マスクでも1日中守りたい!崩れにくいベースメイクの作り方

コロナウイルス流行の影響で、日々マスクを着用し過ごしている人がほとんどだと思います。 女性はマスクをするとメイクが崩れやすく、これもまたストレスの1つになります。 今回はそんなマスクメイクでお悩みの女性に向けた、ベースメイクの方法をご紹介します。

スキンケアはしっかりと保湿を!



まず紹介するのはスキンケアからです。


マスクをするとどうしても気になるのが、マスクが肌に当たる部分。

汗やベタつきで不快に感じることも多いですよね。


その為、さっぱりと仕上がるスキンケアをしてしまいがちですが、マスクの当たらない部分はいつも通りの肌環境です。
スキンケアは普段と変わらず保湿を心がけ、潤いのある肌を保つようにしましょう。


ベタつく部分は部分用下地でカバー



<商品>

セザンヌ 皮脂テカリお直し液 /638円(税込)


マスクで覆われている鼻周りの部分は、汗や皮脂によるベタつきが気になるところ。

マスク内は呼吸の蒸気で常に蒸されているような状態なので、いつもよりも汗や皮脂が多く感じます。


そこで使用したいのは部分用プライマー。
毛穴をカバーするための部分用プライマーは毛穴の凹凸を目立たなくして、皮脂や汗などの分泌物を抑える働きがあります。


サラっと仕上げる効果もあるので、マスクメイクの時には是非使用していただきたいアイテムです。
乾燥が気になるときはごく少量で、肌のベタつきが気にならない程度に使用しましょう。


化粧下地がファンデのノリを決めるカギ!



<商品>

フリープラス マイルドUV フェース /2,750円(税込)


顔全体用の化粧下地はしっかりと使用するようにしていきましょう。
なぜならば、化粧下地はその後のファンデーションのノリを決めると言っても過言ではないからです。


顔全体用の化粧下地はさらっとしたもの、保湿重視のものなどがありますが、この点はご自身の肌の調子に合わせて選んでください。


スキンケア同様に、1日の肌の調子やメイクの仕上がりをキープする大切なポイントにもなります。


ファンデーションはいつもより少なめでOK 



<商品>

シュウ ウエムラ アンリミテッド ラスティング フルイド /6,160円(税込)


スキンケアと化粧下地で保湿は万全な状態です。

そのため、ファンデーションはよれを防ぐためにさらっとしたテクスチャーのものを選びましょう。


また、使用する量を調整しやすいリキッドファンデーションがおすすめ。
使用量はいつもより少なめに、肌がきれいに見える程度が適量です。


あまり多く使うと時間の経過とともにファンデーションがよれやすくなってしまうので、カバーしたい部分はコンシーラーを使用しましょう。
コンシーラーもファンデーション同様、よれにくいテクスチャーのものがおすすめです。


フェイスパウダーは心地よい仕上がりを目指して



<商品>

エテュセ フェイスエディション (パウダー) /2,090円(税込)


最後の仕上げにはフェイスパウダーを使用します。
フェイスパウダーはファンデーションのよれや肌のベタつきを抑えるためにも、さらっと仕上がるものがおすすめ。


しかし、逆につけ過ぎると肌表面の乾燥だけではなく、不自然な肌色になってしまうこともあるので注意しましょう。


つける量はその時の肌の調子に合わせて調整します。
少しずつつけるようにし、肌の表面に触れた時の感触が心地よくさらっとしていればちょうどいいでしょう。


仕上がりは何より心地よさが大切です!


見えるところは明るく 



ここまでマスク着用でも崩れにくいベースメイクについて紹介してきましたが、もう1点大事なポイントがあります。

それは全体の見た目です。


マスクをしているとどうしても顔全体が暗く見えてしまいます。

そんな時はパープルの化粧下地に変えて透明感のある肌に見せたり、ファンデーションやフェイスパウダーを1段階明るい色にするのもおすすめです。


崩れないメイクと共に、印象良く仕上げることも忘れずに!!



いかがでしたか?

今回はマスクでも1日中守れるベースメイクについてお伝えしてきました。

ちょっとした工夫でマスクをしていてもベースメイクはキープできます。


メイク崩れが気なる方は、ぜひ参考にしてみて♪

関連記事

Writer : homari さん
コスメコンシェルジュと美容薬学検定1級を持っている、美容マニアです。 皆さんに、楽しい情報を届けられるよう頑張ります!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly