今こそポジティブに♪気分を上げて前向きになれるヨガポーズ3選

自宅にいる時間が長い今日この頃。気分が上がらずプチ鬱になっている方も増えていると聞きます。 普段と違って仕事もテレワーク、出歩く時間も減り、外の空気に触れることも少なくなっていますよね。 満員電車や三密を避けるのは大切なことですが、ずっと在宅ではメリハリがなく、気分が上がらないのはもっともです。 こんな時は自宅でできる、新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうか? ヨガに慣れている人はもちろん、ヨガをやったことがない方にもオススメの、ポジティブになれるヨガポーズをご紹介します♪

ヨガでポジティブになれる3つの理由



定期的に身体を動かす習慣がある方は実感しているかも知れませんが、身体を動かすと重かった心も一緒に軽くなりますよね。


それはどんな運動にも当てはまりますが、ヨガにもポジティブになれる理由は色々あるのです。
ヨガをするとスッキリする、主な理由をご紹介します!


身体がスッキリすると心もスッキリする


心と身体は一心同体。


悲しい時に背筋を伸ばしてバンザイしてしまう、というのは聞いた事がありませんよね。
悩みや不安があると自然と身体も萎縮して、筋肉がこわばったり背筋も丸くなるものです。


これを逆手にとり、身体を伸ばしてリラックスさせることで、心も軽くなりスッキリできると言われています。


ヨガの全身運動は、心も身体もスッキリさせてくれるのです。


頭がリフレッシュして集中力アップ


ヨガには逆転のポーズやダウンドッグなど、普段は上にある頭を下に持ってくるものが多いです。
身体の位置を逆転させることは、頭の血行が促進されてリフレッシュできると言われています。


脳に血が巡ることにより、集中力アップも期待できるのです♪


ヨガの呼吸法


緊張した時に深呼吸をして気持ちを落ち着けようとするのは、誰かに習ったわけでもなく、多くの人がやっている行為だと思います。


ヨガでは普段よりもたくさん息を吸い込み、深い呼吸を促しながらエクササイズをすることで、気持ちを落ち着ける深呼吸と同じ目的を果たします。


普段より深い呼吸をすることは、副交感神経を優位にしてリラックス効果があると言われており、ヨガの呼吸法は心の安定にもつながるのです。


ポジティブになれるヨガポーズ3選



さっそくポジティブになれるヨガポーズを行なってみましょう。
深い呼吸を意識しながら行うのをオススメします。


今回は、比較的簡単なヨガポーズを3つご紹介します。
心が少しスッキリするかどうか、3つセットで試してみてください!


平和な戦士のポーズ

 


下半身の筋肉を鍛えながら、体側を気持ちよく伸ばす平和な戦士のポーズ。
戦士のポーズは1から3まであり、ヨガの代表的な立位のポーズです。


戦士のポーズ2のポジションから、上体を伸ばしたものが平和な戦士のポーズです。
下半身は力強くキープしながら、上半身を長く伸ばすことで、背骨をストレッチして姿勢の改善に効果的と言われています。


手の先からお腹まで伸び、ウエストの引き締めにも効果が期待できるポーズです。


【やり方



①両手を横に伸ばして、足が手の下に来るように、足幅を広くして立ちます。

この時つま先は前方に向いているようにします。



②右足のつま先を90度右にかかとを中心に回転させます。



③顔も右に向けて右ひざを90度に曲げます。



④手のひらを上にして、息を吸いながら右手を前に引っ張って、ウエストごと前方にスライドします。



⑤息を吐きながら右手を上にあげ、左手は太もも又はスネに置いてポーズを支えます。


⑥このまま3〜5呼吸ほどキープします。

終わったら反対側も同じようにやります。


【ポイント】


上半身を反らせる時に下半身のポジションが崩れてしまうことが多いです。
曲げた足は90度に保ち、下半身は力強く、ぶれないようにキープしましょう。


ねじった立位の開脚前屈のポーズ



前屈は身体の後ろを伸ばし、柔軟性を高める効果があるポーズですが、苦手な人が多いです。
立位の開脚前屈は、足幅を広くとることで、前屈が苦手な人でもやりやすい前屈です。


頭を下にして血行を促進し、脳のリフレッシュにつながります。


今回はねじりを加えたバージョンなので、お腹をねじることによるウエストの引き締めや内臓を刺激して活性化する効果も期待できます。


ねじった立位の開脚前屈のポーズは、さまざまな要素がつまったものです。


【やり方】



①足は肩幅より広めに開き、つま先は前方に向けます。
②息を吸いながら両手を上に伸ばして、背筋も伸ばします。



③ゆっくり吐きながら、骨盤から折りたたむように上体を前に倒します。



④右手を真ん中につき、息を吸いながらウエストを左にねじり、同時に左手を天井の方へ上げます。

目線はなるべく天井を見ます。


⑤そのままゆっくり3〜5呼吸します。
⑥終わったら上げている手をおろし、反対側も同じようにやります。


【ポイント】


ひざを伸ばしているのが辛い場合は、軽く曲げて行いましょう。
ポーズになったら、息を吸う時に背骨を長く伸ばし、吐く時にねじるようにしてポーズを深めましょう。


木のポーズ



このポーズはヨガをやった事がない人も、どこかで見たことがあるのではないでしょうか?


木のポーズはヨガの代表的なバランスポーズです。


バランス感覚を養うための基礎的なポーズであり、集中力が必要になります。
身体の中心軸を冷静に意識していないとバランスを崩してしまうポーズなので、集中力を鍛えることにもつながります。


余計なことを考えずにバランスだけに焦点を当てるポーズでもあり、雑念を払ってストレス発散にも効果があると言われています。


【やり方】



①足をそろえてまっすぐに立ち、右の足首をつかんで左の内ももの付け根に足の裏をつけます。



②右足と左の内ももを押し合ってバランスを取ります。

手は胸の前で合掌します。



③そのままゆっくり手を上に上げて、Vの字に開きます。
④そのままゆっくり3〜5呼吸キープします。
⑤終わったら手を合わせて胸の前に戻し、反対側も同じようにやります。


【ポイント】


目線はまっすぐに1箇所を見つめるとバランスが取りやすいでしょう。
なかなか上手くできない人は足を足首やふくらはぎなど、低い位置から始めてみましょう。


程よいエクササイズは身体も心もほぐしてくれる効果があります。


家にこもっていると運動不足かつネガティブな気分になってしまうこともありますよね…。
ぜひポジティブになれるヨガポーズで気分転換してみてくださいね!

関連記事

Writer : 愛太郎(まなたろう) さん
ダンサー兼ヨガインストラクター。 12年ほどの海外生活後、帰国。 全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター資格200時間取得。 特技はダイエット。https://yogataro.com

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking