太るからって敬遠してない?実は体にいい!チョコレートの効果6選♡

数年前、『実は、チョコレートは体にいい食べ物!』と話題になったことをご存知でしたでしょうか?そこで今回は、実は体にいいチョコレートの効果6選をご紹介していきます。チョコレートが体にいいって聞いたことはあるけど、具体的にどんな効果があるのかわからない・・・という方も多いと思います。特に、女性が嬉しくなれるようなチョコレートの具体的な効果を順にまとめてみました♪

1.美容効果がある☆



出典:jp.pinterest.com


お肌にダメージを与える活性酸素。

チョコレートに含まれている「カカオポリフェノール」には抗酸化作用があるので、害のある活性酸素から体を守ってくれる効果があります。

カカオポリフェノールを含むチョコレートを約3ヶ月摂取したところ、皮膚の角層にある水分量の低下を防げたという研究結果もあります。

チョコレートのおかげで、体の内側からお肌の乾燥を防いでくれるなんてありがたいですよね。

ちなみに、1日のポリフェノール摂取量の目安が、1000mg~1500mgと言われています。

他の食品からのポリフェノールの摂取量で変わってきますが、カカオ70%以上の高カカオポリフェノールチョコレートなら、1日1粒~2粒ぐらいが目安になりそうです☆


2.便秘改善効果がある♡



出典:jp.pinterest.com


カカオポリフェノールは聞いたことがある成分だと思いますが、整腸作用があり、便秘の改善を促すことに大きく関わっている成分は、「カカオプロテイン」というカカオに含まれている成分なんです。

カカオプロテインは、消化されにくいタイプのタンパク質で、大腸までしっかり届きます。

そして、腸内細菌のエサになって腸内フローラを整えるのに役立ちます。

そして、便のかさ増し効果もあるので、特に、食が細くて食事の摂取量が少ないために便秘になってしまっている女性の便秘改善が期待できます♡


3.ダイエット効果がある♪




出典:jp.pinterest.com

 

チョコレートに含まれている「カカオポリフェノール」には、内臓脂肪燃焼効果があります。

運動したあとに、チョコレートを一口食べれば、疲労回復と一緒に内臓脂肪も燃焼できますね♪


4.ストレスに効き目がある☆



出典:jp.pinterest.com


ストレスに効く成分は、「カカオポリフェノール」です。

ストレスが溜まると血中のストレスホルモンが高くなります。

高くなったストレスホルモンを抑える働きをしてくれるのが、カカオポリフェノールと言われています。

ストレスは、美容にも悪影響を及ぼしますし、体調にも悪影響を及ぼして病気の一因になります。

ストレスは、いろんな方法で早めに解消した方がいいですよね。


5.脳が活性化される♡



出典:jp.pinterest.com


老若男女問わず、脳の活性化は興味のあることではないでしょうか?

脳の活性化に良い影響を与えるのは、「カカオポリフェノール」です。


記憶や学習などの認知機能を司る脳の海馬に多く存在しているBDNF(脳由来神経栄養因子)と呼ばれる因子があります。

カカオポリフェノールには、BDNFを増加させる可能性があり、認知機能を高める可能性があります。


海馬の機能が活性化されると、前向きになれてストレスにも強くなると言われています。

カカオポリフェノールの濃度が高いチョコレートは、脳の血流を増やすので、脳にいいことは間違いないですね♡


6.傷が早く治る★



出典:jp.pinterest.com

 

チョコレートに含まれている「カカオポリフェノール」が持つ抗酸化作用で、傷の治りを早くしてくれます。

特に、女性は傷ができてしまったら、なるべく早く治したいですよね。

病院で手当てしてもらったり、自分で手当てをしながら、チョコレートを食べてみることも試してみてください★



いかがでしたでしょうか?

1日約25gのカカオ70%以上のチョコレートを食べて、チョコレートの嬉しい効果を実感しましょう。

また、この条件なら、カカオポリフェノールが多く摂取できて体重やBMIには響かないそうです。

ちなみに、昔からよく言われている「チョコレートを食べると、鼻血が出やすくなる」とか「チョコレートを食べると、ニキビができやすくなる」というのは、アメリカの研究では立証されておらず、関係性はないとのことです。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

Writer : tamana さん
好奇心旺盛なフリーライターです♪♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking