セルフカラー初心者必見♡市販のヘアカラー剤どれが良いの?

わざわざ美容院に行かなくても自宅で気軽に髪の毛を染められるセルフカラー。 時間とお金を節約できる市販のカラー剤はとっても魅力的!でも、クリームタイプや泡タイプなど、市販で売られているヘアカラー剤は種類が多くて、どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。セルフカラー初心者さんでも、お家で上手に染められる市販のカラー剤について紹介していきます!

気軽に手に入れられる!クリームタイプのセルフカラー剤


セルフカラー剤の中で、1番種類が多いのがクリームタイプのカラー剤。


髪にぴたっと密着するので染まりにくい髪質の方でも、染まりやすく、しっかり染めたい部分や染めない部分との塗り分けがしやすいのが特徴です。


髪の毛をクシでとかすように、染めていくので髪の毛が長い方や毛量の多い方でも染めやすいのもポイント。


ですが、髪の毛に密着する分きちんと塗れてないと染まらず、ムラになりやすく、塗るのに時間がかかってしまう分傷みやすいのが難点。


しっかりブロッキングして染まりにくい襟足から効率よく塗っていくのがいいでしょう。


伸びた部分だけ染める場合や髪の毛を分け取りながら染めることができる器用な方におすすめです。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nakoさん(@nako.3jsb)がシェアした投稿 -


<商品>
マンダム ルシードエル ミルクジャムヘアカラー  /オープン価格


こちらのセルフカラー剤は、とろけるようなクリームが髪の毛に馴染んでしっかり染まります。


ブラウンをメインとしたカラーラインナップなので、どんな方にも似合うように処方されていますよ。


セルフカラー特有の嫌な匂いもなく、髪の毛に優しい成分も配合されているのもおすすめポイントです♡


不器用さんでも大丈夫!泡タイプのセルフカラー剤


最近、続々の種類が増えてきた泡タイプのセルフカラー剤。
もこもこの泡で染める、美容室にはないセルフカラーならではのカラー剤です。


染めるテクニックや準備がほとんどいらず、いつものシャンプーのように染めていく、不器用な方にも染めやすいのがポイント。


泡なのでムラになりにくい一方、揉み込みながら染める分傷みやすく、狙ったところに染められないのがデメリットです。


なるべくたっぷり泡を作り、髪の毛同士が擦れてダメージしないように優しく染めていきましょう!


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

うさきょこさん(@usa_kyoko)がシェアした投稿 -


<商品>
花王 リーゼ 泡カラー  /オープン価格


濃密な泡が、髪の毛を優しく包んで染めてくれます。


透明感や抜け感が出る、グレーやアッシュの色味をブレンドしてあるので、トレンドの髪色にすぐになれちゃいますよ♡


染めた後に使えるヘアパック付きなのも嬉しいポイントですね。


髪に優しく染められる!トリートメント効果もあるセルフカラー剤


ヘアカラー剤の中には、トリートメント効果のあるものがあり、ダメージを気にすることなく希望の色味をゲットできます。


染めたカラーが、落ちてきて明るくなってしまった場合や好きな色味をキープするのにおすすめです♡
明るくする効果はないので、黒髪や根元の伸びてきた部分には使えないのがデメリット。



<商品>
クイスクイス デビルズトリック  /240円(税抜)


1回使い切りで、トリートメントのように色味を補充できるセルフカラー剤です。


ビビットなカラーから、ブラックやブラウンの落ち着いたカラーラインナップ。
ダメージを心配する必要もなく、5分で染まる手軽さが人気の秘密です♡



自分で髪の毛を染めるのは、ドキドキしますよね♡
元の髪色や髪質、部屋の温度によっても染まり具合は変わってきますので、少しずつセルフカラー剤になれていってくださいね。


髪の毛のキレイをキープする、トリートメントも忘れずに♪


なお画像の引用についてはnako.3jsb様、usa_kyoko様に許可を頂いております。

関連記事

Writer : moka さん
美容ネタと育児ネタを収集するのが趣味のママ美容師。 忙しくてもオシャレとキレイを諦めないでいられる情報をお伝えしたいと思っています。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking