【美容師直伝!】使い分け出来てる?アレンジするのに最適なヘアアイロンの温度を教えます!

ヘアセットの際にヘアアイロンを使っている方、多いですよね。ショート〜ロングの方まで、スタイリングに欠かせない存在のヘアアイロン。 手早く終わらせるためやカールを長持ちさせるために、高い温度設定にしてしまっている方も多いのではないでしょうか? 今回は美容師の筆者が、作りたいヘアスタイルに適したヘアアイロンの温度をご紹介していきます!

ヘアアイロンの温度設定って重要なんです!



「スタイリングを早く終わらせたい」、「カールを長くキープしていたい」と、1番高い温度で使っている方も多いはず。


ですが、その温度だと髪の毛にとって逆効果になっているかもしれません。

高い温度は、髪の毛を傷める原因になります。


熱によってダメージした髪の毛は、水分と栄養分が減ってしまい、カールがつきにくくなります。また、モチも悪くなってしまいます。


ダメージしてしまった髪の毛は、せっかくヘアアイロンでスタイリングしても、パサついてキレイに見えなくなってしまうなんて本末転倒。


そうならないためにも、作りたいヘアスタイルに合わせてヘアアイロンの温度設定はとても大切!

ヘアアイロンの温度管理をして、もっと可愛いヘアスタイルを手に入れましょう♡


大切な前髪に、最適なヘアアイロンの温度とは?



その日のテンションを左右するといっても過言ではないほど、重要な前髪。前髪の巻き方を失敗しちゃうとその日の気分は最悪ですよね。


高すぎる温度だとカールがつきすぎて失敗の原因になってしまいます。


毛先を軽く巻くだけなら、ヘアアイロンは120度程度の低めの温度にしてくださいね!
2回に分けてサッとアイロンすれば、低めの温度でもカールをつけることができますよ。


毛先の丸みが命!ヘアアイロンの温度で理想のボブスタイルに



ストンとまっすぐ落ちるボブも可愛いけれど、内巻きや最近は外ハネスタイル方も増えてきているボブ。

ワンレングスで毛先に厚みがあるので、低い温度だとカールがつきにくくなります。


ボブスタイルで、最適なヘアアイロンの温度は180度程度

温度は少し高めですが、ボブや毛先を巻くだけならこのくらいがベスト♡


ロングや軽さのあるヘアスタイルに♪おすすめのヘアアイロンの温度



毛先だけでなく、中間部分から巻き始めるロングや毛先が軽い場合は、ヘアアイロンの温度は160度程度に。少なめに毛束を取りながら、巻くようにするとダメージも少なくなりますよ♪


中間部分と毛先では、髪の毛の厚さが変わるので、ヘアアイロンをあてる時間を意識してみましょう。


中間部分は厚みがあるので、3秒を目安に。

毛先は軽くなっていて熱が伝わりやすく傷みやすいので、1〜2秒を目安にすると均等なカールを作れますよ。


ストレートアイロンの場合、最適なヘアアイロンの温度は?



クセをストレートにするだけでなく、ウェーブに巻くこともできるストレートヘアアイロン。髪の毛を挟むために、両側にプレートが付いているのでヘアアイロンの温度は低めの150度程度がおすすめ。


同じ場所に何度もヘアアイロンをあててしまうと髪の毛が傷んでしまうので、クセが強くて伸びない部分は少し温度を高くしてみてください。



なりたいヘアスタイルに合わせてヘアアイロンの温度を変えれば、ダメージを軽減できるのでキレイな髪の毛をキープできます♡


慣れてくると短時間で終わるようになるので、練習してみてくださいね!

関連記事

Writer : moka さん
美容ネタと育児ネタを収集するのが趣味のママ美容師。 忙しくてもオシャレとキレイを諦めないでいられる情報をお伝えしたいと思っています。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking