夏も保湿が大事! 実は乾燥しがちな肌を守る保湿のポイントって?

梅雨が終わると、これからあつ~い夏がやってきます。暑い夏は高温多湿の中、肌がベトつきがち!と思いきや、なんだか肌の乾燥を感じたりしたことはありませんか?夏は強い紫外線、室内では冷房によって肌が乾燥しがち。夏こそ保湿を心がけたいものなのです!今回はそんな保湿のポイントをご紹介します♪

夏の乾燥肌…原因は紫外線と冷房!?



夏の乾燥肌の原因は紫外線と冷房です。


夏は外に出れば強い紫外線。室内に入れば強い冷房。時に直接風が当たり、さらに肌に乾燥を感じたり…。


実に厄介な季節なのです。


紫外線の危険



強い紫外線に当たったり、長い間、直射日光に当たった後に肌がかたく感じた経験はありませんか?これ実際に肌が厚くなり、かたくなっているんです。


紫外線を繰り返し浴びていると、自然と肌を守ろうとする機能が働き内部への侵入を防ごうとします。そうすることで、肌表面は余分な角質が滞り「角質肥厚」という状態に。


角質肥厚の状態は、肌内部まで必要な栄養が届かなくなりバリア機能が低下。


さらには紫外線の熱により肌が熱されることもあり、肌内部の水分が蒸発しやすくなります。
こうして紫外線により乾燥肌を引き起こしてしまいます。


紫外線に負けない肌を作るには、まずは日焼け止め!


紫外線対策にはまず、日焼け止めが必須です。


そして日焼け止めは汗や摩擦で落ちやすいため、SPFやPAが高いものを意識するよりは、塗り直すことを心掛けましょう。


ミストやスプレータイプだと塗り直しがしやすいですね。
持ち歩きがしやすいタイプのものもありますから、常にカバンに入れておくと便利です。


紫外線で乾燥した肌には優しいケアを


紫外線を浴びた肌は、乾燥しバリア機能が低下し弱っています。
肌が弱っていると感じた時には、敏感肌用のスキンケア用品を使用するのも良いでしょう。


また、スキンケアでは洗顔はこすり過ぎず優しく、化粧水や乳液など保湿力のあるものを選ぶようにしましょう。


ベトつくのが気になる方は、テクスチャーのさっぱりとしたものを使うのもオススメです。さっぱりしたものを使う時には、肌に潤いを感じるまで重ね付けをするようにしましょう。


肌が比較的安定しているようならば、美白化粧品もオススメです。


紫外線を浴びた後の肌の内部は、メラニンが蓄積しがちだったりとダメージを受けています。美白化粧品はそんなお肌のお助け役です。


冷房による乾燥



ご存知の方も多いと思いますが、冷房でも肌は乾燥します。


冷房の風に当たったままの肌は、冷たくなり肌の水分を奪っていくからです。それは表面上の水分だけではなく、肌内部の水分も奪っていきます。


暑い時期は汗で体内の水分が奪われがちですが、それに加えて冷房の風でも体内の水分は減少していくんです。


冷房で乾燥した肌は、体内からも水分吸収が必要!


まず、乾燥対策は紫外線による乾燥と同様に保湿ケアが大切と言えます。


それに加え気になるのが体内の水分不足。
体内の水分が不足すると、肌の乾燥を引き起こすだけではなく、体調不良をも引き起こします。


まずは、水分補給を心掛ける事。中からも潤してあげましょう。


水分の摂り過ぎで体がむくんだ時には


逆に摂り過ぎた水分で体内が冷えたり、身体がむくみがちに…。


そんな時に最適なのがオイルでのマッサージ。オイルで肌を潤すこともでき、マッサージで冷えも改善!一石二鳥だと思いませんか?


オイルが苦手な場合は滑りのよいクリームでマッサージするのも良いでしょう。



今回は夏の保湿対策についてご紹介しました。夏のお肌はベトつくわりに、内部は悲鳴を上げています!そんなお肌の声を聞いてあげて、夏でも健康的な肌を目指しましょう♪


この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : homari さん
コスメコンシェルジュと美容薬学検定1級を持っている、美容マニアです。 皆さんに、楽しい情報を届けられるよう頑張ります!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking