ふとした瞬間にズキュン!デート中の女子のカワイイ言動4つ

まだ付き合っていないけど、どことなくいいムードが漂う時期、恋愛で一番楽しいときですよね。 どうせなら男性をメロメロにさせて「告白させたい♡」と考える女性も多いのではないでしょうか。 そこで、デート中に男性のことをドキドキさせることができる言動を4つ紹介しましょう。

デート中の女子のカワイイ言動4つ


■ 1、「送っていって♡」


「いい感じのムードになっている女性と、数回デートを重ねたときに彼女が『家まで送ってってよ〜』と甘えてきたのが可愛すぎました。

何回か一緒に出かけていたけど、『俺のこと好きなのかな?』と不安だった気持ちがなくなり、告白する勇気が出ました。その帰り道に交際を申し込み、現在も付き合っています」(Aさん・24歳男性/経理)


女性に言われたらグッとくるセリフは、やっぱり「送っていって♡」でしょう。付き合っていないけど、甘えてくれる様子に男性はメロメロになるはず。


男性に「男として見てる」ということも伝えることができます。「家にあげてもらえるかも?」という期待も混じり、ドキドキが止まらない男性が多数いるかも。


■ 2、「男性から見たら私はどう?」


「それまでなんとも思ってなかった女性と二人で食事に行ったときのこと。彼女がこれまでに、ダメ男とたくさん付き合っていたことを話してくれました。

それを聞いたときに『守ってあげたい』と思ったんです。そんなときに『私って男の人から見たら、やっぱりナシ?』って泣きそうな顔で言われて、抱っこしたくなりました」(Iさん・22歳男性/学生)


自信なさそうに、「私のこと、どう?」と聞かれると、「ダメ」とは言えない男心を利用したテクニック。


「好きって言ったら、付き合ってくれるの?」という期待を男性は抱くので、意中の男性に使ってみると、効果が感じられるかも。


■ 3、「ほんと〇〇くんのそういうところ好き!」


「男は女性にモテたい思いがすごいので、『好き』というワードをもらうとすごく嬉しいです(笑)

真面目な告白以外でも『〇〇くんの面白いところ好き』とか『〇〇くんと食べるご飯は美味しくて好き』とか、なんでもいいので僕の名前を呼んで『好き』を連呼してほしいです(笑)」(Uさん・28歳男性/経営者)


男性は女性の目を気にしている生き物です。とにかく女性から「好き」というワードをたくさん聞くと、ポジティブな印象を抱きます。


とくにその中でも、「一緒に食べると美味しいから好き」と彼のことを特別扱いするといいでしょう。


しかし、多数の男性に言ってしまうと、八方美人な印象を持たれてしまうので、注意が必要かもしれません。


■ 4、「男らしいね」


「何度もデートを重ねているのに、交際に至らない女性。実は、男として見られているのか不安になります。

男のマナーだと思って車道側を歩いていたときのこと、その女性は僕の行いを知ってか知らずか『男らしいね』と呟いたんです。ドキドキしちゃって、家に返したくなかったです!」(Mさん・20歳男性/アパレル)


異性として褒めるときは、ぜひ「男らしいね♡」と褒めてあげてください。

「たくましい」「かっこいい」と、様々な意味合いを含んでいるので、男性も喜んでくれやすいですよ。


素直に「かっこいい」と伝えるのは、恥ずかしい女性にも、使いやすいセリフかもしれません。


■ デート中にも可愛いって思われたい♡


デート中に「可愛い」と思われたいのなら、まずは言葉で好意を伝えてみましょう。

好意を伝えることで、彼もその気になってくれるはず。恋を急発展させるなら、ときに思わせぶりな駆け引きも用いてみてくださいね!


(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・男性に聞いた!本命女子になる女性の特徴

・思わずドキッ!男性がギャップ萌えしやすいシチュエーション

・男性が食事デートで育ちが悪そうと感じる女性とは?

・まさかの寝坊!デートに遅刻確定のときの言い訳3選

・ココだけはお願い!男性が見る「女子の清潔感が気になるパーツ」

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking