【フーミーvsエテュセ】簡単におしゃ顔に♡注目の赤みブラウンマスカラ比較レビュー

黒ではなく、あえて抜け感をつくるカラーマスカラが流行中。数年前はパキっと発色してくれるカラーマスカラが人気でしたが、ここ数年はさりげない発色の『ニュアンスカラー』が今っぽい。カラーメイクに抵抗がある方も普段使いしやすく、マンネリしたメイクもガラッと印象を変えてくれる優れもの。今回は話題になっている赤みブラウンのニュアンスカラーマスカラ2色をご紹介します。

あえて黒は選ばない、格上げメイクの鍵♡ニュアンスカラーマスカラ比較



 

最近ではあえて黒いマスカラを選ばない方が多く、ニュアンスカラーマスカラが大人気。

いろんなブランドから様々なカラー展開が増えていますね。


今回は今も品薄で大人気の「フーミー」のロング&カールマスカラとリニューアルして話題の「エテュセ」のアイエディション  (マスカラ)をピックアップして比較します。


赤みブラウンカラーマスカラ比較♡発色は?



左:フーミー
右:エテュセ


フーミーは肌なじみの良い落ち着いたトーンの発色です。

ブラウン寄りのピンクなので、派手すぎる印象にならず、普段使いもしやすいです。


エテュセは細かいまつげもキャッチしながら、自まつげが伸びたような繊細な印象に仕上がります。

ロング効果はフーミー同様にあまりないので同等です。


さらにエテュセはセパレート効果もあるので、まつ毛同士がくっつくことなくダマになりにくく、重ね塗りをしても仕上がりがきれいです。


また、ブラシの先端がコンパクト形状なうえに柔軟に曲がるので、マスカラを塗るのが苦手な方も使いやすいです。
 

赤みブラウンカラーマスカラ比較♡仕上がりの印象やロング効果



フーミーはナチュラルに自まつげがカラーリングしたような印象になり、おしゃれな目元に仕上がります。

ロング効果はあまりなく、さりげない長さがより瞳の美しさも同時に格上げしてくれる雰囲気。


ただ、重ね塗りをすると若干ダマになりやすいテクスチャーなので注意が必要です。


エテュセは細かいまつげもキャッチしながら、自まつげのようなさりげない繊細な長さに仕上がります。
セパレート効果もあり、ダマになりにくい点も高評価です。

さらに、ブラシの先端がコンパクト形状なうえに柔軟に曲がるので、マスカラを塗るのが苦手な方も使いやすいです。


赤みブラウンカラーマスカラ比較♡カールのキープ力は?



メイクしてから5時間後
上:フーミー
下:エテュセ


フーミーはあまりカールキープ力がないので、ビューラー後はマスカラ下地を仕込んだほうがよりカールがきれいに仕上がるでしょう。
ただ、自まつ毛のようなさりげないカールがお好みの方は、仕上がりのこのバランスがやみつきになるかも・・♡


エテュセはマスカラ下地を使わなくても、カールキープが優秀なので、時間が経過してもあまり仕上がりに変化は見られませんでした。


さらに、汗・皮脂・涙、にじみにも強く、総合的にキープ力が高いです。
そのうえ、お湯で落とせる点も使いやすく、毎日使いのマスカラとしても出番が多そうな予感。


トータル評価



<商品>
フーミー ロング&カールマスカラ(テラコッタピンク) /1,650円(税込)


発色:★★★★☆
仕上がり:★★★☆☆
キープ力:★★☆☆☆


ニュアンスカラーの発色がとてもきれいなので、星4つ。

仕上がりやキープ力はお好みにより評価基準が異なるのでこちらの評価に。


<商品>
エテュセ アイエディション  (マスカラ) 02. バーガンディブラウン /1,200円(税抜)

発色:★★★☆☆
仕上がり:★★★★☆
キープ力:★★★★☆


ニュアンスカラーだけでなく、従来の商品では手に入らなかった繊細なまつ毛の仕上がりや使い勝手も含め、高評価に。



2種の比較はいかがでしたでしょうか。
どちらも控えめな発色で、とても使いやすいニュアンスカラーのマスカラでした。
より繊細でナチュラルな仕上がりをお好みの方は、キープ力も高い「エテュセ」がおすすめです。
 

旬のメイクやマンネリメイクには「フーミー」をお試しください。
きっとマスカラ1本でメイクの幅も広がるので、この春ぜひトライしてみてくださいね。

関連記事

Writer : Miehann さん
PR &WRITER /海外コスメ&オーガニックコスメ好き /美容と旅を軸に多ジャンルでの発信をしています。 https://www.instagram.com/miehann2015/

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking