【ママ必見!】夏は“ベビーカー熱中症”に要注意!ベビーカーだと大人より体感温度が約4℃も高い!?

蒸し暑い日が続く夏、大人でもキツイ暑さなので、子どもの体調はより心配ですよね。 お出かけで子どもとのお出かけにベビーカーを使う人も多いでしょう。ベビーカーは陰を作って日差しを遮ることができます。 しかし、ベビーカーを使用する場合は“ベビーカー熱中症”の恐れがあるためより注意が必要と小児科医は言っています。 なぜベビーカー熱中症が起きてしまうのか、その原因と対策についてご紹介します。 また、関東にお住いの人は必見の“ベビーカー熱中症予防レスキューMAP”もありますので最後までご覧ください。

“ベビーカー熱中症”の原因はベビーカーと地面の距離にあり!?



ベビーカーの日除けでしっかり日差しはカバーしていても、それだけでは安心できません。なぜなら“ベビーカー熱中症”は地面の熱や照り返しの影響で起きやすくなるからです。


環境省熱中症予防サイトによると、大人の背の高さ(150cm)で32℃とすると、地面に近い子どもの高さ(50cm)では35℃以上になると言われています。


実際にこの条件で5/27(月)に恵比寿周辺にて気温を測定したところ、大人の高さ(150cm)で39.2℃、子どもの高さ(50cm)43.4℃という結果になりました。気温の違いは4.2℃です。


ただでさえ暑い時季なのに、ここまで暑いと子どもも大変。子どもの体調は、ママやパパが気にしてあげる必要があります。


“ベビーカー熱中症”の対策と子どもの水分補給のサイン



サニーガーデンこどもクリニック院長で3人のお子さんを持つ母親である、小児科専門医の首里 京子(しゅり きょうこ)先生が仰っていた“ベビーカー熱中症”の対策は主に以下の通りです。


身体を冷やす


暑いと感じたら、涼しい場所に入って体を冷やしましょう。
涼むだけでお店に入るのは悪いと感じるかもしれませんが、今はベビーカーへ配慮する動きも出てきています。


後述の“ベビーカー熱中症予防レスキューMAP”も活用してみてくださいね。


こまめな水分補給


最低1人、500ml以上の水分を持ち歩き、こまめな水分補給をこころがけましょう。
小さな子どもは自分の体調をうまく伝えられないので、感じ取ってあげることが大事です。


水分不足のサインは顔が赤い、呼びかけに対する反応が悪いなどがあります。
“いつもと違う”ということが気づくきっかけになるので、外出中は特に様子をよく見てあげるようにしましょう。



また、子どもが自ら水分補給を習慣化できるトレーニング“ゴクトレ”やベビーカー選びでも“ベビーカー熱中症”の対策ができます。
是非チェックしてくださいね。



育児世代の不安を軽減!“ベビーカー熱中症予防レスキューMAP”



ベビーカーを使った移動は何かと周りに気づかうあまり、飲食店の利用を遠慮することがありますよね。


そこで、アサヒ十六茶『子育てサポート事業』の活動趣旨に賛同した百貨店や商業施設などの協力のもと、体をクールダウンするスポットを提供しています。


新宿、渋谷、銀座、横浜エリアで合計40箇所の提供がありますので、関東の方は上手に活用してみてくださいね。
ベビーカーの積極的な受け入れ期間は9/8(日)まで予定されています。


また、協力先であるマロニエゲート銀座ほか、ルパン・コティディアン渋谷ヒカリエShinQs店のカフェでは『こども十六茶』や『十六茶』を無料で提供しています。


何よりも子どもとママやパパの体調が大事なので、カフェで休憩するなども検討して外出を楽しみましょう♪


それぞれのエリアのスポットは地図からチェックしてくださいね。


新宿エリア



渋谷エリア
 


銀座エリア
 


横浜エリア



ベビーカー熱中症プロジェクトは、WEBでも確認することができますよ!



“ベビーカー熱中症”はしっかり対策することで予防できます。
まだまだ蒸し暑い日が続きますが、親子ともに健康でいられるように無理せず涼み、こまめな水分補給を心がけていきましょう!

関連記事

Writer : もなか さん
コスメ、美容に関することに興味津々! 日々サイトや動画で調べています♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking