午後に慌てて化粧直しする必要なし!本当にテカらないベースメイク法♡

女性の悩みの代表的な1つとして挙げられるのが、午後になると顔がテカってきてしまうということ。お昼休みにトイレにこもってあぶらとり紙を使って、もう一度ファンデーションを塗り直して…女性って本当に大変ですよね。 ですが、実は顔のテカリはベースメイク方法で驚く程解消できるのを、ご存知でしたか? 今回はそんな、女性特有の悩みである「顔のテカリを抑えるベースメイク方法」についてご紹介していきます!

1.メイクを施す前に、まずは化粧水をしっかり浸透させる!



どうして肌がテカってしまうのか…?原因は、肌の保湿が不十分のため。


保湿って本当に大切なんです。

保湿しすぎると逆に肌のテカリに繋がる…なんてことは絶対にありません!

肌へ十分に水分が含まれていないと、「潤さなければ!」と肌の機能が勘違いし、乾燥を防ごうとして水分を出してしまいます…。

これがテカリの原因なのです。


夜に保湿をする方は多いと思いますが、朝の保湿が一番大切なのです!

寝ている間に出た油分を洗顔(水洗いでOK)で落として、そのあと念入りに保湿を行ないましょう。

過剰洗顔もテカリにつながるので要注意。


2.下地は箇所によって使い分けて!



十分に保湿をしたら、下地を綺麗に塗っていきます。

その前に、「べたつくからクリームや乳液を使用しない…」という方もいらっしゃいますが、水分の蒸発を防ぐ為には、必ず使用しましょう。

ただ、どうしても気になる場合は少量でもOKです。


お話を戻して、下地のポイントは、箇所によって下地を使い分ける事と少量で良いという事。

テカリやすい鼻の頭やおでこなどには油分の少ないタイプを使い、乾燥しがちな頬などには保湿機能のある下地を使用しましょう。

そうすることで下地の効果が長持ちします。


下地はあくまで接着剤と考え、沢山使用する事で崩れやすくなってしまいます。

また、たくさん塗ると毛穴詰まりをおこしますので、かえってテカりの原因になってしまうことも。

あくまで“ベース”メイクですので、全体をカバーする程度に綺麗に下地を塗るようにしましょう。


3.実は万能!ベビーパウダーを活用する



さて、下地を塗った上からファンデーションを塗って、最後にフェイスパウダーを…これで通常なら完了ですが、実はフェイスパウダーの代わりに使える、ベースメイクの仕上げにとっておきのものがあるのです。


それがベビーパウダー。

ベビーパウダーをフェイスパウダーの代わりに使用したり、ベースメイクの仕上げとして使ったりすることでテカリが抑えられるのです。


元々ベビーパウダーは赤ちゃん用に作られていますので、ファンデーションやフェイスパウダーを使うよりもとってもお肌に優しいのです。

また、パールやラメのような成分が入っていないので、まるですっぴんのような透明感のあるお肌になります。

しかもコスパもいいので、活躍アイテムの一つですね♡



いかがでしたか?

テカらないベースメイク、3つのポイントは「十分な保湿」「下地を部分ごとに使い分ける」「ベビーパウダーを使用する」ということ。

以上の3つを是非実践して、1日中テカり知らずの素敵なお肌を手に入れましょう!



<監修者情報>

【カシワバ マリコ】


監修者情報

felicita.cosmetic 代表 ビューティーアドバイザー


1982年、札幌生まれ。

学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。

一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。

また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。

そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。

その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。

人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。

一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。


【取得免許】

メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級


【主な活動】

札幌ビューティープロジェクト 札幌女子美容応援プロジェクト

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。
クリスマス特集

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking