テレワークの合間に簡単スッキリ♡集中力がアップするヨガポーズ3選

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続いております。 今はテレワークが導入されている会社も多いのではないでしょうか? 通勤ラッシュを避けられるのは有り難いことですが、テレワークにも問題点はちらほらありますよね・・・。 問題点としてよく耳にするのは「集中力が続かない・・・。」というお悩みの声です。 確かに自宅で集中力を保つのは、とても自制心が必要になりますよね。 そこで今回は、集中力が続かないとお悩みを持つ方にオススメな【集中力アップを手助けするヨガポーズ】を3つご紹介いたします♪ すきま時間を利用してぜひ、実践してみてくださいね!

テレワークでは集中力が切れてしまう



テレワークは便利ですが「おうちでは仕事に集中できない」というのはよく聞きますよね。


お子様やペットが一緒に遊ぼうと寄ってくるから、というのは具体的な例の1つです。

しかし、1人暮らしでも「なんだか集中できない」とお悩みの方は多いはず。


オンオフが難しい


仕事モードとリラックスモード、オンオフが難しいのは集中力が続かない大きな理由の1つ。


会社勤めの人にとって、おうちは今まではリラックスする場所でしたよね。

ですが今はその場所で仕事をしなければなりません。


同じ場所にいるため外からの刺激もなくオンオフが上手くできないと、心身ともに仕事モードにならないようです。 


オンオフを上手く切り替えるためには今まで通りに起き、通勤時間はヨガをするなどエクササイズなどにあて、仕事モードに持っていく必要があります。


1日中部屋着ではなく、着替えをすることも気分を変える大きなポイントになるそうです。


時間の感覚が鈍る


おうち時間が長くなると、時間や曜日の感覚が鈍ってくることもあると思います。


そうすると自律神経の働きが鈍り、日中は意識をシャキッとさせ夜は休もうという、切り替えが上手くいかなくなってしまいます。

いざ集中したい時に、仕事モードに切り替わりにくくなってしまうことも…。 


自宅に居ても感覚を鈍らせないように、カーテンを開けて太陽を浴びたり、夜は仕事はやめてヨガをしてリラックスするなどの工夫が必要です。 


テレワークにおすすめ!集中力がアップするヨガポーズ3選!



ヨガをおうち時間のルーティンに取り入れることは、身体も気分もリセットできモードの切り替えの手助けにもなります。


朝の通勤時間代わりのエクササイズや、仕事の合間のリフレッシュにヨガポーズはオススメです。

今回は集中力アップに効果的な3つのポーズをご紹介します。


集中力がアップするヨガポーズ①蓮華座のポーズ



蓮華座(れんげざ)のポーズはヨガの代表的な座位のポーズの1つ。


蓮の花に形がにていることから、蓮華座のポーズと呼ばれています。

呼吸法や瞑想を行う時に適した座り方で、背筋を伸ばして気分をスッキリさせる効果がみられます。


独特な足の組み方は、股関節まわりの柔軟性アップにも効果的です。 


【やり方】



①あぐらになります。



②右足を左足の付け根に載せます。 



③左足も右足の付け根に載せます。手のひらを上にしてひざの上に置きます。 

そのままゆっくり3〜5回呼吸します。


終わったら足を組み換えて、同じように行いましょう。 


【ポイント】


見た目はシンプルですが、股関節まわりの柔軟性が低い人は両足を持ってくるのが大変かもしれません。

その場合は、軽減法として片足ずつ行いましょう。 


集中力がアップするヨガポーズ②ウサギのポーズ



ウサギのポーズは、ヨガの逆転のポーズと呼ばれるものの中でも初心者向けのポーズです。


逆転のポーズは普段は上にある頭をしたに持ってくることで、身体を逆転させて頭に血行を促進します。

頭をリフレッシュして、集中力アップにもつながるポーズです。


ウサギのポーズでは、頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)のツボを刺激し、自律神経を整えると言われています。


頭をスッキリさせたい時や、夜は寝る前に行っても安眠効果が期待できます。


【やり方】 



①正座になり、上体を倒してチャイルドポーズになります。



②手を顔の横に置きます。



③前に頭を転がすようにして、頭のてっぺんを床に持ってきます。

そのままゆっくり3〜5回呼吸します。


【ポイント】


首の後ろが伸びて気持ちいいポーズです。 

首に痛みや違和感がある方、首に古傷がある方はこのポーズは控えましょう。 


集中力がアップするヨガポーズ③木のポーズ(バリエーション)



木のポーズはヨガの代表的なバランスポーズの1つです。

比較的簡単なので初心者向けと言えるでしょう。


バランスポーズは集中して、身体の重心を見つけないとできないポーズであり、集中力アップに効果的と言われています。


今回は足をハーフロータス(半分の蓮華座のポーズ)にしたバージョンです。

手は後ろで合掌にすることで、肩甲骨を動かし、姿勢をまっすぐにする効果も期待できます。


【やり方】



①右足をつかんで、左足の付け根に持ってきます。



②手を背中で合掌にします。



③そのままゆっくり息を吸い、吐きながらひざを曲げつつ、上体を前傾させます。


そのまま3〜5回呼吸します。

終わったらまっすぐに戻り、反対側も同じようにやります。


【ポイント】


どこか1点を見つめると、バランスが取りやすくなるでしょう。 

ひざを曲げて伸ばすエクササイズも焦らずにゆっくりやってみましょう。



おうち時間は時間の感覚が鈍ってしまい、集中力も低下しがち。

ヨガのポーズは心と身体のリフレッシュに効果的です。


集中力アップヨガポーズで、テレワークも効率アップしましょう。


この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : 愛太郎(まなたろう) さん
ダンサー兼ヨガインストラクター。 12年ほどの海外生活後、帰国。 全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター資格200時間取得。 特技はダイエット。https://yogataro.com

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking