プツプツにさようなら!ニキビの原因となる生活習慣チェック

せっかくおしゃれやメイクをがんばっても、ニキビがあるだけで憂鬱になってしまいますよね。ストレス、食事、お手入れ方法など原因は様々。ニキビは、生活を見直してみては?という身体からのサインかもしれません。是非ご自分の習慣を見直してあげてくださいね。

出典:josei-bigaku.jp




お手入れ方法の見直し


出典:woman.mynavi.jp




1.洗顔


スキンケアの基本は洗顔。いろいろな化粧品を試す前に、洗顔を見直してみませんか?




・洗いすぎていないですか?


きれいになりたい一心でやってしまいやすいのがゴシゴシ長い時間洗いすぎ。肌には自浄作用があり、汗やほこりはぬるま湯ですすぐだけで十分に落ちます。メイクをしていないときはW洗顔はせずたっぷりの泡で優しくさっと洗いましょう。洗い過ぎは肌に必要な角質層の細胞間脂質などを洗い流してしまい、その後いくら保湿をしてもバリア機能が弱ってトラブルがおこりやすくなってしまいます。




・熱いお湯で流していませんか?

熱いお湯で洗うとお肌の水分が蒸発しやすくなってしまいます。毛穴を開かせたい場合は蒸しタオルやスチーマーを利用しましょう。33〜36℃くらいのぬるま湯が適温です。




・すすぎは十分ですか?

洗顔料が肌に残っていると、刺激になって肌トラブルの原因になります。洗いよりもすすぎに力をいれましょう。
とくにアゴの下、耳の下、髪の生え際、は十分かなと思ってからプラス10回はすすぎましょう。




2.保湿

出典:www.ci-labo.jp




意外とニキビの原因が乾燥ということもあるのです。
「ニキビができそうな気がしてちょっとさっぱり系の化粧水をつけるだけ」なんて人は、インナードライになってよけいに皮脂を出してしまっているかもしれません!




・化粧水は浸透していますか?


洗顔後すぐに化粧水をつけましょう。汗をかいている場合は汗が引いてから。
コットンにたっぷりしみこませ3分ほどおくと効果的です。手のひらで優しく包み込むように浸透させましょう。
クレイパックをしたり、ブースターを使うと浸透がよくなります。




・うるおいを閉じ込めていますか?


べたつくから、と化粧水しかつけないと肌の水分はどんどん蒸発してしまいます。それを補おうと皮脂が過剰に分泌しニキビの原因になってしまったりします。
べたつかない乳液やクリームでしっかりフタをしましょう。




身のまわりは清潔ですか?


出典:lovefromcarrie.blogspot.jp




1.シーツ、枕などはこまめに交換していますか?


汚れた寝具はダニや雑菌などの温床になってしまいます。週に1度は洗濯、天日干しして清潔に保ちましょう。




2.タオルは清潔ですか?


洗顔後に使うタオルは清潔なものを。
濡れたタオルは雑菌の温床になってしまいます。
洗濯の際、抗菌効果のある洗剤を使い長時間の部屋干しは避けましょう。




3.メイク用品は清潔ですか?


メイクブラシやスポンジはこまめに洗い、風通しの良い場所でしっかり乾かしましょう。




4.顔を触るクセはないですか?


ほおづえをついたりついニキビをつぶしたり触ってしまうと治りも遅くなってしまいます。爪も短く切り清潔に。




バランス良い食事を摂っていますか?


出典:www.twilight-traveler.com




ビタミン、ミネラル、タンパク質などバランスよい食事を意識しましょう。ジャンクフードやお菓子は食べ過ぎないように。
オリーブオイルやココナッツオイルなど良質な油を選びましょう。食物繊維を多く摂り便秘を解消しましょう。





ストレス溜まっていませんか?


出典:hontotsutae.blogspot.jp




ストレスはホルモンや自律神経のバランスを崩してしまいます。
気分が良くなる音楽を聴く、ゆっくりお茶する時間をつくる、思い切りカラオケや遊ぶ日を作る、など自分なりのストレス解消法を見つけておきましょう。




いかがでしたか?ニキビなどの肌トラブルの原因はほかにも様々あります。
腸などの内側からの原因も考えられます。美肌によいとされる化粧品をいろいろ試している人は、もしかしたらそれが刺激になってしまっている場合も。

自分のニキビの原因がどこからきているのか、いろいろと探ってみましょう。
実は意外なところかもしれませんね。



Writer : myreco 編集部
myreco公式アカウントです。 コスメ・ネイル・ヘアスタイルなど女子が気になる美容情報や、ライフスタイル・スポットなどの記事も発信していきます♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking