今こそ自信が大切♡こじらせ女子の特徴と脱却方法

過去の恋で心はボロボロ。あれから数年が経ち、傷は癒えたけれどどこかこじせらせているような……。恋がしたいと思っているはずなのに見栄を張っていませんか? ありのままの自分でいた方が周りからも愛されますよ♡今回は、こじらせ女子の特徴と脱却方法をご紹介します。

友人のSNSを見るたびに自分の日常と比較している



前回の恋が終わってから、自分の日常は自宅と会社を往復しているだけ。

ようやくお休みに入ってもSNSを見ているうちにモヤモヤモードに。


昔仲良くしていた友人たちは、いつの間にか結婚し、さらにはママになり連日のように子どもに関するエピソードを投稿中。

幸せな一瞬を一方的に見せられると、つい自分の日常がカサカサしているように思えて「いいね!」も押せずにSNSを閉じていませんか?


そもそも一回きりの人生にとってどんな状態が理想的で幸せなのかは、人それぞれ尺度は違います。

何を最優先に生きていたいかも変わってきます。


きっと友人のSNSと自分の日常を比較し続けても、そこから「正解」は見つからないんです。


本当は結婚したいのに「私は一人でも大丈夫」と周囲に宣言している



心の中では「結婚したい」と思っているのに周りの人たちに対して「私は一人でも大丈夫」と宣言していませんか?

本当に心から「一人が楽しい」「お一人様の人生も素敵かもしれない」と思っているなら問題はないけれど、結婚への憧れがあるのに無理やり偽者の自分を演じなくてもいいのです。


友達と会ったときにたとえ彼女が既婚者であっても結婚への憧れがあるなら「いつかは結婚してみたいんだよね」と本音を言うことで、もしかしたら周りも応援してくれるかもしれません。

強がり続けていても、いつかは疲れてしまいます。

いつも自然体でいられるようにもう少し肩の力を抜いてみませんか?


友人と話していると「タラレバ」が多い



こじらせ女子の最大の特徴は「タラレバ」が多いことかもしれません。


「あの時に元彼との結婚を選んでいたら今は幸せだったかもしれない」「仕事を優先するなんて彼に言わければ」と、過去の恋に執着していませんか?

終わった恋をいつまでも引きずっていても前に進めません。

どれだけ状況が厳しくなっても過去には戻れないんです。


友人との会話の中に「タラレバ」(特に自分の発言)が多いと感じるなら、そろそろタラレバは卒業しましょう。


こじせら女子が少しずつ自信を取り戻すためには、小さなチャレンジを大切にすること。


その小さなチャレンジが直接的に新しい恋へ繋がっていなかったとしても、前に進む「きっかけ」にはなっているはず。

そろそろ下を向きながら歩く日々から卒業しましょう!

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。

関連記事

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly