前髪がまとまらない!そんな時の簡単お直し方法

出かける前にふと鏡を見たら、スタイリングしたはずの前髪がパックリ割れてしまっていると、びっくりしちゃいますよね。 いくら直しても何だか綺麗にまとまらず、慌てて帽子を被って待ち合わせ場所へ…。 思い通りの髪型じゃないと、一日がちょっぴりゆううつになりがち。 でもご安心ください。 前髪を綺麗に直す方法は案外簡単で、コツさえ覚えたら大丈夫なんです!

なんで前髪が割れちゃうの?



前髪が割れてしまう原因はいくつかあります。

例えば、お風呂上がりに濡れた髪をそのままにして、乾かさなかった時。

または乾かす時間を遅らせてしまった時などに起こりやすいんです。


なぜかというと、タオルで濡れた髪を抑えたままにしておくと、根元からクセが付いてしまうからなんです。

ですから、お風呂上がりにタオルで簡単に水分を拭きとった後は、すかさずドライヤーで全体を乾かしておきましょう。


また、眠っている時にうつ伏せで眠ってしまったり、枕へ前髪がこすれてしまったり、なんて事はありませんか?

前髪の根元にクセがつくと、丁寧にブローしないかぎり解決が難しくなってしまいます。

お風呂を上がってから眠るまで、生活習慣をみ直してみるのも良いかもしれませんね。


そして一番気付きにくい点なのですが、カットの仕方が悪い場合もあります。

通常、伸びてきた後の事まで考えてセットしてくれるのも、美容師さんの役目なのですが、早めに乾かす習慣を付けてもなかなか改善しない場合、美容師さんの腕前が関係してきますので、気分を一新して新しい美容院へ通ってみるというのも手かもしれません。


前髪が割れてしまったときのデメリット



前髪が割れてしまっている状態って、結構あるんです。

例えば雨期にクセが出てしまったり、分け目が左右どちらかに偏っていたり…。

異性と会った時、こちらを見下ろした男性にはしっかりと目に止まります。

じつはそんな時、デメリットのある印象を持たれる事が多いんです。


・前髪が割れてしまっている事で、髪の量を少なく感じてしまい、ふけた印象を与えてしまいます。


・カラーを入れて少し経った頃だと、生え際が見えてしまって、元の髪色があらわれます。

すると、服をきちんとしていても、結果的にだらしなく見えてしまうんです。


・前髪が割れていると、次第にサイドの髪も割れてしまったり重くなってしまったりしますので、全体的にバランスが悪くなってしまいます。


好きな男性にこんな風に思われていたら、とてもショックですよね。

仕事先や友達と遊ぶ際も、ついつい気になってしまいます。


前髪がぱっくり割れた時の改善策



生活習慣を戻すと大分改善しますが、それでも前髪ぱっくりが起きてしまった場合、誤魔化すしかないのでしょうか?

いいえ!ちゃんと解決する方法がありますので、ピンチの時にはぜひ試してみてください。


既にクセがついている場合、生えぎわや前髪の流れを正す必要があります。

簡単なブローの方法で、綺麗に揃った前髪になりますよ。


①つむじの向きに合わせてドライヤーでブローしてみましょう。

目安は、つむじから前髪の毛先へ向かって上下に温風を当てること。

毛束感が無くなるまで丁寧にブローしておきます。


②次は先ほどブローした方向と反対側からドライヤーを当ててみてください。

しっかりと温風を当てていくうちに、割れた箇所が目立たなくなってきます。


③最後に全体を冷風でセットすれば出来上がり!

時間にして約3分。とっても簡単ですよね。


<ポイント>

・ブローする際は、まず適量の水分で前髪の根元を濡らしておきましょう。

・指で乾かすとムラができてしまう場合がありますので、クシを使う事をおすすめします。

・ブローするときにはまず、根元からしっかりと温風を当ててください。

この時熱さを感じ過ぎない程度で大丈夫です。


・つむじが分かり辛い…という時は、右方向からはじめてみましょう。

多くの方が、つむじに対して右に割れ目が出来てしまう傾向があります。

逆方向で割れ目ができるくせが付いている方は、左側から乾かしてみてください。


・乾かす時は根元にしっかりドライヤーの風が当たるように、人差し指と中指で、左右それぞれの前髪の毛束をつまんでおくと、乾かしやすいですよ。


プロが教える前髪のセット方法もチェック



前髪が割れにくいようなセットの方法も一緒に確認しましょう。

下の動画を見てみてください!



<セット法>

1. コームで前髪を分ける

2. 前髪を上下で半分に分ける

3. 額の角度に沿うように下の前髪をアイロンで巻く

4.上の髪も合わせて巻く

5. コームで前髪をとかす

6. 髪の下のラインをコームでなぞると◎

7. スプレーをして完成!


その他の解決方法



ピンチの際のスタイリング方法をご紹介いたしましたが、それ以外にも方法があります。


①カーラーで眠る前にセットする


前日から準備しておくなら、カーラーでしっかりと前髪を固定して眠るのもお勧めです。

マジックカーラーですと、前髪の分け目ができにくくなりますし、空気を含みますので朝起きてヘアアイロンで巻かなくても、綺麗に形が出来上がってくれます。

カーラ―を付ける際は、完全に乾かす一歩手前でドライヤーを止めておきましょう。


②雨の日に髪がうねってしまう時は、ベビーパウダー


雨の日はせっかくスタイリングがうまくいっても、時間がたつうちにまとまりが悪くなってしまいますよね。

そんな時はベビーパウダーをつける事で、湿気から守り、前髪が崩れるのを防いでくれますよ。

方法は簡単。

おでこにもまぶしておくと、油分でべたつく事を防いでくれます。



前髪がキマッていると、一日を楽しく過ごす事が出来ますよね。

もし割れてしまっても簡単にお直しできますので、ぜひおすすめです。

関連記事

Writer : リラリラックス さん
ヘルシーに楽しくキレイを楽しむOLです。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking