男性から「ウザい」と思われちゃう!?男性に引かれるLINEトークのNG4つ

LINEはもはや人間関係にも大きな影響を及ぼす、メジャーなコミュニケーションツールのひとつです。LINEの内容によっては壊れてしまう人間関係もありますよね。特に恋愛では注意が必要です。LINEの扱い方も人によって大きく異なるもの。自分はこれでいいと思っていても、相手には違和感がある場合もあるのです。LINEのミスコミュニケーションによって、気になる男性から知らないうちに「この子はないな〜」と判断されていたらガッカリですよね?今回は男性に引かれるLINEトークのNGをご紹介します。こんなLINEは男性からウザい!と思われてるかも?

LINEトークのNG①必ず「?」で終わる



まだそこまで仲良くない気になる男性とLINEを交換するのは、距離を近づけるためのステップになります。

気になる人とのLINEのやりとりは、ドキドキして楽しいですものです。


特に知り合って間もない頃は知りたいことがいっぱいで、つい色々質問したくなってしまいますよね。

ですが、そんな時こそ注意が必要です。


LINEの内容が毎回彼への質問で終わっていませんか?

なかなか終わりが見えないLINEのラリーには辟易してしまう男性も多いのです。


『〇〇くんは週末はいつも何してるの?』

「俺は映画見たり、友達と出かけたりかな。▽▽ちゃんは?」


『私は友達とご飯食べたりしてるよ。映画はどんなの見るの?友達とはどこに出かけるの?』

「アクションとか好きかな。友達とも映画館に行ったりしてるよ。」


『そうなんだ!オススメの映画とかある?どこの映画館に行くの?』


というような、いつも「?」で終わるLINEのラリーはウザいと思われてしまいます。


ひたすら続く質問は、尋問を受けているようで男性は疲れてしまいます。

男性は追うよりは追われたいという本能があります。


矢継早な質問は、男性を女性に追われているような気持ちにさせてしまいます。

せっかく「彼女、いいな」と好印象だったとしても、質問攻めのLINEによって印象が悪くなってしまうケースもあるのです。


LINEが苦手な男性も多いので、相手にテンポを合わせるように注意が必要です。


LINEトークのNG②追いLINE



女性の方がLINEやメールなどをコミュニケーションツールとして使う人は多いですが、男性にとっては違うものです。

男性によっては、ケータイをあまりチェックしないこともあり、大事な用件ではない場合返信が遅くなる可能性も…。


また、忙しい男性は仕事モードの時は既読してもすぐに返信する余裕がなく、後回しにすることもあります。


自分ならすぐに返信できるからと言って、それを男性に当てはめてしまわないように注意しましょう。

例えば気になる彼にLINEを送り、既読がついたのに返信が数時間経っても来ない場合…。


「あれ?もしかしてなんか変なこと書いてたかな?嫌われた?!」「えっ?既読スルー?ひどくない?!」

と勘違いして追いLINEをしてしまう女性も多いもの。


男性によってLINEの返信のテンポは違います。

特に女性よりも遅くマメじゃないケースも多々あります。


それなのに「なんか変なこと聞いちゃったかな?怒ってる?」「仕事中ですか?連絡ください。待ってます」というような追いLINEは男性の気持ちを萎えさせてしまいます。

「えっ?まだ返信してないだけなのに、なんか怖い。」と思わせてしまい、好感度を下げることにもなりかねません…。


LINEの返信のテンポは人それぞれ違うと念頭に置いて、必要以上に返信を急かさないように注意しましょう。


LINEトークのNG③長文LINE



男性が引いてしまうLINEのひとつに長文LINEがあります。

気になる男性には色々伝えたいものですが、相手から長文LINEが来たのならともかく、LINEは同じくらいの文章の量で返信したほうが引かれないでしょう。


例えば会話の流れで「〇〇ちゃんはどんな音楽が好きなの?」と聞かれたとします。

もしあなたが音楽好きだった場合、好きなアーティストについて語りたくなってしまうかも知れません。


だからと言って、「私は▽▽っていうアーティストが好きなんだ。あまりメジャーじゃないけど、一部ではすごく有名でね、〇〇っていうアルバムがあるんだけど…」と長文の返信が来ると、「うわっ読むの面倒くさいな…」と思ってしまう男性も少なくはないでしょう。


男性はLINEよりも会った時に色々話したいと思っている人も多いです。

ですからLINEは手短に、「私は▽▽っていうアーティストが好きなんだけど、今度会った時に詳しく聞いてよ!」という返信の方が好まれるでしょう。


短いLINEに長文LINEが返ってくるとギョッとしてしまうので、文面の熱量は相手と同じくらいになるように心がけましょう。


LINEトークのNG④一日中送られてくる



女性の中には「好きな人とはずっと繋がっていたい♡」と思い、彼氏や思いを寄せる男性に「おはよう」から「おやすみ」までLINEを送りたい方も多いと思います。

ですが一日中送られてくるLINEは、男性にはウェルカムじゃないことも多いのです。


気になる女性とLINEを交換した男性は、最初の頃は嫌われたくない気持ちから、頑張ってLINEの返信を努力しようとするものです。

それを「彼は結構LINEがマメなタイプかも!」と思い、どんどん送る頻度が上がってしまい、結果として一日中LINEを送るようになってしまうことも…。


男性は本当はLINEが面倒くさいと思っているケースも多く、それがずっと続くと頑張り続けるのにも疲れてきて、だんだんと返信が滞ることもあります。


それを女性が「あれ?なんか返信遅いかも。もしかして嫌われた?」と勘違いすると、追いLINEなどをせっせと送ってしまいます。

結果として男性に「やっぱりこの子は無理!」と判断されてしまったりもするのです。


LINEをついたくさん送りがちな女性は、相手の男性に「LINEってよくする方?」と連絡の頻度などについて最初に話し合うと、このような失敗を回避できるかも知れませんね。



男性は女性よりLINEやメールが苦手なケースは多いものです。

好意がある男性からのLINEが減ったり遅かったりすると「私のこと嫌いになっちゃったのかも?!」と女性が焦ることで、問題が発生することもしばしば。


LINEの頻度や返信の速度と、男性の愛情は比例しないもの…。

そう念頭に置けば、LINEのミスコミュニケーションを回避できるのではないでしょうか?

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。

関連記事

Writer : 愛太郎(まなたろう) さん
ダンサー兼ヨガインストラクター。 12年ほどの海外生活後、帰国。 全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター資格200時間取得。 特技はダイエット。https://yogataro.com

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly