彼氏に別れがよぎる…ケンカのときについ言ってしまいがちなNGワード

心が敏感になると、気持ちが揺れ動いてしまうもの。「好き」という感情は、「嫌い」と隣り合わせかもしれません。 そのため、彼氏とのケンカ中に、ついついキツい言葉を言ってしまう人も少なくありません。 でも、好き放題言っていると、彼との別れが訪れることも……。 もちろん泣いたり怒鳴ったりは論外ですが、それ以外にも気をつけたい、ケンカ中のNGワードも要チェックです!


■ まえも○○だったよね?


彼とのケンカを、4回5回と繰り返しているからこそ、「コレ、まえにもあったよね……」と言いたくなるものです。


でも、以前の話をいまさらチクチク言われると、男性は汚泥を心に塗られている気分になります。

せっかく改善しようと思っていても、聞きたくないという気持ちのほうが強くなってしまうものです。

正当な主張というより、イヤがらせに近いと感じるわけです。結果、別れがよぎることも……。


できるだけ、いままで起きたケンカは、持ち出さないで封印しておきましょう。

本来の目的は、彼氏に言動を改めてもらうこと。「私は○○してほしいの!」という言い方なら、「彼女の望むことだし、ちょっとは頑張ってみよう」となるかもしれません。


■ 人としてどうかと思う


相手が自分に非があると認めているときこそ、それを強く責めてしまい、「人として、どうしてそんなことできるの!」なんて言って、彼を全否定するような言葉を使ってしまいがちです。


でも、こんな言われ方をすると、「じゃあなんで、俺と付き合っているんだ……?」となって、彼のプライドを傷つけてしまいます。

最悪の場合、彼が付き合いをやめたくなるかもしれません。


「ちょっとだけ私の気持ち、考えてみて」「悪気はないのかもしれないけど、私だって……」という感じで、少し理性的に彼を刺激してみるのはいかがでしょうか?

男性は理論的に正しいかどうかという話をされると、割と素直になってくれることも多いですよ。


■ 私も悪かったけど


気を付けて!ケンカのNG行動は?


「どうせ私が悪いって言いたいんでしょ。はいはい」なんていうセリフは、よく聞きますよね。

「そんなことないよ!」と、言ってもらいたいという気持ちが見え見えのこのセリフ。

男性は、自分が軽く扱われていると感じ、もっと気分が悪くなってしまいます。


「私にどうしてほしかったの?」「じゃあ一番いい方法ってなに?」など、どちらが正しいか、間違っているかを問うようにして、論点をチェンジするのもおすすめです。

意外と、「え!? たったそれだけのことなの?」という答えが返ってくるかもしれません。


■ だからあなたは、○○なのよ


彼の落ち度や失敗をネタに、欠点やダメなところを追い込むセリフです。


確かにそういった欠点もあるのかもしれませんが、「だからあなたはダメ」と全否定された彼は、どうしたらいいかわからなくなってしまいます。

結果、自暴自棄になってしまったり、ヤケになって過激な行動に出てしまったりするかもしれません。


「とりあえず○○だけしてみようよ。そしたら○○だってできるかもしれないよ」など、具体的な方法を彼に伝えてみてください。

そして、その結果改善されるポイントもハッキリ提案すれば、彼もあなたの気持ちに納得してくれるはずです。


■ おわりに


良くも悪くも、男性は結果にこだわります。

プライドが傷つけられるという結果なのか、どうすべきかが納得できる結果のか。

後者であれば、意味のあるケンカだったと受け止めてもらえるはずです。


なので、山ほど言いたいことが出てきたとしても、責めすぎないように注意しましょう。

彼がすべきことを、ハッキリと、かつ柔らかく伝える意識が大切です。


(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・ココ重要!男性が出す「まだ結婚したくない」サイン

・男子の意外なホンネ激白!こんなLINEが来たらドキドキしちゃいます

・距離を縮めるのは簡単?職場恋愛だからこそ効果的なアプローチ方法

・ハッキリしない関係を真剣交際に発展させるきっかけ作りのコツ

・聞き上手は損?よくしゃべる女子に対する男子のホンネとは

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly