2017年05月13日

コツさえ掴めば、忙しい朝でも大丈夫!可愛い内巻きブロー攻略法♡

美容院でブローしてもらった内巻きブローはキレイで可愛いいのに、翌朝起きて自分でやってみると横とうしろ髪の内巻きの向きが揃ってなかったり…ハネたり…うまくできない!ということはありませんか?ちょっとしたコツを知れば、案外ラクに内巻きブローを攻略できますよ。 今回はつやつやで可愛い内巻きブローの攻略法を紹介します。

理想的な内巻きブロースタイル


 

出典:up.myreco.me

   @tatsuki.h04

 

内巻きブローにすると、ふんわりと軽くて明るいイメージになりますね。

天気のいい日には、可愛くスタイリングして外へおでかけしましょう!

 

 

・ふんわり前下がりボブ

 

出典:up.myreco.me

eisho_ofhair @eisho_ofhair

 

前下がりボブに自然な内巻きブローで、女性らしい雰囲気に。

 

 

・さらツヤ内巻きストレート

 

出典:up.myreco.me

原田 憲太 @harada.kenta

 

愛され感たっぷりの可愛い雰囲気になれる内巻きストレートです。

 

 

・大人ナチュラル系

 

出典:up.myreco.me

eisho_ofhair @eisho_ofhair

 

シンプルで自然な雰囲気が大人っぽい雰囲気になりますね。

 

ツヤかわの内巻きブローのポイント


 

 

 

内巻きブローは、髪を乾かすところから勝負は始まっています。

ただ乾かすだけでなく、髪を軽く引っ張るように根元から伸ばすようにします。

 

ポイントは2つ!

 

◎下を向いて、「後ろから前に」というような感覚で伸ばしていきましょう。

根元から毛先まで気を抜かないように!

 

◎最後にツヤを出したいなら、冷風にしたドライヤーで軽く全体を乾かしましょう。

 

ドライヤーとロールブラシで簡単内巻きブロー


 

出典:weheartit.com

 

コテを使わなくても、ドライヤーとロールブラシや、さらには手ぐしだけでもできます!

太目のロールブラシを使って、髪の内側から根元にしっかりと入れ込みます。

そしてドライヤーを当てながら、ゆっくりと毛先に向かって、下に引っ張るようにして移動します。

 

片手でブラシが使いにくい方は、片手で毛先を軽く下に引っ張りながら持ち、もう片方の手でブラシを根元に入れ込んでみてください。

ここでの注意は、ドライヤーを髪に近づけすぎないこと。

10cm以上離すようにしましょう!

 

 

いかがでしたか?

ポイントをおさえて、さっそく明日からやってみましょう!

可愛い内巻きブローができれば、毎朝のスタイリングがきっと楽しくなるはず!

ぜひ明日からチャレンジしてみてくださいね。

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

出典: up.myreco.me

あなたにオススメ

MyRecoトップ > ヘアスタイル・ヘアアレンジ > コツさえ掴めば、忙しい朝でも大丈夫!可愛い内巻きブロー攻略法♡