この子しかいない!男性が結婚しても離さない女性とは4つ

長く一緒にいるとパートナーがいることが当たり前になり、ついつい相手に対する気遣いや恥じらいがなくなってしまったりしていませんか? それが続くとマンネリ化がすすみ、いつの間にか別れ話に……なんてことも起きてしまうかもしれません。 そこで今回は、男性が結婚しても離したくない!と思う女性の特徴をご紹介します。 スキンシップ以外にも男性の心を掴んで離さない女性の特徴とはどんなところなのでしょうか?

男性が結婚しても離さない女性とは4つ


■ 1、手抜き料理でも胃袋を掴んでくる


「お互いに仕事をしているので、夕飯などが遅い時間になりがち。でもそんな時でも彼女がパパッと作った料理がとても美味しくて結婚してよかったな~と思います」(27歳/営業職)


「『手抜きだから期待しないでね』と言われた料理がドストライクの味付けでした。ちょっとしたメニューでも俺好みの料理を作ってくれる彼女に惚れ直しました」(30歳/会社員)


パパッと作ったご飯が自分好みだったときの彼の嬉しさは想像を絶する効果がありそうです。

日々の積み重ねではありますが、彼好みの味付けをしっかりと覚えていつまでも胃袋をしっかりと掴んでおきたいですね。


■ 2、付き合っている時と同じテンションでデートしてくれる


「結婚して数年、子どももいますが外出するときはデートに出かけるように楽しそうに支度をする彼女を見て可愛いなぁといつもキュンとします」(29歳/建築関係)


「アウトドア好きな僕に合わせてフットワーク軽く外出に付き合ってくれる彼女にいつも感謝しています。その心遣いが嬉しいです」(35歳/会社員)


結婚しても自分と出かけるときにテンションが上がる彼女を見ると男性も嬉しいもの。

結婚すると気持ちがマンネリ化しがちですが、出かける=デートと考えていつもよりおしゃれをして彼の気持ちを惹きつけましょう。


■ 3、最低限の女性らしさを保つ努力をしている


「家でも最低限のメイクをして小ぎれいにしている彼女。見ていて飽きないし、何より僕のためにやってくれているその気持ちが一番嬉しいですね」(28歳/飲食関係)


「家族だからと気を抜かず、ヨレヨレな恰好をしない彼女。気を抜きそうなところできっちり線を引いている彼女は僕にとって頼りになる存在です」


あまりにだらしない恰好で過ごされると彼の気持ちも萎えてしまうかも。

結婚しているからと気を抜きすぎず、逆に彼にしか見せないかわいい部屋着とナチュラルメイクで彼の独占欲を掻き立てましょう!


■ 4、いつも笑顔で見送り・お出迎えしてくれる


「会議や地域の会合など夜に家をあけることが多いのですが、彼女はいつも笑顔で送り出してくれます。彼女は仕事だけでなく子どもの世話や家事までこなしてくれているのに、本当に頭が上がりません」(34歳/会社員)


「疲れて帰った時に笑顔で出迎えてくれると一気に気分が和らぎます。この笑顔のためなら、毎日頑張ろうと思えます」(29歳/医療関係)


だれでも笑顔で出迎えてくれたら嬉しいものですよね。あなたが笑顔でいるだけで彼の疲れも吹き飛ぶはず。

笑顔が作りにくい日もあるかと思いますが、彼を見送るときや出迎えるときには、できるかぎり笑顔を心がけてみるとよいでしょう。


■ 彼の心を掴むポイントを押さえよう


男性が放したくないと思う女性はその男性の心をしっかりと掴んでいるのが分かります。

ちょっとした気遣いや身だしなみの部分を整えるだけで彼への日ごろの印象はぐっと変わるはずです。

彼が求めているポイントをしっかりと押さえて、彼の唯一無二の存在で居続けましょう♡


(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・一緒にいると落ち着く彼女の特徴

・ひと夏の恋ばかり?年単位で付き合うための秘訣3つ

・「思いやりあるな~」彼女にグッと来た瞬間4つ

・彼と「なんとなく」惰性で付き合っているとき「あなたに考えてほしいこと」

・真似できる!ポジティブ女子がいつも恋愛を成功させているヒミツ!

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking