今日は乗り気じゃない…!彼氏とのデートを上手にお断りする方法

彼とのデートは楽しいし、リフレッシュになる……。でも体調が悪かったり、メンタルの調子が優れなかったりすると、たとえ相手が彼氏であってもデートを断りたくなるときはありませんか?むしろ彼氏だからこそ、力が入ってしまって疲れるときがあるはずなんです。とはいえ今日の明日でドタキャンをしたら、彼だって悲しみます。しかも理由が「会いたくない」だったらショックでしょう。あくまでも彼のせいではなく今は体調を優先していたいと伝えれば、きっと関係にもヒビが入りません。

体調不良ではなくても体調を理由にお断りする



インフルエンザや風邪をひいていなくても、なんとなくモチベーションが下がったままで、なにをするのもつらい時期があります。


頭の中では「デートに行かなくちゃ」と思っていても、なにも準備ができないまま時間が過ぎてしまいませんか?


そんなときは、ありのままに現状を伝えるのではなく、彼に対して小さな嘘をつくことも大切です。

彼には「少し体調が悪くて休んでいたいから明日のデート、来週に変更してもいい?」と伝えるんです。


あくまでも「体調」のせいにして、休息を優先しましょう。


「仕事の準備をしなければいけなくて」と早めに断る



体調を理由に断り続けていても、彼からしてみると「そんなに具合が悪いの?」と感じてしまいます。

ただいくら相手が彼とはいえ、体力的にも気力的にもデートする余裕がないときは、これからも何度もでてくるでしょう。


もし「体調」を理由に断れないタイミングなら、今度は仕事を理由にやんわりと断ってみてはいかがでしょう?

「プレゼンの準備をしなければいけなくて」「新しい企画書についてゆっくり考えたいんだ」と、準備するための時間を優先したいと伝えるのです。


彼も働いていたら、その気持ちは十分わかるはずです。

ただし毎回、前日にドタキャンをするのではなく、できれば早めにお断りしておいたほうが彼も予定を立てやすいでしょう。


習い事がその時間しか予約をいれられなくて、とやんわり断る



これからも長く付き合っていれば、何度もデートを延期したいと思うときはでてきます。

つまり、断る理由をいくつか用意しておく必要があるんですね。


体調や仕事だけではなく、「習い事」も断る理由になります。


ヨガやダンス、ピアノなど習い事は、基本的に予約制。

当日いきなり参加できるものではありません。


彼とのデートをやんわりとお断りしたいときにも「ヨガの予約が、どうしてもこの時間しか空いていなくて」と伝えてみましょう。


「デートより、習い事を優先するの?」と思う彼も、もしかしたらいるかもしれません。

ただ、相手もちゃんと自立していて、ひとりの時間をもてる人であれば習い事を優先しても怒らないはずです。


「気分がのらないから」とは言わないで



彼とのデートをお断りするときには、ありのままに自分の気持ちを伝える必要は一切ありません。

「気分がのらないから」というのが正直な思いであったとしても、そのままストレートに伝えると彼は傷ついてしまいます。


逆の立場に立って考えたとき、「気分がのらないからデートをしたくない」と言われたら、パートナーとしてショックを受けますよね。


彼に対しては、ときどき優しい嘘をつくことも大切なんです。


それが、二人が傷つかない最良の選択肢となるのです。

すべて素直に伝えようなんて思わずに、あくまでも遠回しに(しかも丁寧に!)デートをお断りしましょう!



体調によって、デートの気分ではなくなるのは、それは仕方がないこと。

気をつけるべきポイントは、お断りを入れるときに相手を傷つけない伝え方を意識すること♡


大切な恋には、「優しい嘘」も必要なんです!

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising

関連記事

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly