男は育ててナンボ!ダメ男の教育が超絶上手い女子の特徴

私を困らせるようなダメ男とは付き合いたくない! 女子の誰もがそう思うはずです。 でも、今幸せに見えるカップルの男性も、ひょっとすると「教育された元ダメ男」かもしれません。 今回は、幸せを掴む「ダメ男の教育が超絶上手い女子」の特徴を紹介いたします。

男の育て方

他人を褒めることに抵抗感がない


ダメ男教育が上手い女子には、多少のお世辞も含め、他人を褒めることに抵抗感がない、という共通点があります。

このような人は、他人を褒めればコミュニケーションが円滑になる、ということを経験から知っています。


そんな習慣を、そのまま彼氏や旦那さんとの関係にも持ち込んでいるのです

男性はプライドの高い生き物であり、自分のことをリスペクトしてくれない女性から指摘されても心が動きません。


改善して欲しいことがあったら、彼の頑張っているところなどにも注目し、多少持ち上げながらより良くなる方法を伝えてみましょう。


マンネリでも夜の営みを大切にする


どんなに長く一緒にいても、夜の営みを積極的に大切にする女子は、ダメ男の彼を上手に教育できていることが多いです。

体の相性がいいと、相手を受け入れる気持ちが高まるものです。


また彼は、自分が愛する彼女・妻を満足させている、という「男の自信」を持ち続けることができます。

あなたから何か改善を提案されても、負の感情を抱きにくく、「言ってくれてありがとう」という気持ちになりやすくなります。


腹の立つことが多いパートナーだと、いちゃつく気分になりにくいかもしれません。

でも、心の繋がりを保つためには、一緒にお風呂に入るなどして、近い距離感を忘れないようにしましょう。


納得させる話術に長けている


ダメ男教育に成功する女子は、相手を納得させる話術に長けています。

論理的に筋が通っているだけでなく、相手の立場に立って話を進めるので、彼の方は腑に落ちるフィーリングを持ちながら、自然と彼女の要求を聞く気になるのです。


女性から何か改善点を提案された時、男性は、女性に感情論で暴走されても、また完璧な理屈で論破されても嫌がるものです。


男性は、追い詰められる状況からはとにかく逃げ出したい生き物。

手に負えない暴走女になったり、彼のプライドを保てない状況を招くと、建設的な話し合いはできなくなるので注意しましょう。


自分自身が努力家


自分自身が努力家の場合、ダメ男教育は面白いほど上手くいきます。

ここでいう努力とは、キャリア、知性、教養、文化的活動など、人生の豊かさに結びつく努力のことです。


努力家の彼女を持つ彼氏は刺激を与えられ、向上心やヤル気がアップし、自然と育ってくれるのです。

彼女を見習い、相応しい男であろうと自ら積極的に努力します。


また、自分が努力家だと、人がつまずいていればピンポイントな解決策を提案することができます。

自分も通ってきた道だからです。

彼に何気なくしてあげたアドバイスがかなり彼の心を動かしている、なんてことがあります。


たとえ今の彼が欠点だらけでも一時放置し、まずはあなた自身が人生を楽しむための努力をしてみましょう。

彼もつられて、努力家になってくれるはず。


自分が育てられる男=自分のレベルに合う男


いかがでしょうか。

よく、付き合う男が自分のレベル、と言いますが、正しくは「自分が育てることのできる男が自分のレベルに合った男」なのです。


一口にダメ男といっても、様々な種類のダメ男が存在し、手に負えないレベルもあります。

その中でも、あなたの力によって多少のカスタマイズができそうな男性は、「元ダメ男、でも今は最高の男」になってくれる可能性が。


そんな男性たちを却下せずに良いところを見てあげると、思わぬ恋のチャンスが訪れるかもしれません。


(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・復縁禁止!絶対にヨリを戻してはいけない男性とは?

・彼と仲直りしたいとき…愛され彼女が実践した3つの謝り方

・それ、逆効果かも!男が逃げたくなる結婚のプレッシャー

・それは個性!コンプレックスを「恋の味方」につける方法

・寂しい夜に…LINEで彼をムラムラさせる方法

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking