季節の変わり目はヘアケアも見直しを!夏から秋に変えていくべきポイントって…?

秋になると「フケが多くなる、抜け毛が多くなる、髪にコシがなくなる」などの髪の悩みが増える傾向にあります。一般的に季節の変わり目は体全体に疲れやトラブルが出やすいもの。髪だって同じです。今回は夏から秋にかけて行いたいヘアケアをご紹介します。

夏から秋に変わっても続けるヘアケア/紫外線対策



夏の髪ダメージの一番の原因は紫外線と言われています。

高いUVが髪に当たり続けると、髪が乾燥し、表面のキューティクルがはがれやすくなることも。


キューティクルがはがれると、内に水分を留めておくことが難しくなり、傷んだパサパサの髪になりやすくなり、また枝毛や切れ毛の原因にも繋がります。

紫外線をカットさせるため、外出時はUVカット機能のついたヘアスプレーを噴射しましょう。


また髪の分け目をコロコロ変えるのもおすすめ。

いつも同じ頭皮に紫外線が当たっていると、肌が焼けて乾燥し、毛根がダメージを受けてしまう可能性があります。


ダメージを受けた髪を修復するためには、栄養補給するのも大切です。

ホホバオイルや椿オイルで髪パックをしたり、ダメージ補修効果のあるトリートメントを使うのもおすすめです。


秋になって涼しく感じるとしても、日中の紫外線量はまだまだ強いまま。

気を抜かず、引き続き紫外線対策を心がけましょう。


秋に行うヘアケア/血行促進で頭皮を元気に



秋は夏の疲れや冷えによる血行不良で毛根がお疲れ気味に。

体を冷やそうと冷たいものばかり食べたり、エアコンの効いた部屋にいることが多いと、体全体の血行が滞り、頭皮が凝った状態になりやすくなってしまいます


そこでおすすめなのが、頭皮を温め柔らかくする方法です。


蒸しタオルで頭皮をふっくら


トリートメントを毛先にたっぷり付けた後、大きめのフェイスタオルを濡らし、電子レンジでチン。

ほかほかのホットタオルを作ります。

頭全体に巻いて湯舟に浸かって一休みしましょう。


蒸されることで血行が良くなると言われており、頭皮が柔らかくなりやすくなります。

トリートメントの浸透率もアップするとも言われているので、おすすめです。


頭皮をマッサージ


シャンプーを泡立てネットなどでよく泡立てたら、指の腹を滑らせるようにして頭皮をマッサージ。

頭のツボなどを気持ち良い程度に押すのもおすすめです。


秋に行うヘアケア/乾燥対策



夏は紫外線対策が一番大切なヘアケアでしたが、秋は乾燥対策がとても大事。

空気が乾燥しているため頭皮が硬くなると言われており、そうなるとコシとハリのある髪から遠のいてしまいます。


さきほどご紹介した頭皮を元気にする方法と合わせて、髪の保湿も行っていきましょう。

ヘアクリームやヘアオイル、洗い流さないトリートメントを積極的に使い、ツヤやコシのある髪を目指します。


秋になっても当分は残暑が続き、お風呂上りも暑く感じますね。

暑いし面倒だからといってドライヤーを使わないのはNG。


髪が濡れているときは、キューティクルが広がり髪内の水分が失われやすいので、ドライヤーでしっかりブローしましょう。


地肌から10cmほど離し、ドライヤーを小刻みに揺らしながら熱風を当てていきます。

最後に冷風を当てると、キューティクルが閉じて髪にツヤ感が出やすくなりますよ。


秋に行うヘアケア/予洗いは十分に



シャンプー前のすすぎを軽く濡らす程度で終わっている人が多いかと思います。

しかしこの予洗いは髪を元気にするうえでとても大切!


なんと予洗いだけで汚れの8割は落ちるとまで言われています。

さらにしっかり毛穴も開き、シャンプーの下準備ができるわけです。


さらに夏は皮脂分泌が通常の約2倍と言われ、過分に分泌された皮脂が毛根を詰まらせてしまうこともあります。

念入りに頭皮を予洗いすることで、汚れが落ちやすい状態になります。


おすすめは38度のぬるま湯でシャンプー前と後2回ずつすすぐこと。

これだけでも汚れを多く落とすことができますよ。



お金や時間をかけず、ちょっとした手間で出来る事を厳選してご紹介しました。

少しの意識と工夫で健康な髪に導くことが出来るんですね。


髪は女性の美しさを象徴するパーツです。

季節に合わせたケアで、ツヤのある美しい髪を目指していきましょう!

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking