柄ネイルがグンと上品に♡大人でも取り入れやすいデザイン6選

山々も赤っぽく色付き、季節はすっかり秋。季節の変化を先取りし、爪先から秋を感じるネイルを楽しみたいですね。シーズンライクな柄ネイルも良いですが、選ぶ柄によってはうるさくなりすぎたり、幼稚になりがちなので要注意!今回は大人っぽい柄を厳選してみました。

大人の気品を後押しする柄ネイルの作り方とは?



秋っぽさと大人っぽさを同時に叶えるには、柄や合わせるメインカラーをきちんと選ぶのが大事!


メインカラーは紅葉のようなワインレッドやテラコッタ、カーキやくすみピンクなど、秋色を選ぶのが良いでしょう。


大人の品のある色気を出したいなら、アニマル柄がおすすめ。

シンプルなのに存在感もある、セレブリティなデザインになります。


柄を描く本数にも注意が必要です。

全体的に柄を描くと散らかったうるさい印象になるので、片手に2本程度に抑えておくのがグッド◎


秋の柄ネイル<真紅色が大人っぽいニュアンス×レオパードネイル>



ニュアンスネイルは、系統の似た色んなカラーやデザインを混ぜ合わせるので、一つの柄が過度に強調されず、柔らかい印象になるのが特徴です。


ボルドーとレオパード柄だけだと色気が数倍増しになり、少し重い印象に。

そこにベージュのラメを間に取り入れることで重さを軽減し、全体的にまろやかに仕上がります。


レオパード柄を塗りかけネイルのように、手書き風にするのもグッド!

繊細に描くよりも、ナチュラルでラフな印象になります。


秋の柄ネイル<モスグリーンがしっとり♡ニュアンス×ドットネイル >



甘くなりがちなドット柄も、落ち着いたダークカラーと合わせると、大人可愛い秋ネイルに変身します。


秋にぴったりのくすんだモスグリーンやネイビー。キャメルも良い味を出しています。


ワンカラーネイルに、針金やスタッズなどをプラスワンするだけに留めたシンプルなデザインだからこそ、一本のドット柄がより一層映えますね。


カジュアルモードにもぴったりの柄ネイルです。


秋の柄ネイル<秋カラーが映えるダルメシアンネイル>



秋冬に人気がでるダルメシアン柄。

暖かみがあるので、これからの時期にぴったりです。


レザーのイメージの強いダルメシアン柄は、モノトーンのドット柄とは違ってセンシュアルな雰囲気を盛り上げてくれます。


白黒柄を引き立ててくれるのはカーキとイチョウ色。秋の風景に馴染む、柄ネイルです。


秋の柄ネイル<マットフレンチ×無造作アニマル柄ネイル>



秋冬はしっとりしたテクスチャーを表現するために、ぷるぷるとツヤのあるネイルより、マットの方が人気です。


カーキやバーガンディーなどこっくりした色は、フレンチにすると重くなりすぎず、品よくまとまります。

色の境目にゴールドのラインを入れることで、華やかさもプラスできます。


合わせるのはアニマル柄。濃淡の違う二種類のブラウンを巧みに使った、和モダン風の柄が素敵です。


気取りすぎない、無造作な感じがクールでかっこいいデザインですね。


秋の柄ネイル<白色が清楚で上品♡タイルネイル>



トルコやモロッコなど中東のタイルを模したタイルネイル。

エスニックな香りが漂う、魅惑的なネイルです。


ターコイズブルーや紫など、派手な色で描くことが多いので、夏ネイルとしても人気の柄ですが、今回はあえて白一色で描いてみましょう。


とても神聖な雰囲気の絵柄になりますよ♡


秋の柄ネイル<凛と強い大人の女性を演出する渋色カラー×大理石ネイル>



オフィスコーデにもぴったりなのが、大理石柄。


大理石ネイルはベースカラーにオフホワイトを使うことが多いので、モスグリーンやグレーなど渋い色と合わせても、ダークになりすぎません。


むしろお互いの色が引き当て合って、華やかな仕上がりに♡

柄自体は単純でシンプルな柄ですが、他と差がつくこなれた印象を出せるのも魅力の一つです。



シンプルで品のある柄をチョイスすることで、甘くなりすぎない大人っぽい柄ネイルが楽しめます。


秋らしい色を合わせるなら、しっとり大人の魅力を後押ししてくれます♡

おしゃれな秋ネイルで、街が美しく色付く季節をもっと盛り上げましょう!

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking