチプラのパレットと比較してレビューしたいと思います。


TOM FORDとRIMMEL、発色の違いは?



TOM FORDは全体的に高発色でありながら、やや透け感があり濃淡が調整しやすい発色です。

さらに、一見派手色のパレットにも見えますが、肌にのせてみるととても肌馴染みが良い赤み系のブラウンです。

これならカラー系のアイシャドウが苦手な方も、チャレンジしやすいかと。


RIMMELはTOM FORDに比べ少し発色は劣りますが、こちらも濃淡が調整しやすい発色です。

色味はTOM FORDに限りなく近いのでとても驚きです。


ただ、肌にのせてみるとRIMMELのほうが全体的に深みのある赤みなので、全く同じ発色とは言い切れませんが・・・並べてみても、とても似ていますね。


TOM FORDとRIMMEL、粉質やラメ粒の大きさの違いは?



左:TOM FORD

右:RIMMEL


TOM FORDは粒子がとても繊細で、さらっとした粉質です。

さらにラメの粒子もとても細かいので、まぶたにのせるとツヤ感がとてもきれいな印象に仕上がります。


ラメの主張というより、“うるうると濡れたようなツヤ感のあるアイメイク”を演出できるTOM FORDの商品力には感心です!



TOM FORDの粉質は画像でもわかる通りとても上品な雰囲気です。


RIMMELは全体的にやや粒子が粗くラメの粒子も若干大きめですが、さらっとした粉質は似ています。

さらに、TOM FORDよりもラメ感が目立ちます。

ただ、ギラギラした仕上がりではなく日常使いしやすいラメ感なので悪目立ちせずに使えます。


TOM FORDとRIMMEL、色持ちはの違いは?



左:RIMMELを試し付け直後

右:数時間経過後


TOM FORDはさらっとした粉質でありながら粉飛びもせず、まぶたにのせるとぴたっと密着してくれ、密着度も優秀です。

粉っぽくもならないので瞬きをする度にツヤっとした輝きと色味がきれいに持続します。


RIMMELもTOM FORDに似て粉飛びはあまり気になりませんが、ラメ感の強い左上のカラーのみ少し粉飛びが気になります。

さらに、まぶたにのせた瞬間の密着度はあまりTOM FORDと変わりませんが、時間が経過するとラメ感の輝きが半減してしまうのであまり色持ちは期待できません。


TOM FORDとRIMMEL、各種トータル評価



<商品>

トムフォード アイカラー クォード #4A (ハネムーン) /10,120円(税込)


<商品>

リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ( 016 ガーネットカッパー) /1,650円(税込)


トムフォード アイカラー クォード #4A (ハネムーン)

発色:★★★★★

粉質:★★★★★

色持ち:★★★★★


使ってみないとこの価値はわかりにくいですが、お値段以上の満足度が高いアイテムで見事パーフェクトです!


リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ( 016 ガーネットカッパー)

発色:★★★★☆

粉質:★★★★☆

色持ち:★★★☆☆


プチプラでありながら、デパコスに引けを取らない発色や粉質に驚きです。



TOM FORDの人気パレットとプチプラとの比較レビューはいかがでしたでしょうか。

プチプラのRIMMELは限りなくTOM FORDに近い色味であり、総合的な商品力もお見事でした!


TOM FORDのそっくりカラーがプチプラで手に入るなんて・・・試す価値大ですね。

高価で少し手を出しにくいという方はぜひRIMMELのパレットをお試ししてみてください♡

関連記事

Writer : Miehann さん
PR &WRITER /海外コスメ&オーガニックコスメ好き /美容と旅を軸に多ジャンルでの発信をしています。 https://www.instagram.com/miehann2015/

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking