男性が「寂しいな…」と感じている時に女性に送るLINE

女性にくらべて、寂しさを感じたときにも、なかなか素直に気持ちを表現できないのが男性という生き物。 女性側からしても、男性が寂しさを感じているかどうか、見分けるのはなかなか難しいものです。 そこで今回は、男性が寂しい気持ちになったときに、女性に対して送るLINEの内容について紹介。 世の男性たちは、LINE上でどのように寂しさを表現するのでしょうか。

男性が「寂しいな…」と感じている時に女性に送るLINE


突然「何してるの?」と聞いてくる


「どれだけ寂しくても、自分から『寂しい』っていうLINEは送れないです。
でもどうしても寂しいときは、好きな女の子に『今何してるの?』ってLINEを送ってしまいますね。

この質問なら、ほぼ100%の確率で返信してもらえるじゃないですか。
そこからLINEのやり取りが続いて、あわよくば電話とかできれば、もうこれは完全に作戦勝ちです」(27歳男性/会社員)

男性から、唐突な「今何してるの?LINE」を受け取った経験のある女性は、意外と多いのではないでしょうか。

実はこのメール、男性からの寂しいアピールだったようです。

男性からの「今何してるの?LINE」を受け取ったときは、寂しさが紛れるように相手をしてあげましょう。


やたらと暇アピールをしてくる


「女性も同じだと思うんですけど、寂しいときってちょっと「かまってちゃん」な気分になるじゃないですか。
でも男が「かまってかまって」とは言えないから、「今暇なんだけどさ」みたいな感じでカッコつけたLINEを送ってしまうんですよね。

本当はただ寂しいだけのクセに(笑)。
もし気になる男性から今暇アピールなLINEが来たら、しっかりかまってあげてくださいね」(28歳男性/公務員)

「今暇なんだけどさ……」という類のLINEも、よく見かけますよね。

実はあのLINEも、男性の寂しい気持ちを代弁しているものだったようです。

男性から暇アピールのLINEが来たら、寂しさが紛れるようやりとりを続けてあげましょう。


絵文字などを使わず不機嫌な雰囲気を漂わせる


絵文字などを使わず不機嫌な雰囲気を漂わせる


「男は「寂しい!」ってなかなか素直に伝えられないんですよ。
なんかかっこ悪いと思われそうで、怖いんですよね。
かと言って、相手にすり寄るようなこともしたくないし。

だから、あえてLINEで不機嫌な雰囲気を漂わせて、相手に「どうしたの?」って言われるように仕向けてみたりするんですよ。
意外と女々しいんですよ、男って」(26歳男性/SE)

ちょっと女性っぽいやり方なような気がしますが、実は男性もLINE上で駆け引きを行っているのです。

絵文字などを一切使わず、少し怒っているような雰囲気を出していたら、相手から「どうしたの?」とかまってもらおうとしているでしょう。

普段とは違って、テンションが低いようなLINEが来たら、相手の男性が寂しさを感じているタイミングなのかもしれません。


男性はLINEで遠まわしに寂しさを伝えてくる


男性からのLINEで相手の本心を読み取るのは、女性同士よりも難易度が高くなります。

相手の男性が、寂しさを伝えてこようとしているかを判断するには、男性という生き物の特徴を知っておくことが大切。

今回紹介したような文面がLINEで届いたら、相手が寂しがっている可能性が高いと言えます。

寂しさを紛らわせてあげることが、恋愛への第一歩になるかもしれないので、適当に返事をするのではなく、きちんと相手をしてあげてくださいね。


(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・送る前に要確認!男性を困らせる「ダメLINE」の特徴

・美人じゃないのに! 男性の「恋愛対象」になりやすい女性の特徴

・男性に聞いた「ずっと可愛く見える」のってどんな子?

・脈ありサインかも!男性が「気になる女性」に送るLINE

・男子の本音!仕事中に彼女のことが恋しくなる瞬間

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking