運動不足でお腹がヤバい!?ウエストのお肉を撃退するヨガポーズ3選

外出自粛が続いており、今年はゴールデンウィークもstay homeですね。 出かける機会がないと、気になってくるのが運動不足です。身体を動かしていないせいで「ちょっと太ってきたかも…?」と気になってきた女性も多いと思います。ウエストは身体の中で、1番お肉がつきやすい場所。今しばらく外出自粛は続きます。 自宅でできるお腹のお肉対策にヨガはいかがでしょうか? 今回はウエストのお肉を撃退するヨガポーズをご紹介します♪

在宅勤務でお腹にお肉がついてしまう原因と対策!



在宅勤務になってから、通勤していた頃より知らない間に太ってしまったという話もチラホラ耳にします。 


今後もしばらくこの状況は続くので、まずは原因を突き止めて対策も練りましょう。 

お腹にお肉がついてしまう原因をみてみましょう。 


生活ルーティンの変化


在宅勤務により、通勤時間などがカットされています。


いつもより遅寝遅起きになっていませんか? 

遅寝遅起きは体内時計を乱し、太りやすくなると言われています。 


できたら今まで通りに起き、通勤時間は軽いヨガのエクササイズやストレッチに当てましょう。 


ついお菓子を食べてしまう


外出自粛により、お菓子の自粛ができなくなっている人も多いようです。


職場だとまわりに人もいて、身のまわりにお菓子もなく、無理なく間食が控えられます。 

ですが自宅では好きな時間に間食放題。


間食はなるべく糖質、脂質が少なく噛みごたえがあるものにしましょう。 

酢昆布、スルメ、糖質カットされたお菓子がオススメです。 


運動不足


在宅勤務で太ってしまう原因の1つは運動不足。


通勤だけでもそこそこ歩いていたという方も、今はその分カロリーが消費できていないでしょう。

ご飯を減らすよりも、通勤時間をエクササイズに当てるのは健康的に痩せるにはオススメです。 


自宅でできるヨガは、運動不足解消のエクササイズにオススメです♪ 


ウエストのお肉を撃退するヨガポーズ3選♪


日々の積み重ねでウエストは引き締められるものです。 

手遅れになる前に、毎日のヨガポーズでウエストのお肉を撃退しましょう! 


かんぬきのポーズ



初心者向けの簡単なヨガポーズです。 

簡単ですが、普段は伸ばさない体側を気持ちよくストレッチできるかんぬきのポーズ。 


手から脇、腹横筋というお腹の横の筋肉を通って骨盤までを、上体を横に傾けて伸ばし、上半身の血行を促進してくれます。 


股関節まわりも同時に伸ばし、全身の血の巡りがよくなり、代謝アップにつながるポーズと言われています。 


【やり方】



①ひざ立ちになり、ひざの間はげんこつ2つ分ほど開きます。



②右足を横に伸ばします。

股関節の開きにそって、真横ではなく少し斜め前になるように注意しましょう。



③ゆっくり息を吸いながら左手を上にあげ、吐きながら右に上体を傾けます。

右手は伸ばした足に添えて身体を支えましょう。 

そのままゆっくり3〜5回深く呼吸します。 


終わったら反対側も同じようにやります。 


【ポイント】


横に上体を傾けた時に、上体が前傾しないように要注意しましょう。 

壁に背中をつけているイメージで行うと良いでしょう。


ねじったサイドアングルのポーズ



足を前後に大きく開き、手先から足先までよく伸ばせるサンドアングルのポーズです。 


今回はそれにねじりも加えたバージョンで、更にウエストの筋肉の刺激につながります。 

ヨガのポーズでよくある「ねじり」は、普段やらない行為。 


ウエストをギュッとねじることで、お腹まわりの筋肉はもちろん、内臓も刺激されて活性化されると言われています。 


【やり方】



①四つん這いから、両足を後ろにのばした、プランクポーズになります。



②ゆっくり息を吸い、吐きながら大きく左足を手と手の間に踏み込みます。

この時踏み込んだ足のひざが90度に曲がるように調整します。 



③再び息を吸い込みながら右手をまっすぐ上に伸ばし、ウエストをねじります。 

このままゆっくり3〜5回呼吸します。


終わったらプランクポーズに戻り、反対側も同じようにやります。 


【ポイント】


床に着いた手をしっかり下に押して、身体を支えてねじりましょう。 

ねじったサイドアングルのポーズになったら、息を吐くタイミングで更にねじるとポーズを深められます。 


ねじったイスのポーズ



イスのポーズは、文字通り空気イスに座っているようにひざを曲げるポーズです。 

シンプルだけれども、燃焼度が高いことで有名なポーズです。 


今回は更にねじりを加えることで、ウエストへの刺激を強化します。 


【やり方】 



①足をまっすぐにそろえて立ち、手は胸の前で合掌します。 



②息を吸い、吐きながら椅子に座るようにお尻を後ろに引きながらひざを曲げます。 



③そのまま再び息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら左にウエストからねじります。

右肘を左の太ももの外側に引っかけてポーズをキープします。 

そのままゆっくり3〜5呼吸します。


終わったら反対側も同じようにやります。 


【ポイント】


足は太もも同士をギュッと押し合うようにすると、ポーズをキープしやすいでしょう。 

背筋が丸くならないように気をつけましょう。 



ウエストのお肉に効果的なヨガポーズを3つご紹介しました。


ヨガポーズはお手軽な気分転換にもなります。 

ぜひヨガポーズでおうち時間を更に充実なものにしてくださいね♪

関連記事

Writer : 愛太郎(まなたろう) さん
ダンサー兼ヨガインストラクター。 12年ほどの海外生活後、帰国。 全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター資格200時間取得。 特技はダイエット。https://yogataro.com

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking