美人は夜作られる!ぐっすり眠れるリラックス法♡

「美人は夜作られる」といいますが、美容と睡眠は密接な関係があります。美容だけでなく、疲労回復、ストレス減少など、様々な効果をもたらしてくれるという良質な睡眠♡そんな効果が得られるぐっすり眠れるリラックス法をご紹介します!

良質な睡眠は究極の美容液!



出典:weheartit.com


1.  なぜ美容には良質な睡眠が必要なの?


人間の身体の細胞は睡眠時間に新陳代謝を行う仕組みになっています。

最も適した時間帯「睡眠のゴールデンタイム」に深い眠りに入っていると、一気に「成長ホルモン」が多量に分泌され、身体や肌の細胞の修復・再生を促し、また、新陳代謝を促進させます。

正に良質な睡眠は究極の美容液なのです!


2. 「睡眠のゴールデンタイム」とは?


22時~深夜2時の間がゴールデンタイムといわれています。

眠り始めてすぐに深い眠りである「ノンレム睡眠」に入り、この時、「成長ホルモン」が活発に分泌されます。「睡眠のゴールデンタイム」に眠りについた直後3時間に、美容や健康に役立つ成長ホルモンが最も多く分泌されるというわけです。


3. 美容の他にもメリットが!


「睡眠のゴールデンタイム」に眠ると他にもたくさんメリットがあります。

成長ホルモンには美容の他にも身体をメンテナンスする働きもあり、運動や労働によって破損した細胞組織の再生、疲労回復効果もあります。

また、風邪や生活習慣病を防止する免疫向上や、体内の脂肪を分解しエネルギーとして使用するので太りにくくなるメリットも!


良質な睡眠を促すリラックス法♡



出典:free-photos.gatag.net


1. ぐっすり眠れる寝室環境を整える


出典:weheartit.com


寝る環境が心地良ければ、心身共にリラックスして眠れますよね。

寝具には落ち着いた色調を選び、自分の体型や好みに合ったものを選びましょう。

就寝前は眠気を誘うほのかな明かりの中で過ごし、携帯電話やパソコンを見るのは避けましょう!


2. 就寝2時間前にぬるめのお湯でゆったり入浴


出典:weheartit.com


ぬるめのお湯は、副交感神経の働きを促し、血行を促進します。

入浴してから、身体の深部が最も眠りに適している温度になるのが約2時間後。

そのため入浴は眠る直前ではなく、2時間ほど前に済ませておくと、心地良い眠りに入りやすくなります♡


3. アロマの香りで心地良い眠りを


出典:weheartit.com


香りは快適な眠りのためにとても効果があります。

アロマの香りは副交感神経を働かせ、精神をリラックスさせてくれます。

心地良い眠りに誘うラベンダーやカモミールなどの香りがおすすめ♪

どちらも神経の緊張、不安な気持ちを静めて、安らかな睡眠へと促す効果をもたらしてくれるでしょう。


4. 温かいハーブティーでリラックスタイム


出典:weheartit.com



眠りにつく1時間前くらいに温かいハーブティーを飲むと安眠に効果的です。

おすすめはカモミールティー♡

神経を鎮静させ、精神をゆったりさせてくれる安眠誘導作用があり、心身ともにリラックスして自然な眠りへ。


5.  1分で眠りに落ちる!478呼吸法


出典:jp.freepik.com


アメリカの著名な健康指導者、アリゾナ大学アンドルー・ワイル医学博士が考案した「478呼吸法」と呼ばれる瞑想法で、なんと1分で眠れるという凄いもの!


1. 一旦、口から息を吐ききる

2. 口を閉じて、鼻から4秒かけて息を吸う

3. 7秒間息を止める

4. 8秒かけて口から息を吐き出す


これを3セット繰り返します。

簡単にできて心を落ち着かせる効果があり、なかなか眠れない人は、この呼吸法を行うと気持ちが静まってよく眠れるとのこと。

是非お試しを!



美肌、疲労回復、免疫向上、精神のリラックスなど、本当に様々な効果がある睡眠♪

美容と健康のために、今晩から良質な睡眠を心掛けてみてはいかがでしょうか♡

Writer : Carry Anne さん
美容、健康、恋バナ大好きなアラフォー女子です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking