【コスメコンシェルジュ直伝】乾燥が引き起こす肌トラブル! 冬こそ毎日のスキンケアを見直して

あっという間に冬が来て、毎日寒い日が続いていますね。 冬の肌トラブルと言えば「乾燥」 冬の乾燥の原因は、温度の低下による空気の乾燥が大きな原因の1つです。 その他にも、冬は抵抗力が弱まりがちで体調を崩しやすく、肌トラブルの原因にもなります。 今回はそんな冬のトラブル肌のスキンケア方法をお伝えします。

水分と油分を補って、整った肌バランスを


 
肌は水分と油分のバランスが上手くとれることで、調子を整えることができます。
冬は乾燥して水分と油分が失われがちですから、しっかりと保湿ができるスキンケア用品がおすすめです。
 

季節ごとにスキンケアを使い分ける


まずスキンケアの基本、化粧水と乳液についてです。
肌がカサつくと感じたら保湿力の高い化粧水や乳液を使用しましょう。


夏はさっぱりとしたスキンケア用品を使うことが多いと思いますが、乾燥が気になる冬となるとそれでは保湿は足りません。


最近ではほとんどのスキンケア用品で、分かりやすく「さっぱり」「しっとり」などがパッケージに記載されているので選びやすいでしょう。


また、細かく肌の調子が気になる場合はコスメカウンターなどに行き、BAさんに診断してもらうのもオススメです!
 

睡眠中こそ保湿をしっかりと。


睡眠中も潤いは逃げていきます。そこで使用したいのは保湿クリーム。


保湿クリームは、化粧水と乳液の次に使用するものですが、化粧水・乳液・保湿クリームそれぞれの働きをご存知でしょうか。


化粧水は水分を補う。
乳液は油分を補う。
保湿クリームは補った水分や油分に蓋をする役割があります。


この蓋の役割こそが大切!
保湿クリームを使用することでより乾燥を防ぐことができます。


ちょっとした工夫で乾燥知らずのお肌へ



基本のスキンケアを見直したところで、次はちょっとしたひと手間で乾燥を防げる方法をご紹介します。
 

乾燥による小じわに要注意!


乾燥してくると気になるのが小じわ。
小じわは潤いが不足して角層が厚くなり、肌表面のしなやかさが失われることでできるものです。


特に皮膚の薄い、目元や口元などは気になるところ。
そしてこれが悪化してくると深いしわ、さらに筋肉の衰えが加わってくるとたるみにもつながります。


小じわはすなわち、しわの第一段階なので、早くケアをしてあげることで改善の余地があります。
小じわのケアには、部分用の保湿クリームや保湿力の高い成分を含んだ美容液の使用が効果的。


スキンケアにひと手間加えるだけで、保湿力はアップします。
 

外出先でも乾燥ケアを忘れずに


日常で生活していてもお肌の乾燥は気になるもの。
できればメイクも1日持続することが理想ですが、やはり夕方のメイク崩れは気になるものです。


ここでオススメしたいのが、化粧直しミスト!
化粧直しミストは最近多く発売されており、持ち歩くのに手軽な大きさのスプレーボトルで潤いのある化粧水や美容液が入っているものです。


持ち歩きに便利なので、外出先で乾燥が気になった時にシュッと一吹き。
肌に潤いを与えた上で化粧直しをすると効果的です。


化粧直しミストをバッグにそっと忍ばせてみてはいかがでしょうか。
 

お肌が喜ぶスキンケアを始めませんか?



スキンケアをする上で、化粧水や乳液などが吸い込みやすい肌であるかどうかも大切なポイントです。
冬は乾燥と同時に冷えが気になります。


冷えは血行が悪くなり、血液とともに運ばれている肌の中の栄養素も運ばれにくくなります。
そして、見た目にも血色の悪い顔色というのは健康的ではありません。


そこで普段から肌を温め柔らかくして、化粧水や乳液などのスキンケアが肌に吸い込みやすい状態にしておくことが大切です。


例えば、入浴後には肌が温まっているうちにスキンケアを始める。
ホットタオルで肌を温めてからスキンケアを始めるなどがあります。


また肌の調子にもよりますが、炭酸コスメなども血行がよくなる効果があると言われているのでオススメです。
 

今回は冬の肌トラブルについてお伝えしてきました。
「冬はどうせ乾燥するから…」なんて諦めてはいませんか?


ちょっとした工夫で保湿力はアップします。
スキンケアをしっかりとすることで化粧ノリが良くなり、常に肌の調子を整えることで気分も上がってきますよね。


季節や環境の変化で常に絶好調の肌を保つのは難しいかもしれませんが、早めのケアで改善できることもたくさんあります。


自分の肌、諦めずにいつでもキレイにいたいものですね♡

関連記事

Writer : homari さん
コスメコンシェルジュと美容薬学検定1級を持っている、美容マニアです。 皆さんに、楽しい情報を届けられるよう頑張ります!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking