男性の心を一瞬で掴む!さりげないけど可愛い仕草

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。相手の心を掴むコミュニケーションに欠かせないものは、「言葉」「表情」「仕草」。 この3つの要素をうまくフュージョンさせることで、どんな相手もファンにすることができると僕は思います。今回は、その中でも男性の心を掴む「仕草」について紹介します。

可愛い仕草


■ 1、あざとい仕草は男性に見抜かれる?


では、気になる男性の気を引くために、わざと「可愛い仕草」をすればいいのかというとそういうわけでもありません。

女性の中には、意中の男性を落とすために狙って「可愛い仕草」をする人もいます。

男性は、その「あざとさ」を見抜けないでしょ? と思う人もいるかもしれませんが、これは正直、経験値によるとしか言えません(苦笑)。


恋愛の経験値がソコソコ高ければ「あざとさ」はすぐにわかります。僕は、男性の視線を気にしすぎていたり、モテたいという感情が全面に出すぎていたりすると、あざといです。逆に可愛いと感じる仕草はとても自然。


恋愛経験値が低い男性には、両方同じに見えてしまうかもしれませんが、あざとい仕草は、一時的に男性の気を引くことはできても、恋の最終ステップまで持っていくことはできません。


また、恋愛経験値の高い男性からすると、「あざとい仕草」をしかけてくる女性には、表向きはニコニコ対応しますが、裏では「ちょっと警戒しないと怖いな」と、一歩、二歩、ひいて見てしまいます。そして、それを男友だち同士で共有したりすることもよくある話です。


■ 2、男をキュンさせる定番の仕草


髪の毛をかきあげる(結んでいた髪の毛をほどく)仕草は、テッパンですね。テッパンだとわかっていても男性が好きな仕草です。女性の髪をかきあげる仕草には、日頃の姿には見せない色気、そしてエロスを感じてしまいます(笑)。


またボディタッチをされてうれしくない男性なんていません。でも、あまりベタベタ触られると、わざとらしいなと感じます。


席を立つときに肩に触れたり、男性がおもしろいことを言ったときにタッチしたりなど、「何か理由がそこにあるから」される自然なボディタッチが男性の心を掴みます。

「酔っちゃった」のボディタッチはあざといと思われることがあるので注意してくださいね。


定番の最後に、袖を引く。これもボディタッチとまではいかないまでも、男性をキュンとさせる仕草 。

男性があなたの前をスタスタ歩いているときや、何かお願いごとをするときなどのシチュエーションで、やってみるといいかもしれませんよ。


■ 3、待ち合わせと別れ際でキュンとさせる


男性との待ち合わせで、目が合った瞬間に手を振る女性の仕草はとても可愛いもの。なぜか自分とのデートをとても楽しみしていた!と勝手に思い込んでしまいます(笑)。

振り方も、「遭難者発見!」のように大きく手を振るのではなくて、小さく顔の横くらいで振っているのがいいですね(笑)。


また、男性とデートをした別れ際に、「バイバイ」と彼が見えなくなるまでその場に立っている姿は、男性からするとすごく好感度高いです。

もし、つき合ったり、結婚したとしても、ちゃんと男を立ててくれるんだろうなと、勝手に妄想を掻き立てられます。


男性は別れたあと、振り返らないかもしれませんが、もし振り返ったときに、あなたが笑顔で立っていたら、彼のハートは間違いなく打ち抜かれるでしょう。


■ さいごに


「可愛い仕草」は、あくまで自然であることがポイント。恋愛経験値の高い男性ほど、わざとらしさやあざとさを見抜く力は長けています。

今回紹介した仕草を自然にできるような女性が男性にモテる女性です。

日ごろから、男性に見られていることを意識しておくだけでも、自然と自分なりの魅力的な仕草が身についていくと思いますよ。


(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・彼の「甘えん坊」を引き出す心理テクニック

・男性が気になる女性にだけする特別扱い3つ

・どうしたら仲良くなれる?彼の恋愛対象に入る方法

・わかってるけど釣られちゃう!あざとかわいい彼女の言動

・好きって言えない男性のサインをうまくキャッチしよう

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking