ヨーロッパの日常茶、カモミールの効能♪

筆者の暮らすここドイツでは、ハーブティーは日常的に飲まれています。その中でもカモミールティーは、大体どの家庭にもありますし、カフェにも必ずと言っていい程置いてあります。今回はそんなハーブティーの中でも、カモミールティーの効能について調べてみました。

ヨーロッパの日常茶♪カモミールの効能とは? 



 

筆者の暮らすここドイツでは、ハーブティーは日常的に飲まれています。

その中でもカモミールティーは、大体どの家庭にもありますし、カフェにも必ずと言っていい程置いてあります。

スーパーマーケットにもおそらく売っていないところはないのではないか?というくらい、日常に浸透しています。

 

今回はそんなハーブティーの中でも、カモミールティーの効能について調べてみました。


リラックス効果




ストレスや不安、眠れない時に有効です。

カモミールのリラックス、鎮静効果ストレスを和らげリラックスさせてくれます。


生理痛や風邪の初期症状に





カモミールには体を暖める効果があります。

そのため、女性の生理痛や風邪の初期症状も緩和すると言われています。

筆者も風邪を引いたと言うと、必ずカモミールを勧められます。


アレルギー症状の緩和、老化防止に




カモミールに含まれるアズレンという成分には、消化器系の炎症を抑える効果が強いと言われています。

そのため、胃が痛む時にもカモミールティーを飲むと効果があると言われています。


また、アピゲニンという成分には抗酸化作用があるため、アンチエイジング、アレルギー症状の緩和、生活習慣病の予防にも効果があります。


女性に優しいヨーロッパの民間療法




カモミールは、ここヨーロッパでは数千年も前から薬草として用いられていたそうです。

上に述べたように、胃が痛いときや、風邪の初期症状の緩和、また、子供風邪等にも用いられている、最も有名で身近な民間療法として長い歴史を持っていると言っても過言ではありません。

さらに、体を暖める効果とリラックス効果が共にあるので、生理痛の緩和だけでなく、PMS(月経前症候群)の緩和にも効果的と言えます。



いかがでしたでしょうか?

補足ですが、カモミールはキク科の植物であるため、キク科にアレルギーを持つ人は服用を注意する必要があります。もちろんカフェインは含まれておらず、そのリラックス効果から、不眠がちの方には就寝前の服用はおすすめですし、女性にもおすすめです。

そのままだと少し味にクセがあり飲みづらいという方は、他の種類のハーブティーとブレンドして飲んでも良いかもしれません。

筆者は就寝前は必ずカモミールティーにしていますが、体がポカポカしてきてすぐに眠たくなります。



日本でも簡単に手に入るようになったことのカモミールティー、是非日常的に飲むお茶として生活に取り入れてみてはいかがでしょうか♪

Writer : behealthy さん
健康や美容に関するニュースをヨーロッパからお届けします☆

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking