美人じゃなくてもモテる!?モテる仕草・行動7つ

「モテる女性といえば結局顔が整った女性でしょう?」と思っていたら大間違いです。顔が全く同じように見える双子でも性格や仕草でモテレベルが大きく変わってくるように、何気ない恰好や行動ってとっても大事。実は男性は女性の所作にキュンときたり、可愛いと思うようです。今回はぜひ覚えておきたいモテる行動をいくつかご紹介します。

モテる仕草①目の使い方で男性はドキドキ?



目は口ほどにものを言います。目線の使い方を熟知している人は、男性の心を転がすのが大変上手。


例えば、目が合ったときにふいに逸らしたらどう思いますか?

「あれ、今まで僕のことを見てくれていたのかな」と気になってしまうでしょう。


ただし。いつも逸らしてばっかりではダメです。時には目が合ったタイミングで微笑んでみましょう。

これで彼はあなたに夢中になってしまうはず♡


モテる仕草②美しい所作で美味しそうに食べ物を食べる



女の子らしくいようと小食を装うよりも、しっかりもぐもぐと美味しそうに食べる方が好印象のようです。


上品な所作で食べつつも、大きな一口で食欲旺盛に食べる方が、あたかもぶりっ子な女性よりもかわいく見えるようですよ。


モテる仕草③オンオフで切り替えて♡髪の毛をいじる仕草は鉄板



髪は女性らしさの象徴。髪のいじり方一つで男性の目線や関心をとらえることができます。


例えば、仕事オンの時は、髪をかきあげてポニーテールに。この時の体のラインにドキッとする男性が多いようです。また伏し目の時に耳に髪をかきあげる仕草。これもモテ仕草の鉄板です。


さらに仕事終わりにゴムをほどいて、髪を下す仕草。仕事中とは違った表情にギャップを感じるようですよ。


モテる仕草④表情がコロコロ変わる顔にキュンとくる♡



ミステリアスで艶っぽい女性も人気ですが、感情をストレートに出す分かりやすい女の子は可愛いと思われがちです。


嬉しい、悲しい、ちょっと怒っているといった喜怒哀楽で表情が豊かに変わる子は大変魅力的♡


男性を飽きさせず、感情が手に取るようにわかるので、安心できるようです。別れ際に寂しそうな表情をすると、男性は「手放したくない!」と思うはず。


モテる仕草⑤一生懸命仕事する姿は魅力的



女の子が何かに真剣になっている顔や姿は、男性からも好印象のようです。どんなに小さな仕事でも、一生懸命になっている女の子は素敵ですね。


大きく重い荷物を人に頼らず運ぼうとする姿、高いところにある資料を背伸びして取ろうとする姿など、人の頑張る姿ってやっぱり魅力的ですよね。


モテる仕草⑥天然ドジっ子は愛される



計算された天然は小賢しさが出てしまいますが、ついついドジな感じが出ると男性は守ってあげたくなるようです。


例えば、何もないところで、つまずいたりするのもモテ仕草の一つ。一生懸命になにかに夢中になるあまり、ついついドジしてしまう姿は、人に好感を与えます。


モテる仕草⑦さりげなく距離を縮める



あからさまにボディタッチをしたり距離を迫ると、引いてしまう男性もいます。大切なのはあくまで自然体に距離を縮めること。


近づくつもりなかったけれど、気づいたら顔と顔が近くなっててお互いが驚いちゃう、といったナチュラルな感じが出れば大成功です。


例えば、一つの資料を二人で見る際に顔が近くなったり、相手が携帯の画面を見せようとした際、のぞき込んで距離がグンと近くなったりするシチュエーションが最適。


その際、清潔感のあるシャンプーや石鹸の香りが漂うと、なおグッド◎

嗅覚も刺激され、彼の中でいい女度がグンとアップするはずです。



実は容姿とは関係のないところにもモテポイントがあるんですね。男性は女性が思っているより、女性の仕草や行動に注目しています。意中の人が職場などにいる場合、一つ一つに所作に気を配り、気を抜かないように気を付けてくださいね♡

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking