マーブル模様で透明感UP♡キャンメイクの新作フェイスパウダーを試してみた

最近のベースメイクは素肌感や透明感がキーワードとなっています。ツヤの出るリキッドファンデーションやクリームファンデーションを使用した後に外せないのが、フェイスパウダーです。今まではベージュ系かホワイトのものが主流でしたが、最近では見た目もかわいいマーブル模様のものが多くあります。今回は、マーブル模様が印象的なキャンメイクのマーブルフェイスパウダーをレビューします!

今回はキャンメイクのマーブルフェイスパウダーをお試し♪



※シャイニーブーケはレフィルです。


今回試してみたのは、キャンメイク「トランスペアレントフィニッシュパウダー」の「シャイニーブーケ」と「シャイニーアクアマリン」です。


トランスペアレントフィニッシュパウダーは上品な光をまといながらも、軽やかな透明感のある肌に仕上がるアイテムです。


紫外線防止成分も配合されているので、日差しのもとでも安心して使用することができます。


また、優しい成分でできているのでトランスペアレントフィニッシュパウダーのみの使用であれば、クレンジング不要、洗顔料のみでオフすることが可能。


プチプラとは思えない機能性にも優れたアイテムです。


黒い厚紙に塗って色を比較☆



まずは、2色を黒い厚紙に塗ってみました。
上がシャイニーブーケ、下がシャイニーアクアマリンです。


シャイニーブーケはピンクやパープルの色味を少し感じ、シャイニーアクアマリンは白い色味が強いように感じます。


血色感の出せるシャイニーブーケ



シャイニーブーケはピンクベージュ、パープル、イエローが混ざりあった温かみのある色をしています。

ピンクやパープル、そして肌の色味に近いイエローが混ざることで顔の色艶を良くし、肌くすみをオフしてくれます。


実際つけてみると、程よい輝きと血色感のある肌に。
寒くなってくると血色感が気になってくるので、これからの季節によいのではないでしょうか。


透明感重視はシャイニーアクアマリン



シャイニーアクアマリンはイエロー、ブルー、ピンクがマーブル模様になっており、シャイニーブーケに比べると寒色系寄りで透明感のある肌に導きます。


透明感というと血色が気になるところですが、シャイニーアクアマリンにはピンクやイエローが混ざっているので程よく光が集まり、白すぎない健康的な肌を作り出すことができるのです。


2種類のフェイスパウダーの検証結果


今回は「血色感」「透明感」「落ち着き感」の3点から検証結果をお伝えします。


落ち着いた印象のシャイニーブーケ



<商品>
キャンメイク トランスペアレントフィニッシュパウダー シャイニーブーケ /940円(税抜)


血色感 ★★★★☆
透明感 ★★★☆☆
落ち着き感 ★★★★☆


ピンクベージュ、パープル、イエロー血色感のある肌に仕上がります。


ピンクベージュとイエローで程よく血色感を作り出し、主張しすぎないパープルが程よく透明感を生み出します。


血色感、透明感、落ち着き感を兼ね備えたフェイスパウダーといえます!
プチプラなのにこの仕上がりの良さは感動モノでした。


パステルカラーが透明感肌に導く☆シャイニーアクアマリン



<商品>
キャンメイク トランスペアレントフィニッシュパウダー シャイニーアクアマリン /940円(税抜)


血色感 ★★☆☆☆
透明感 ★★★★☆
落ち着き感 ★★☆☆☆


シャイニーアクアマリンは透明感重視のフェイスパウダーです。
透明感というと元気な印象が強いので、落ち着き感は★2つにしました。


シャイニーアクアマリンにもピンクとイエローが混ざっていますが、シャイニーブーケとは違った明るめのピンクとイエローです。


パステルカラーのようなブルーが混ざることで、みずみずしい透明感のある肌へ。
逆にあまりつけ過ぎると白くなり過ぎてしまうので、調整しながら使用すると自分に合った色合いが見つけ出せます。



いかがでしたか?
混ざる色が変わることによって、仕上がりも印象もかなり変わるのでフェイスパウダーは奥深いものだと改めて感じました。


プチプラアイテムなので2色持ち。
片方はレフィルで気分によってケースに付け替えるという使い方もできるので、私も今回はそのように購入してみました。


スポンジは少し薄めなので自分好みのパフで使用するのも、仕上がりの印象を変えることができ楽しそうですね♪


見た目もかわいいプチプラコスメを使ってメイクを存分に楽しみましょうね!

関連記事

Writer : homari さん
コスメコンシェルジュと美容薬学検定1級を持っている、美容マニアです。 皆さんに、楽しい情報を届けられるよう頑張ります!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking