朝ごはんの後にヨーグルトじゃなきゃ意味が無い?お手軽レシピ付

朝起きて、ひとまずヨーグルト飲料やヨーグルトを・・・という方、多いのではないでしょうか? でも、ちょっと待って!!そのヨーグルト! 食べ方を間違うと、折角の乳酸菌が胃の中の酸に全て壊されてしまう可能性も。 効果的なヨーグルトの食べ方、レシピありでお届けします♡

ヨーグルトと聞いて思い浮かべるのは


ヨーグルトダイエットやヨーグルトで便秘解消など、

ヨーグルトには体調を整え、整腸作用があるというイメージがありませんか?

食べ方さえ合っていればその通りなのですが、

体が酸性に傾いた状態や胃酸が強い状態で摂取すると、

折角の乳酸菌が活きて腸まで届かない可能性があるのです。




活きた状態で乳酸菌を腸に届けるには


寝起きは体内の水分が少ない状態で、

胃も空っぽなので、胃酸が強い状態です。

コップ一杯の水などで水分補給をし、

果物でも大丈夫ですので他の食事を摂取してから

ヨーグルトを摂取すると、

乳酸菌を体内でフル活用することができます。


 



効果的にヨーグルトを取り入れた朝ごはん



 

ヨーグルトレシピを検索すると、

沢山のレシピが出てきます。

その中でも手軽に摂取できて、

女性が必要な栄養素が摂取でき、

尚且つ美味しくてオシャレなヨーグルトレシピをご紹介します。




定番中の定番 アサイーボウル


以前はハワイなどのリゾートでしか

なかなか食べられなかったアサイーですが

最近はスーパーなどでも手軽に手に入るようになりました。

冷凍庫にストックしておくと、急な来客時にも使えるので便利です。


<材料>

冷凍のアサイー パック分けだと便利です

ヨーグルト お好みで無糖

バナナや無ければ缶詰めの果物

ブルーベリーや苺などがあれば、お店の様な仕上がりに

※無くてもOK

グラノーラなどのお好みのシリアル適量


甘いものがお好きでしたらはちみつなどで

甘さを調節して下さい。

なるべく自然由来のものをおススメします。

あればミントなど


①冷凍のアサイーは冷凍庫から出して解凍しておきます。

②ボウルにグラノーラなどシリアルを入れます。

③バナナやベリー類をカットして準備しておきます。

④冷凍のアサイーとヨーグルトをハンディミキサーなどで攪拌
 

Writer : LEON さん
海とワインを愛する主婦 趣味はドライブ 悩みはシミそばかすなどの肌トラブルやアレルギー

おすすめ記事

Ranking