私はこうした!子育てでイライラした時の対処法

「今日もまた怒ってしまった」「私ってダメママかも」。そう思ったことのあるママもいるのでは? ママだって人間です。いつも優しく朗らかでいたいけど、どうしてもイライラしてしまう日だってあります。でも「いつまでもイライラを引きずりたくない!」「優しいママに戻りたい!」と思うはず。 それなら、こんな対処法はいかがでしょう?3人育児中の筆者が実践する“子育てにイライラした時の対処法”を今回ご紹介致します!

“赤ちゃんだった時”を思い出してみて♡



我が家には8歳・6歳・1歳の3人の子供たちがいます。子供たちが大きくなってくると、「宿題は?」「学校の準備は?」「なんで片付けられないの?」とか、いろいろ小言が増えてきてしまうんですよね。

それができていないときに怒ってしまったり。そして、その後反省したり。


そんなループが続いていたのですが、たまたま“昔のビデオ”を見て、子供たちが赤ちゃんだったときを思い出したら、「こんなに小さかったのに、こんなことまでできるようになったんだ」という意識へチェンジすることができました。


筆者にとってビデオ効果はとても絶大で、その後イライラすることもほとんどなくなりました。ビデオがなければ、昔の写真や動画を見返してみるのもおすすめです。


子供たちの“素直”を見習って♡子供に手紙を書いてみる



『お子さんからお手紙をもらう』というママも多いですよね。感情表現が豊かで素直な子供たちは、“好き”をそのまま言葉にしてくれます。


そんな子供たちを見習って、子供の良いところを素直に書きだし、ママからの“好き”を子供に伝えてあげてください。言葉よりも実際に文章に書く方がGOOD♪


改めて、子供たちの良さを認識でき、自分のイライラを抑えることもできますよ。字が読めないお子さん宛てには絵にしてみるのもOKです♡


謝って、とにかく抱きしめる



「私が怒ったせいで子供が泣いちゃった!!」
「私が泣かせたのに、ママから謝って優しく抱きしめるなんてできない!」


いいえ。ママが怒ったことで子供が泣いたとしても、ママから謝って抱きしめることだってできるんです。


「ママも言い過ぎたね、ごめんね」。それでOK!
自分が謝る前に、泣きながら「ごめんなさい」と謝ってくれる子供たちも多いはず。そんな子供を突き放さず、「今度から気をつけようね」と、抱きしめてあげれば子供は安心するし、ママのイライラもおさまりますよ♪


ハグってすごい大切です。小学3年生になる長女は、ハグを恥ずかしがる年齢になってきました。でも、怒った後のハグは健在。

怒ってなくても、ふと長女を抱っこすることだってあります。すると、次女が嫉妬して、次女を抱っこ。その後、長男が嫉妬して、長男を抱っこ。最後は3人一度にハグします。


筆者から見て、我が子たちは1日1回のハグでも、とっても安心してくれます。また、筆者自身もイライラも半減するようになりました。



「また今日も怒ってしまった…」という日でも、今回紹介した対処法を参考にやってみると、イライラを半減させられるかもしれません。「イライラをどうにかしたい!」というママは、ぜひ試してみてくださいね♪

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking