自分でカンタンにできる♪身体のゆがみを直す方法

最近肩こりや腰痛、冷え性、生理痛、下半身太りなどに悩まされたりしていませんか?また、鏡の前で立ったとき、左右で方の高さが微妙に違ったりしていませんか?どれも当てはまっていたら、それは身体のゆがみが原因かもしれません。そこで、自分でカンタンにできるからだのゆがみの治し方について、まとめてみました♪参考にしてみて下さい!

からだのゆがみを直す姿勢



出典: KPG Payless2/Shutterstock.com


・キレイに座る

膝の位置を腰より低めにして、椅子に深く腰掛けます。

背筋はピンと伸ばして。


・キレイに立つ

両足に重心が均等になるように、背筋や首を伸ばして立ちます。

肩の力は抜いて。


からだのゆがみを直すエクササイズ



出典:wizdata1/Shutterstock.com


・くるくる腰を回すだけ!


足を肩幅くらいに開き、フラフープを回す要領で左右それぞれ30回ずつ回します。

毎日続けると骨盤が正しい位置に矯正されるので、腰痛の改善にもなりますよ♪



・おしりでよちよち歩くだけ!


足を伸ばして座ります。

左右のおしりを前後に動かし、10歩進んだら10歩戻ります。

これを3セット続ければOK!

腰から太ももにかけての筋肉を使うので、代謝アップしてダイエットにも♪



・仰向けに寝てお尻を持ち上げるだけ!


仰向けに寝て膝を伸ばた状態で、お尻を持ち上げて3秒静止します。

おしりを下げたら10秒リラックス。

これを3回繰り返すだけ。

下腹部の腹筋を使うので、ウエストやせ効果もあります♪


からだのゆがみを治す「寝る姿勢」



出典: naka-stockphoto/Shutterstock.com


十分な睡眠がないと、ホルモンバランスが乱れて身体がゆがみやすくなります。

けれど、寝る姿勢によっては、やっぱり骨盤がゆがんでしまうので要注意です。



・横向き寝に注意


いつも左右同じ方向に寝ていると、全体重が片側にかかって圧迫され、骨格のゆがみにつながります。

横向きで寝るのが好きな人は、どちらかに偏らず左右交互になるように気を付けて。



・仰向け寝が理想


仰向けに寝るなら枕に顔を圧迫されて、しわやたるみの原因になるのを防げます。

あごを引いた状態で眠れる高さの枕を使って寝れば、血液やリンパ液の循環も良くなり、むくみや肩こりも予防できますよ♪



ちょっとした工夫や、カンタンなエクササイズで、身体のゆがみは改善できます。

毎日の生活の中で、背筋や腹筋を意識して、いい姿勢を維持することが身体のゆがみを正すポイント。

もしゆがみが気になっているなら、ぜひ試してみて下さい!

Writer : kodarine さん
ファッション、旅行、料理の大好きなママです。よろしくお願いします♪

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking