お別れに後悔無し!「別れて正解だった」と思える男性の特徴

別れた直後は自分も未練タラタラだったけれど、時間が経つにつれて「別れて正解!」と心から思える瞬間がきっときます。振り返ってみると我慢に我慢を重ねていたと後から気づくものなんですよね。二人に別れが訪れたということは、もうお互いに一通り相手から学び終わった証でもあります。今回は「別れて正解だった」と思える男性の特徴をご紹介します。

自分の人生プラン通りに彼女が歩んでくれないと不機嫌になる人



真面目で優しく浮気の心配もまったくいらない……。

でもそれがかえって重たく感じてしまうパターンもあるんです。


知り合いのある女性は、長く付き合っていた彼から「人生100年計画」を渡されました。

そこには何歳までに結婚し、何歳までに子どもをつくるというプランが練ってあったのですが、女性は生まれながらに持病を抱えていて今すぐに子どもを産めるとは断言できない状況だったのです。


結局、二人は別れてしまいました。

彼からは「価値観が違う」と一方的に言われたとか。


自分の人生プラン通りに歩まないと不機嫌になる、あるいは納得がいかず彼女に対して別れを切り出す男性は意外とたくさんいるようです。


でもそれって、彼女の意見や気持ちはすべて無視している状態。そのまま結婚しても、おそらく再びどこかで別れる結末になっていたでしょう。


彼女の成功を喜べない人



彼女が仕事で結果をだした、あるいは成功した。

本来なら彼氏としては喜ぶべきタイミングですが、なかには自分以上に輝いていることに納得がいかない彼もいるようです。


彼女だって今日の今日で結果を出したわけではありません。

何年も前から計画し、地道に働き続け、誰よりも努力してきたからこその結果です。


一番側で見ていたはずなのに、なぜか誰よりも理解できなかったりするんですよね……。


彼女の成功を心から喜べない人と人生を共にしても、ずっと相手に対して気を遣い続けるだけかも。

今は「別れてよかった」と思えなくても、数年後には「あの時、別れて正解だった」と思えているはずなので大丈夫です!


体調が悪かったり悩んでいたりしても献身的にサポートできない人



筆者の古くからの友人(女性)は、どちらかというとバリキャリさんタイプ。

ただハードワークだからこそ体調を崩す頻度も多かったり、悩みも尽きずにひとりで抱え込んでいたりしていたそうです。


しかし肝心の彼は「君なら大丈夫だよ~」だけで終了。

すぐに駆けつけるわけでもなく、LINEで話を聞いてくれるわけでもなく、自分の就寝時間がきたら「おやすみなさい」と彼女からの連絡を強制終了。


いざというときに支えてくれない人を彼氏にしていても、ただ虚しいだけです。

きっと、どれだけこちらが尽くしても彼はそれが当たり前と思っているか、もしくは自分からは歩み寄る必要はないと考えているのかも。


献身的にサポートしてもらえないなら、もっと紳士な振る舞いができる男性を探した方が良さそうです。


お金に対してケチ・うるさい人



お金に対する価値観が違うのは、パートナーシップ上一番大変な問題。

彼氏が貯金体質で彼女は浪費家……。


浪費家といってもバリバリキャリアを積んでいて「買い物は勉強」と言っている彼女に対し、彼は食事代を1円単位まで割り勘するような人だったら、さすがにこの二人は関係が続きませんよね。


むしろここまでの状況になったら、それぞれが別のパートナーを選ぶべきと誰もが思うでしょう。

派手にお金を遣う人よりも堅実でいてもらえた方が有難いですが、あまりにも細かく指摘されるのは、ちょっと大変かも。


別れた瞬間はつらいかもしれないけれど、意外と数年経ってみると「あの人とは無理だったなぁ」と思えているはずですよ。



別れた直後は、お互いに未練タラタラの状態。ときどき連絡したり、今までのように会ったり。

ところが大きくすれ違ってしまうと、もう元には戻れない流れになっているのも事実なんです。


二人が努力しても溝は埋まらない……。

彼への執着を手放せば、新しい恋人とも巡り合い「別れて本当に良かった」と心から思える日が来るでしょう!

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising

関連記事

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking