【デパコスvsプチプラ】イプサのコンシーラーはキャンメイクで代用できる?ジェネリックコスメ徹底比較

ここ数年何度もベストコスメに輝き、愛用者もとても多いイプサの「クリエイティブコンシーラーe」。美容業界人のお墨付きアイテムとしても知られていますが、プチプラコスメのキャンメイクでもそっくりなコンシーラーが・・♡お値段は大きな差があるものの、商品力ではどのような差があるのか、代用が効くのか、検証しながら2種を比較してみたいと思います。

イプサvsキャンメイク コンシーラー比較



プチプラコスメも商品力をあげて、デパコスに対抗できるような商品も多くなってきた時代。

大人気のイプサの「クリエイティブコンシーラーe」とそっくりなキャンメイクの「カラーミキシングコンシーラー」はどのような違いがあるのか、徹底検証していきましょう。


イプサvsキャンメイク コンシーラーのテクスチャーは?



イプサはややクリーミーなテクスチャーですが、なじませるとセミマットのような仕上がりに。
キャンメイクも似たようなさらっとしたテクスチャーで、肌になじませるとマットな仕上がりになります。

どちらも肌になじみやすいので、カバーしたい範囲が広い時にもとても使いやすそうな雰囲気です。


イプサvsキャンメイク コンシーラーのカバー力は?



△クマのカバー検証

上:ファンデーションのみ
下:(左)イプサ (右)キャンメイク


コンシーラーの使い方については曖昧で、独自の使い方をしている人も多いかと思います。

基本的な使い方としてはニキビ跡をカバーしたい時は「肌と同じカラーを部分より広めに」、クマをカバーしたい時は「クマの部分のみにピンク味のあるカラー」をのせましょう。



△スポットのカバー検証
上:ニキビ跡 (左)ファンデーションのみ (右)キャンメイクでカバー
下:ほくろ (左)ファンデーションのみ (右)イプサでカバー


キャンメイクはニキビ跡やほくろなどはしっかりとカバーしてくれますが、頑固なクマなどの広範囲のカバーにはあまり適していなく、若干うっすらとクマが気になります。
ただ、デパコスの商品力と比べない限りは、カバー力とパフォーマンスは優秀です。


気になるイプサのカバー力は高く、ニキビ跡やほくろ、頑固なクマなどもきれいにカバーしてくれます。
さらに、真ん中のカラーが平均的なカラーなので真ん中をベースにして使えば、どんな肌色の方でも調整がしやすいのも特徴です。


イプサvsキャンメイク コンシーラーのキープ力は?



△スウォッチ
上:イプサ
下:キャンメイク


イプサもキャンメイクも、肌にぴたっと密着するテクスチャーなのでキープ力は高いです。

しかし、キャンメイクは汗や皮脂に弱く、若干浮いてくるような感じがあります。

なので、広範囲での使用や油分が多い肌質の方には向かないようです。


イプサvsキャンメイク コンシーラー比較トータル評価



<商品>左
イプサ クリエイティブコンシーラーe /3,500円(税抜)
SPF25 PA+++


テクスチャー:★★★★★
カバー力:★★★★★
キープ力:★★★★☆


<商品>右
キャンメイク カラーミキシングコンシーラー(C12) /750円(税抜)
SPF50 PA++++


テクスチャー:★★★★☆
カバー力:★★★☆☆
キープ力:★★★☆☆


やはり愛用者やリピーターが多いイプサのクリエイティブコンシーラーeは、テクスチャーやカバー力など期待通りすばらしい商品力でした!
一見、パレットのコンシーラーは使い方が難しそうにも感じますが、日本人の肌との相性を考えられたパレットの色味なので、肌なじみもよく初心者でも使いやすいと思います。


キャンメイクはこの価格帯にしてはとても優秀な商品力ですが、頑固なクマなど広範囲の使用にはあまり向いていませんでした。

ニキビ跡やシミなどちょっとした部分使いにはおすすめです。



デパコスの価格帯にハードルがあったとしてもイプサのクリエイティブコンシーラーeは買う価値大ありなので、ぜひ店頭でお試しを。
一度使ったら商品力に納得すること間違いなしです・・♡

関連記事

Writer : Miehann さん
PR &WRITER /海外コスメ&オーガニックコスメ好き /美容と旅を軸に多ジャンルでの発信をしています。 https://www.instagram.com/miehann2015/

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking